ひな祭りでよく食べる物には意味があるのは知っていますか?

  • ひなあられ
  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • 菱餅(ひしもち)
  • 白酒
  • 甘酒
  • 桜餅
  • わけぎ
  • さより

今回の記事では、このひな祭りの食べ物に込められている意味と由来について紹介していきます。

スポンサードリンク

ひな祭りで食べる物の代表

ひな祭りでよく食べられる物で代表は5つです。

①菱餅

②ひなあられ

③はまぐりのお吸い物

④ちらし寿司

⑤白酒(甘酒)

まずは、これから紹介していきます。

①菱餅(ひしもち)

3色の置物ではありません。

あれはちゃんとしたお餅で食べ物です。

菱餅の由来

昔の中国で母親と子供の健康を願って、3月3日に緑色の母子草で作られたお餅を食べていたのが始まりです。

これが日本に伝えられたのですが、母親と子供をつくのはダメ(餅つき)という考えから、ヨモギ餅に変化。

 

それから江戸時代に、菱の実を入れた白と緑の2色になりました。

さらに明治時代にクチナシの実を入れた、白と緑と赤の3色になったのです。

菱餅の意味

菱餅が3色あるのにはそれぞれに意味が込められています。

  • 白色・・・菱の実が入っており、子孫が繁栄するようにと長生きできるように。
  • 緑色・・・よもぎの香りが強いことから厄払い(悪いものを寄せ付けない)。
  • 赤色・・・赤色は昔から魔除けの意味。

 

もう1つ意味があります。

3色が重なっていることから、春先の新しい命が産まれるということをイメージしているのです。

  • 緑・・・木の芽
  • 白・・・雪
  • 赤・・・桃の花

雪から芽が出て、花が咲くというのを3色で表現しています。

これを食べることで自然のエネルギーをもらって健康に過ごすことができるのです。

菱餅の食べ方

菱餅はプラスチックの置物という家庭も多いかもしれません。

また、ゼリー風のものも多いですが、本来なら3色のひし形のお餅です。

 

正しい食べ方は角っこをちぎりながら食べるというもの。

これは『角が立たないように、丸く』という意味があるそうです。

スポンサードリンク

②ひなあられ

ひなあられはひな祭りでお供えされるお菓子です。

ひなあられの由来

ひな人形と一緒にお出かけをして、春の景色を見せてあげるという『ひなの国見せ』というものが江戸時代に流行しました。

そこで、菱餅を簡単に持ち運んで外でも食べることができるように、ひなあられが作られたのです。

もともとは菱餅をちぎっていたというのが由来です。

3色のひなあられの意味

3色のひなあられには菱餅と同じ意味が込められています。

  • 緑・・・厄払い、木の芽
  • 白・・・子孫繁栄、雪
  • 赤・・・魔除け、桃の花

 

また『雪の中に木の芽が出てきて、寒い時期でも花が咲く』という自然のエネルギーを表しています。

これを食べることでエネルギーをもらって、健康に過ごす、厄払い、子孫が繁栄するようにという縁起の良い意味が込められています。

4色のひなあられの意味

ひなあられが4色のものもあります。

  • 緑・・・春
  • 赤・・・夏
  • 黄・・・秋
  • 白・・・冬

この場合は4色が春夏秋冬を表しており、1年中健やかに過ごせるようにという意味があります。

関東と関西のひなあられ

関東と関西ではひなあられの味付けが全然違います。

  • 関西⇒形は丸く、しょうゆや塩で味付けしている
  • 関東⇒お米のような形で、砂糖で味付けしている

③はまぐりのお吸い物

はまぐりは2枚貝で、それぞれがぴったりと合います。

他の貝と合うことは無く、それだけしか合わさらないのです。

 

つまり、ひな祭りではまぐりを食べるのは、はまぐりのように2人ぴったり!

良い相手に巡りあえますように』。『夫婦仲良くいられますように』ということを意味しています。

(さらにひな祭りの時期にはまぐりが美味しくなる季節でもあります)

貝合わせ

平安時代の貴族の遊びに『貝合わせ』というものがありました。

はまぐりの内側に絵をかいておき、裏返しにしておいたものを神経衰弱のように順番にめくっていくという遊びです。

これも他のハマグリではぴったりと合わないことから始まったものです。

④ちらし寿司

ちらし寿司が食べられるようになったのは、平安時代からと考えられています。

(この時代はエビと菜の花だけのお寿司でした)

そして、どんどん見た目が華やかな現在のようなちらし寿司へと変化していきました。

 

ちらし寿司が具だくさんなのは、食べ物に困らないようにという意味があります。

そして、ちらし寿司は縁起物として具材ごとに意味が込められています。

(正月に食べられるおせちと同じような感じですね)

 

  • エビ・・・背中が曲がるくらい長生き
  • 豆・・・豆に働くということから、仕事が上手く行くように
  • レンコン・・・長い穴が開いていることから、見通しがきくように

⑤白酒

ひな祭りに白酒が飲まれる意味には2つあります。

白酒の意味その1

白酒はもともと『桃花酒(とうかしゅ)』という桃の花びらをつけたものでした。

桃には魔除けのパワーがあると考えらえています。

 

また、桃=百(もも)と同じ読み方なので、100才までの長寿という意味もある縁起物です。

つまり、白酒には魔除けと長寿の意味が込められています。

白酒の意味その2

もう1つの説としては、ある女性に大蛇が入り込んでしまいます。

3日間白酒を飲み続けることで、大蛇を外に出すことに成功したのです。

このことから、白酒には悪い子を妊娠しないように、良い子が産まれるようにという意味があります。

 

白酒はアルコールが入っているので、最近では子供向けのために甘酒が飲まれるようになってきています。

鎌倉市の豊島屋酒店が白酒を売り出しました。

枕元に、お雛様がやってきて美味しい白酒の作り方を教えてくれたのです。

この話が江戸で話題になったため、白酒が流行したと言われています。

 

ひな祭りで意味がある食べ物の代表については以上です。

そもそもひな祭りってなぜ行うのか知っていますか?

⇒⇒ひな祭りの由来とは?ひな人形や桃の花を飾る意味は?

ひな祭りによく食べられる物はまだある!

ひな祭りで食べられている物は地域によって違うことがあります。

また、最近になって食べられるようになったものも。

桜餅

菱餅の代わりに、桜餅を食べることが増えてきています。

これにはとくにひな祭りに関係はありません。

食べやすく、彩りも綺麗で子供受けするから食べられるようになってきているようです。

ソバ

地域によってはひなソバとしてお供えするところもあります。

この場合も白、赤、緑の3色のソバで、意味は菱餅と同じです。

 

  • 緑・・・厄払い、木の芽
  • 白・・・子孫繁栄、雪
  • 赤・・・魔除け、桃の花

さらにソバは細く長い形をしているので、長寿という意味もあります。

わけぎ

わけぎも実は縁起の良い食べ物です。

春からしっかり伸びて、根元が分かれて増えることから子孫繁栄の意味があります。

さより

細長い形をしている魚のさよりも縁起物です。

おはしに見立てて2匹ならべて、食べ物に困らないようにという意味があります。

さらに3月はさよりの旬で美味しい時期です。

3色だんご

菱餅の代わりに3色だんごを食べることがあります。

緑、白、赤と菱餅と同じなので縁起をかつぐこともできます。

サザエ

巻貝には願いが叶うという意味があります。

あさり

ハマグリの代わりに同じ2枚貝のあさりが使われることもあります。

ワラビ

芽が出る食べ物は縁起が良いということで食べられます。

ひな祭りケーキ

とくにひな祭りに関係はありませんが・・・みんなが集まるパーティーにケーキがあれば嬉しいでしょう。

ひな祭りはお祝いなので、ケーキがあってもおかしくありません。

てまり寿司

こちらもひな祭りには関係ありません・・・

小さくて可愛らしいので、てまり寿司はひな祭りで人気です。

子どもでも食べやすいサイズなので、ちらし寿司にしないのであればおすすめです。

まとめ

ひな祭りの食べ物と由来については分かったでしょうか。

  • ひなあられ、菱餅(ひしもち)、ソバ・・・厄除け、子孫繁栄、健康
  • ちらし寿司・・・食べ物に困らないように、長寿(エビ)、仕事がうまく(豆)、見通しが良い(レンコン)
  • はまぐりのお吸い物・・・夫婦円満、良縁
  • 白酒(甘酒)・・・魔除け、長寿
  • わけぎ・・・子孫繁栄
  • さより・・・食べ物に困らないように
  • サザエ・・・願いが叶う

 

ひな祭りの食べ物に困ったときは、ここから食材を選んでみるのも良いかもしれません。

ひな人形や桃の花を飾る意味は知っていますか?

ついてにひな祭りについて知らないことを学んでみませんか?

関連記事