サラダ油って耳にすることがありますが、いったいどんな油なのでしょうか。

 

  • サラダ油の「サラダ」の意味と由来は?
  • 読み方は「サラダゆ」「サラダあぶら」?
  • 特徴と規格は?
  • 身体に悪い危険なもの?
  • サラダ油の使い方
  • サラダ油の代用のおすすめは?
  • サラダ油とキャノーラ油の違いは?
  • サラダ油と菜種油の違いは?
  • サラダ油とゴマ油の違いは?

などなど。今回の記事では、サラダ油について詳しく紹介します。

スポンサードリンク

サラダ油とは

サラダ油の「サラダ」の意味と由来

サラダ油は日清が大正13年(1924年)に発売した商品です。

当時の日本では、食用油は主に揚げ物に使われるくらいでした。

 

一方、西洋では油を酢や塩と混ぜて、ドレッシングにしてサラダにかける食文化がありました。

西洋の食文化が日本に広がりつつありましたが、サラダにかけることが出来るような食用油が無かったのです。

そこで、サラダにかけて食べることができるということで、『サラダ油』という名前で日清が開発して販売しました。

 

サラダ油の「サラダ」の意味は、「生のままサラダにかけて食べ(られ)る」という意味が込められているのです。

スポンサードリンク

サラダ味はサラダ油から

お菓子にあるサラダ味って見たことありませんか?

あれは野菜の味というわけではなく、サラダ油を塗って塩をつけた味という意味なんです。

読み方は「サラダゆ」「サラダあぶら」?

サラダ油の読み方は、「サラダゆ」「サラダあぶら」のどっちでも正解です。

昔は「サラダゆ」という読み方がほとんどでしたが、最近では「サラダあぶら」と読まれることが増えています。

 

たとえば料理番組などでは、油を使うということを分かりやすくするために、「サラダあぶら」と言うことがほとんどです。

サラダ油の特徴

 

  • 低温でも白く濁らない(結晶化しない)
  • 味や香りにクセがない

この2つが大きな特徴になっています。

 

生サラダにかけることが出来るということが前提なので、白く濁るとざらついてしまって触感が悪くなってしまいます。

また、塩やお酢など、どんな調味料にも合わせやすいように味や香りにはクセがありません。

サラダ油という名前になるための規格

サラダ油という名前になるためには、日本農林規格(JAS)に合わないとダメなんです。

 

①原材料は9種類のどれか

  • 油菜
  • 綿実
  • 大豆
  • ごま
  • 紅花
  • ひまわり
  • とうもろこし
  • 落花生

この9種類の原材料でJASの基準を満たしたものを使っている必要があります。

2種類以上を使う場合には、調合サラダ油と呼ばれます。

『サラダ油』という商品名のものは、大豆油と菜種油を合わせたものが多いようです。

 

②低温でも固まらない

0℃の温度で5時間半以上経っても、固まらない、白く濁らないことも条件です。

 

③決まった工場で作る

JASに認定された工場で作られたものでないと、サラダ油と名乗れません。

サラダ油は身体に悪い危険なもの?

サラダ油は安くて使いやすいものです。

でも、サラダ油は身体に悪い。危険とまで言われることがあります。これってどうしてなのでしょうか。

酸化するとダメ

加熱したり、日光に当たったり、時間が経つとサラダ油はどんどん酸化していきます。

酸化されたサラダ油には身体を老化させてしまう「過酸化物質」が増えてしまうのです。

これによって、肌の老化、動脈硬化、心筋梗塞の危険性が高まると言われています。

加熱で毒性が出る

サラダ油に含まれているリノール酸は200℃くらいまで加熱すると「ヒドロキシノネナール」に変化します。

これによって脳が委縮すること(アルツハイマー)を引き起こすと言われています。

リノール酸の摂り過ぎ

サラダ油に含まれているリノール酸の摂りすぎはアトピー、花粉症などのアレルギーを強くすることが分かっています。

また、うつ、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしやすくすると言われています。

太る

これはサラダ油だけでなく、どの油でも同じですがカロリーが高いので摂り過ぎると太ります。

 

現代人はリノール酸を摂りすぎ

リノール酸は必須脂肪酸と言って、体の中で合成できないので食品から摂る必要がある栄養素の1つです。

良い働きもしてくれますが、リノール酸は知らず知らずのうちに大量に摂っているいることがほとんど。

 

よく使われている安い油には、リノール酸が多いものがほとんどだからです。

外食したり、お菓子を食べたり、コンビニでご飯を買ったり、揚げ物を食べるなど・・・。

 

老化、動脈硬化、うつ、アルツハイマーなどを引き起こすと言われているため、なるべく控えるべきと言われているのです。

サラダ油の使い方

身体に悪い、危険だ!なんて言われていますが価格が安いのは魅力ではあります。

少しでもリスクを減らす上手な使い方をしましょう。

①揚げ物に使ったら交換する

加熱することでサラダ油は酸化してしまいます。

とくに揚げ物に使ったものは、

  • 嫌なにおい
  • 黒っぽくなっている
  • カラッと揚がらない
  • 温度を高くする前に煙が出る

といったことになっているなら、交換してしまいましょう。

出来るなら、もったいないかもしれませんが揚げ物に使ったサラダ油は使い捨ての方が良いです。

②開けたら早く使う

空気に触れることで、酸化していくため、サラダ油を開けたらなるべく早く使い切りましょう。

あまり大きなボトルは買わずに1~2ヶ月で使い切りたいですね。

③保存に気をつける

温度と日光によってもサラダ油は酸化してしまいます。

サラダ油は冷蔵庫に入れても固まらないので、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

④他の油を使う

サラダ油の使い方とは違いますが・・・。

最近ではいろいろな種類の油が販売されているため、サラダ油にこだわる必要はありません。

 

リノール酸が多いサラダ油は、健康のことを考えるのであれば摂らないほうが良いので、代用できるほかの油を利用するのが良いというのが正直なところ。

サラダ油の代用でおすすめは?

サラダ油は健康の面でみるなら、無理して使はなくても良いです。

とくに加熱調理に向いていない、サラダ油が多いので代用できるものを探したほうが良いです。

 

※ここでは味や香りが・・・などではなく、健康面でのおすすめを紹介します。

加熱調理に向いている油

リノール酸が多く含まれている油は、酸化しやすいため加熱調理にはおすすめできません。

そこで、加熱しても酸化しにくいオレイン酸が多いものが良いです。

 

  • オリーブオイル
  • 椿油
  • ひまわり油(特別なハイオレック種のもの)
  • 紅花油(特別なハイオレック種のもの)
  • アボカドオイル

上記の油であれば、オレイン酸の含有量が70%以上あります。

炒めたり、揚げ物に使う場合は、この中から好みの味や香りのものを、値段と合わせて選んでみましょう。

※ひまわり油、紅花油はハイオレック、高オレイン酸という表記があるもの。

 

 

サラダなどにかけたりする場合に、向いている油もあります。

必須脂肪酸のうち不足しがちなαリノレン酸が豊富な油がおすすめです。

 

  • 亜麻仁油
  • エゴマ油

この2つがαリノレン酸が豊富。

血行促進、血栓予防、動脈硬化の予防、老化予防、アレルギーの緩和、うつ症状の緩和、皮膚の健康に良いなどの効果があります。

加熱によって酸化しやすいので生食のときに、摂れるようにしたいですね。

また、エクストラバージン・オリーブオイルも生食で食べて健康に良いとされている油です。

コレステロール値を下げる、抗酸化作用、乳がん予防、血液サラサラ。などの効果があります。

サラダ油と他の油との違い

  • 菜種油
  • 綿実
  • 大豆
  • ごま
  • 紅花
  • ひまわり
  • とうもろこし
  • 落花生

これらの原材料を使っていて、JAS規格に合っているものがサラダ油と言います。

つまり、材料の違いでサラダ油といっても特徴が商品によっていろいろです。

※多くは大豆油と菜種油のブレンドが多いです

サラダ油とキャノーラ油の違い

キャノーラ油は菜種油のことでアブラナから摂れます。

とくにキャノーラという種類のアブラナだけで作られているものを、キャノーラ油と言います。

 

ということで、キャノーラ油はサラダ油の1種とも言えます。

サラダ油との違いはあいまいだということが分かりますね。

サラダ油=キャノーラ油と思っている人も多いです。

 

キャノーラ油は比較的オレイン酸多く、ビタミンEも豊富で酸化されにくい特徴があります。

サラダ油と菜種油の違い

菜種油はアブラナから作られている油のことです。

これも上記のキャノーラ油と同じで、サラダ油の1種とも言えますね。

 

菜種油の特徴は、そこそこオレイン酸が多く、加熱にまあまあ強いことです。

サラダ油と米油の違い

米油とは、米ぬかから作られている油のことです。

これまたサラダ油の1種とも言えます。

 

リノール酸よりもオレイン酸が豊富なので、加熱にそこそこ強いです。

また、学校給食やポテトチップスに使われているのも有名。

サラダ油とゴマ油の違い

ゴマ油とは、ゴマから作られている油のことです。

これまたサラダ油の1種とも言えます。

 

ゴマ油の特徴は、何といってもゴマの良い香りです。

リノール酸の割合がちょっと多いので加熱調理には、あまり向いていません。

まとめ

サラダ油とは、どんな油なのか分かったでしょうか。

 

  • 『サラダ』は、日清がサラダにかけられる油として発売した名前。
  • 油菜、綿実、大豆、ごま、紅花、ひまわり、とうもろこし、米、落花生のどれかを原材料にしている
  • 決して身体に良いとは言えないので、出来れば控えたい
  • 加熱用ならオレイン酸が多い油を代用に
  • 生食用ならαリノレン酸が多い油を代用に

といったところでしょうか。

サラダ油の代用に、ほかの油を選んだとしても摂りすぎは良いわけではないので気を付けるようにしましょう。