松の内とは、どんなものなのか知っていますか?

新年を迎えると聞くことがあると思います。

 

  • 松の内の意味と由来は?
  • 期間はいつからいつまで?
  • 何をするの?

などなど。今回の記事では、松の内について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

松の内(まつのうち)とは

松の内の意味と由来

松の内の意味は、新年1月1日から門松を飾っている間のことを示しています。

お正月は、1年の幸福をもたらすしてくれる歳神様がやってくるのをもてなす行事です。

 

門松は歳神様がやってくる目印・依り代と言われているのです。

松の内が終われば歳神様が帰られるため、門松は片づけることになります。

 

つまり、松の内とは歳神様が家に滞在している期間とも言えますね。

スポンサードリンク

松の内の期間はいつからいつまで

松の内は地域によって違います。

松の内の期間は多くは、1月7日もしくは15日までのどちらかです。

  • 関西は1月1日から1月15日まで
  • 関東は1月1日から1月7日まで

なぜ日付が地域で違うのか

小正月(こしょうがつ)である1月15日までを松の内としている地域がほとんどでした。

そして歳神様がお帰りになってから1月20日に鏡開きをしていました。

 

説その1

徳川家光が4月20日に亡くなり、月命日である20日が忌み嫌われるようになったのです。

そのため、1月20日を避けて1月11日に鏡開きが行うように江戸幕府は決めました。

これに合わせて少し前の1月7日までが松の内に変更されました。

 

説その2

明暦3年の1月18日から20日まで江戸の大半を焼いた大火事が起こりました。(明暦の大火)

燃えやすい松飾りを早めに納めようということで、7日までを松の内にしたとも言われています。

 

こういったことから、関東では1月7日までが松の内とされました。

それに対して、影響を受けなかった関西ではもともとの1月15日までが松の内とされているのです。

地域で全然、松の内の期間は違う

  • 関西は1月15日まで
  • 関東は1月7日まで
  • 北海道は1月7日まで
  • 九州は1月7日まで
  • 四国は1月7日まで
  • 沖縄は2月19日まで

ただし、1月10日までという地域もあるので、風習は様々なようです。

松の内には何をする?

お正月は歳神様をお迎えする行事です。

松の内には歳神様がお家に滞在している期間のことです。

 

つまり、松の内には『歳神様をお迎えしてもてなす』と良いのです。

 

  • しめ飾り、門松は歳神様の依り代、目印
  • 鏡餅は、歳神様が宿る
  • おせち料理は歳神様へのお供え

など、お正月にすることはすべて歳神様のためのものです。

もちろん新年を迎えてから用意するのではなく、12月中に余裕をもってお迎えの準備をしておきましょう。

もう1つ松の内にしておきたいことは、年賀状を出すこと。

基本的には年賀状は余裕をもって返すことが出来るように1月3日までに届くように投函します。

(3日までに届くようにするには、12月中には投函する)

 

そして、年内に年賀状が投函できなかった場合、返信する場合には遅くとも松の内(1月7日)までには届くようにするのがマナー

ちなみに1月8日からは消印が押されるようになります。

松が明ける

松の内の期間が終わることを『松が明ける』と言います。

松の内まで、門松やしめ飾りを飾っておくことになります。

 

ちなみに鏡餅だけは鏡開きまで飾っておくようですね。

(関西では1月11日、関東では1月20日)

鏡開きってなんだ?

上に鏡開きが出てきたので簡単に紹介します。

鏡開きとは、お正月の間に歳神様が宿っていた鏡餅を下げて食べることです。

 

鏡餅には歳神様のパワーが残っており、それを食べることで神様のパワーを頂くことができると考えられているのです。

また、1年間元気でいられるようにと、無病息災の意味も込められています。

門松やしめ縄の処分方法

門松やしめ縄は松の内まで飾っておきますが、どう処分すれば良いのでしょうか。

 

1番良いのは、どんど焼きに持っていくこと。(左義長とも言う地域もあります)

燃やして炎と煙が天までのぼり、それによって歳神様が天まで帰っていくと考えられているためです。

 

どんど焼きを行う日にちも地域差が大きいです。(最近では町内会などでは禁止されているところも)

神社などでも1月8日~1月15日くらいまで毎日どこかで行われています。

 

もし、どんど焼きに持っていけないのであればゴミに出すこともできます。

白い紙(新聞紙でも良い)を用意して塩で清めて、包んでゴミ袋に入れましょう。

ゴミの出し方は自治体に従うようにしてください。

まとめ

松の内とは何なのか分かったでしょうか。

  • 松の内の意味は、新年を開けてから門松を飾っている期間
  • 期間は、関東1月7日まで、関西1月15日まで
  • 何をするのかは、歳神様をもてなす、年賀状を出す

 

お正月にすることのほとんどが、歳神様に関することが多いので知ってみると面白いですよ。