タバコアレルギーって知っていますか?副流煙を吸わなければ大丈夫なんてものではありません。

タバコを吸う人にもぜひ知ってもらいたいものです。

 

今回の記事ではタバコアレルギーの症状や起こる理由、対策について紹介していきます。

スポンサードリンク

タバコアレルギーって?

タバコの害として近年注目を集めているのが副流煙によるガンなどの健康被害ですが、ここ数年で「タバコアレルギー」という言葉も新たに耳にするようになってきました。

タバコアレルギーは、喫煙する人だけでなく、吸わない人にも発生するのです。

 

タバコに対するアレルギーということで分かりやすく「タバコアレルギー」と称していますが、医学上は「化学物質過敏症」という名称があります。

タバコから出る有害化学物質にアレルギー反応を起こしてしまう病気です。

 

こういったタバコを自分で吸わない人に症状が出るものは『受動喫煙症』と呼ばれています。

タバコに含まれている化学物質が原因なので、流行りの電子タバコでも症状は出ます。

スポンサードリンク

タバコアレルギーの症状は

タバコアレルギーの症状は、タバコの煙を吸い込むことで引き起こされます。

また、タバコに触るだけで症状が出る人もいます。

 

1番多い症状としては、鼻水、咳、くしゃみなどの風邪と似たものです。

このときの鼻水は透明でサラサラなものが出ます。

 

これだけでなく、息切れや呼吸困難など呼吸器系の症状が現れることもあります。

皮膚症状としてかゆみ、赤くなるという人もいます。

 

また、人によっては、頭痛、めまい、吐き気などの症状も現れます。

 

「タバコが原因で蕁麻疹が出る」という人も少ないですがいます。

医学的な関連はいまだ証明されていませんが、アレルギー体質の人がタバコを吸うときに出る化学物質に反応して、蕁麻疹が出るというのは不思議なことではありません。

 

蕁麻疹を発症する原因のおよそ9割がアレルギー反応だと言われています。

 

アレルギー症状として考えられるものすべてが起こる可能性があります

「タバコのニオイをかぐと気持ち悪くなる」という人もいますが、案外ニオイが原因ではなく、タバコから出ている有害物質に反応して気分が悪くなっているのかもしれません。

タバコへの嫌悪感から症状が出ることもある

また、心理的要因が関係している可能性も指摘されています。

つまり、タバコに対して嫌悪感を抱く人、タバコに対して嫌な思いをしたことがある人などは、ストレスが引き金となって症状が出ることがあります。

 

ストレスによる症状が出るので、頭痛、めまい、吐き気、蕁麻疹、息切れ、呼吸困難などが起こることがあるのです。

 

この場合は、タバコを徹底的に避けるしか方法はありません。

タバコアレルギーかどうか検査する方法は

タバコアレルギーかどうかというのは、診断されにくいですが一部の病院で行われているようです。

 

まず、大事なことは症状が出るタイミングについての把握です。

どんなときに症状が出るのか、どんなときに症状が消えるのかというのを確認していきます。

 

また、血液中の『コチニン』濃度を測定するというのも判断の1つにします。

コチニンはタバコに含まれている、ニコチンが代謝されて出来る物質で、血液中の濃度を測定します。

 

測定された濃度によって、どれくらいタバコを受動喫煙したかという指標になるのです。

こういったことを総合判断することで、タバコアレルギーかどうかを決めていきます。

 

タバコアレルギーかどうかの診断をしてくれる病院はそう多くないです。

診断してくれる医療機関を載せてあるところを参考にしてみてください↓↓

診断可能な医療機関はこちら>>

 

タバコアレルギーの対策は

症状を抑えるためには、抗アレルギー薬を飲むことになります。

ただし、これは根本的な解決にはなっていないので、タバコの煙を避けるというのが必要になってきます。

 

くしゃみや鼻水程度ならば、マスクをするなどである程度は防ぐことができるかもしれませんが、心理的要因も関係するならば原因を見極めて、タバコを吸う人のいない環境を作るしかありません。

 

たとえば、ベランダでタバコを吸うようしたり、喫煙所で吸うようにするというのは意味がありません。

副流煙による害は防ぐことが出来るのですが、タバコアレルギーでは症状が出てしまいます。

 

外から中に入った時に、一緒に化学物質が入ってきてしまうのです。

ちょっとだけ化学物質が入ってきただけでも、症状が出てしまうので分煙での解決は難しいでしょう。

 

まだまだタバコアレルギーというのは認知されていないため、理解されにくいものです。

気にしすぎ!と言われて、悩むことも多いものです。

それでも、少しずつでも伝えていくことが必要になります。

食べ物から症状を改善できるかも

アレルギーは免疫の異常なので、免疫バランスを整えるようにすることで症状が改善されることがあります。

  • 腸内環境を整える
  • 揚げ物、お菓子は避ける

 

とくにアレルギーにとって大事なことなので抑えておきましょう。

腸内環境を整える

腸の中には身体の免疫の7割を担当しているくらい、大事な部分です。

腸内環境が悪化していると、免疫バランスが乱れてしまうのは当たり前です。

 

  • 暴飲暴食を避ける
  • 野菜中心にする
  • 乳酸菌を毎日摂る

まずはこの3点を気を付けて、腸内環境を整えてみましょう。

揚げ物、お菓子は避ける

揚げ物やお菓子にはアレルギー症状を強くする作用があります。

こちらの記事に詳しく書いてあるので参考にしてみてください↓↓

花粉症を悪化させる原因になる食べ物とは?

まとめ

タバコアレルギーは完治することが難しいので、喫煙者の協力が必要になってきます。

周りの人にタバコアレルギーがあるなら、タバコを止めるという選択も考えてもらいたいものです。

 

副流煙を吸わなければ、健康被害が無いなんて考えを少しずつでも改めてほしいですね。