門松とは、いったい何のために飾るものか知っていますか?

 

  • 門松の意味と由来は?
  • いつから飾るの?
  • いつまで飾るの?
  • 処分方法は?
  • 使われている松、竹、梅の意味は?
  • 竹はなぜ3本なの?

などなど。今回の記事では門松について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

門松とは

門松は、新年に門の前に立てて飾るものです。

竹が目立つかもしれませんが、メインは松なのは知っていますか?。

前に飾るということで『門松』という名前になっています。

 

ちなみに英語で言うと『the New Year’s decorative pine trees』

門松を飾る意味

門松を飾る意味を知るには、お正月がどんな行事なのか知る必要があります。

お正月は、歳神様をお迎えして祀る(まつる)行事です。

 

歳神様というのは、新年に家にやってきて1年間の幸福をもたらしてくれる神様のこと。

山の神様、五穀豊穣の神様、先祖の霊などが合わさったとものと言われています。

 

門松を門前に飾るのは、歳神様が迷わないようにするため。

つまり、門松を飾る意味は歳神様に目印にしてもらって、家に来てもらうためにあるのです。

スポンサードリンク

門松の由来

始まりは平安時代

門松の由来はかなり古く平安時代に行われていた、貴族の遊び「小松引き」という行事だと言われています。

 

小松引き」とは新年の初めての子の日(ねのひ)に外出して、小松を根ごと引き抜いて、和歌を詠んだり、料理を食べるという行事。

自然の生命力・不老長寿・子孫繁栄を意味している小松から長寿を祝ったのです。。

*現在でも関西の一部の地域では、根がついたままの松を玄関に飾るという風習が残っています。

 

平安時代の終わりごろになると、正月に門の前に松を1本立て、歳神様に長寿と穀物の豊作を祈願するという風習が少しずつ根付いてきます。

当時の小松引き。引用:福島美術館

室町時代から竹が使われるように

竹が使われるようになったのは、室町時代からと言われています。

室町時代後期の摂政であった一条兼良の「世諺問答」に記述があります。

江戸時代には庶民にも根付く

江戸時代になると、大名から庶民まで広く門松を飾るようになります。

また、家の門前に左右1対置くようにもなったのも江戸時代からとされています。

門松の飾りはそれぞれ意味がある

門松は、最初は松だけだったのが、少しずつ飾るものが増えていきました。

松だけでなくたくさんありますが、それぞれ意味があるのです。

まずはメインである松は、1年中葉っぱが緑色なので生命力が強い植物として知られています。

そのため、長寿を意味するものとして祝い事に飾られることが多いです。

 

左右で松が違う

正式には門松の左右で使われている松は違います。(最近では両側とも雄松ということも多い)

  • 向かって左側に雄松(おまつ)、別名は黒松。
  • 向かって右側に雌松(めまつ)、別名は赤松。

 

  • 樹皮が黒っぽく、葉が太い、硬い、長いのが黒松
  • 樹皮が赤っぽく、葉が細く、柔らかい、短いのが赤松

現在の門松は、竹がメインだと思っている人が多いですね。

竹はまっすぐ高く伸びることから、子孫繁栄を意味しています。

梅は寒い季節を乗り越えて、春が来て1番最初に花が咲くので、新年を意味しています。

また、高潔、節操、清純という意味ももっているのです。

南天(なんてん)

赤い小さい実は南天です。

これは、「難を転じる」に通じる縁起物です。

千両(せんりょう)

こちらも赤い小さい実で、南天に似ています。

冬の寒い時期に実をつけるのは貴重だということで、おめでたい「千両」という名前になっています。

葉牡丹(はぼたん)

冬の代表的な花の1つ。

何重にも重なる葉が「吉事が重なる」ということを示しています。

門松に使われている竹にもウンチクあり!

竹の切り口は2種類

竹の切り口は

  • 水平に切っている寸胴(ずんどう)
  • 斜めに切っているそぎ

の2種類あります。

寸胴(ずんどう)

竹が飾られるようになった最初は、すべて寸胴だったようです。

節が詰まっているということで、「お金がたくさん詰まる」ことに通じるので、金融機関で現在でも飾られることが多いです。

そぎ

現在、多く見られるのは「そぎ」の形になっている竹では無いでしょうか。

 

1572年に関ヶ原の戦いで、徳川家康と武田信玄は激突!徳川家康は敗れてしまいます。

命からがら逃げだした徳川家康は、「次は武田(竹)を切ると竹を武田信玄の首に見立てて斜めに切り落としました。

これが関東を中心に広がっていったのが、門松の竹の切り方の由来と言われています。

 

その他にも、説はあり

  • 切り口が、口を開けて笑っているように見えるので縁起が良い
  • お店などでは、中を良く見せるという縁起をかついで

などとも言われています。

竹はなぜ3本?

門松に使われている竹の数は3本というのが多いです。

これは古代中国から伝わった陰陽五行に七、五、三などの奇数は縁起が良いからと言われています。

 

竹の長さは7:5:3にするのが本来の形。

これにそれぞれ荒縄を7回、5回、3回巻いていきます。

  • 1番長くて荒縄を7回巻いたものは、男性
  • 1番短くて荒縄を3回巻いたものは、女性
  • 中くらいで荒縄を5回巻いたものは、仲を取り持つ

という意味があると言われています。

門松を飾る期間はいつから?

門松の飾り付けは12月13日から

12月13日は正月事始め(しょうがつことはじめ)と言って、大掃除やしめ飾りなどお正月の準備を始める日です。

 

12月13日以降に門松は飾ることになります。

現在では12月25日まではクリスマス関係の飾り付けをしていることがほとんどでしょう。

そのため、12月26日から門松を飾り付けることが多くなっています。

 

注意することは飾るのがダメな日もあること。

  • 29日⇒二重苦に通じる
  • 31日⇒一夜飾りとして縁起が悪い

つまり、門松を飾るのは12月13~28日、もしくは30日からということですね。

門松を飾る期間はいつまで?

松の内の期間まで門松を飾ります。

松の内は1月7日までというのが一般的ですが・・・関西では1月15日というところも多いです。

 

さらに

  • 1月6日の夕方に片付ける。
  • 1月7日の朝に片付ける。
  • 1月14日の夕方に片付ける。
  • 1月15日の朝に片付ける。

ということがあるので、地方ごとに風習が違うようです。

なぜ関東と関西で違う?

もともとは全国的に1月15日までが松の内、1月20日に鏡開きでした。

しかし、徳川家光が亡くなったのが4月20日で、月命日である1月20日に鏡開きは良くないということで1月11日に鏡開きをすることに。

 

それに合わせるように、松の内も1月7日までというのが関東を中心に広がっていきました。

それに影響されなかった関西では1月15日のままになっているのです。

詳細は⇒松の内とは!意味と由来!期間はいつまで?何をする?

門松の処分方法は?

門松の処分方法で1番良いのは「どんど焼きに持っていくことです。

地域によっては「左義長(さぎちょう)」とも言われます。

しめ飾り、門松などの正月飾りを焼くことで、炎と煙と一緒に歳神様が帰っていくのです。

 

どんど焼きは、全国の神社で行われていますが、日付はまちまちなので電話やホームページで調べておきましょう。。

関東なら1月7日、関西なら1月15日が多いです。

 

もし、どんど焼きに持っていけない、持っていきそびれた。のであればゴミとして処分することもできます。

門松を小さくして、塩で清めてから白い紙(新聞紙)などで包んでゴミ袋に入れます。

そして、燃えるごみの日に出しましょう。(粗大ごみ扱いの自治体もあるので注意。)

まとめ

門松とは、どんなものなのか分かったでしょうか。

少しだけ簡単にまとめてみましょう。

 

  • 意味は歳神様がやってくる目印
  • 由来は平安時代の小松引き
  • 12月13~28日、30日に飾る
  • 松の内(関西1月15日、関東1月7日)まで飾る
  • 処分方法、どんど焼き。もしくは塩で清めてゴミに出す。
  • 松は長寿、竹は子孫繁栄、梅は新年を意味している。

どうでしたか?お正月にあるものは、多くは歳神様に関係しています。

たとえば鏡餅についても色々あるので、知ってみると面白いですよ。

鏡餅の意味は?いつからいつまで飾る?なぜみかんを置く?カビたら捨てる?