2021年の祝日はどうなっているのでしょうか。

 

  • 1年間で祝日は何日?
  • 前の年から変更はある?
  • カレンダーも見たい!

今回の記事では、2021年の祝日について一覧も紹介していきます。

スポンサードリンク

2021年の祝日一覧

  • 1月1日(金曜):元日
  • 1月11日(月曜):成人の日
  • 2月11日(木曜):建国記念の日
  • 2月23日(火曜):天皇誕生日
  • 3月20日(土曜):春分の日
  • 4月29日(木曜):昭和の日
  • 5月3日(月曜):憲法記念日
  • 5月4日(火曜):みどりの日
  • 5月5日(水曜):こどもの日
  • 7月19日(月曜):海の日
  • 8月11日(水曜):山の日
  • 9月20日(月曜):敬老の日
  • 9月23日(木曜):秋分の日
  • 10月11日(月曜):スポーツの日(体育の日)
  • 11月3日(水曜):文化の日
  • 11月23日(火曜):勤労感謝の日

 

2021年の祝日は1年間で16日あります。

日付に変更がある可能性があるのは、海の日ですね。

スポンサードリンク

2021年のカレンダー

1月

1月1日:元日

1月11日:成人の日

2月

2月11日:建国記念の日

2月23日:天皇誕生日

3月

3月20日:春分の日

4月

4月29日:昭和の日

5月

5月3日:憲法記念日

5月4日:みどりの日

5月5日:こどもの日

6月

7月

7月19日(20日になるかも):海の日

8月

8月11日:山の日

9月

9月20日:敬老の日

9月23日:秋分の日

10月

10月11日:スポーツの日

11月

11月3日:文化の日

11月23日:勤労感謝の日

12月

海の日が7月20日に!?

海の日はもともと7月20日でした。

明治天皇が初めて軍艦ではない、汽船で巡航され7月20日に横浜港に寄港されたことにちなんで作られた祝日だからです。

 

それが、連休を作ろうというハッピーマンデー制度によって、7月の第3月曜日に変更されました。

全然関係ない日付が祝日になったことに対して反対意見がたくさんあります。

 

  • 保守派の議員を中心に7月20日に固定する動き
  • 観光産業に近い議員を中心に7月の第3月曜日のままにする動き

この2つの動きが今でもぶつかり続けています。

 

2020年の東京オリンピックの影響で海の日は開会式の前日である7月23日に移動します。

保守派の議員たちは、移動することに反対していました。

そこで・・・2021年からは海の日を7月20日に固定することを条件に、移動しても良いことを認めたのです。

 

しかし、観光産業はなんとしても3連休を残したいので、後押しされている議員たちが7月の第3月曜日のままにしろ!と言い続けているのです。

 

海の日が

  • 祝日の意義がある7月20日に固定されるのか
  • 3連休のために7月の第3月曜日のままなのか

これが確定されるのは、まだ先になりそうです。

どんなに遅くても2020年の2月には決まっているでしょう。(翌年の暦が発表されるため)

海の日の意味と由来!今年はいつ?日にちが変わるかも!?

体育の日がスポーツの日に

2021年からではありませんが・・・。

2020年の東京オリンピックを機会に、体育の日の名前がスポーツの日に変更されました。

 

体育は強制的に行う意味があり、軍隊などから始まったものです。

そのため、体育の日というのは意味的にふさわしくないということで、自発的に楽しむ意味があるスポーツへと変更されたようです。

体育の日とは!意味と由来は?今年はいつ?変わるのは本当?

まとめ

2021年の祝日については分かったでしょうか。

  • 1年間で16日の祝日があります。
  • 変更されるかもしれないのは、海の日が7月第3月曜⇒7月20日に固定

 

すべての祝日には意味があるので、日付はきちんとしておきたい人たちはいるのでしょうね。

祝日一覧!年間の日数は?どんな意味?祭日との違いは?