食物アレルギーって最近ではどんどん増えてきていて、問題になっています。

 

そんな食物アレルギーの症状は様々なのですが、それが原因となって太ることがあるのは知っていますか?

スポンサードリンク

食物アレルギーの症状は?

食物アレルギーというと、アレルゲンとなる食品を食べると湿疹や蕁麻疹がでたり、のどがイガイガしたり、ひどいときは呼吸困難になったりするというイメージを持つ人が多いことでしょう。

 

ところが、食物アレルギーの症状はこれだけではありません。先にあげた症状は急性あるいは即時型アレルギーの症状です。

 

ですが、じわじわゆっくりと症状が出るアレルギーもあるのです。いわゆる「亜急性」あるいは「遅発型」アレルギーです。

 

亜急性あるいは遅発型とは、症状が出始めて治まっていくまで長く時間がかかるものを指します。

 

症状も便秘、下痢、むくみ、疲労感、鼻づまり、肩こりといった慢性的なもので、長ければ数日から数週間、あるいは数か月続く場合もあります。

 

原因はないのになんとなく体が不調だという場合は、アレルギーが原因である可能性があります。

スポンサードリンク

なぜ食物アレルギーで太る?

亜急性、遅発型アレルギーを発症している場合、アレルゲンとなる食品を定期的に食べたり飲んだりしていると、腸が炎症をおこします。

 

すると、腸内にサイトカインという免疫システム細胞から分泌されるタンパク質が増加します。

 

サイトカインは血液中に流れ出し、やがて全身で炎症を起こします。すると、細胞がダメージを受け、脂肪細胞が肥大化することがあります。

 

これが、「アレルギーが原因で太る」ということです。さらに、サイトカインはセルライトを作り出したりもするので、注意が必要です。

ws000172

食物アレルギーか検査する

そこで、食物アレルギーがあるかどうかは、アレルギー科や内科でアレルギー検査を受けることでわかります。

 

食物経口負荷試験という検査を行えば、食品に対してアレルギーがあるか、どの食品がアレルゲンかが分かります。

 

日本人に多いのが小麦アレルギーや牛乳アレルギーだと言われていますが、アレルゲンは人によって異なるので、検査をしてみなければ分かりません。

ws000113

そこで、もし「正しくダイエットしているのに痩せない」「太る原因がみつからないし、毎日なんとなくだるい」という方は、食事日記をつけてみましょう。

 

食べたものとその日の体調や気分を記録してみると、どんなものを食べた時に調子が悪いかが分かってくるかもしれません。

 

「パンやうどんを食べると翌日から体がだるい」「牛乳を飲むとお腹がゆるくなる」「卵を食べた後は鼻がつまる」など気づくようなことがあれば、アレルギー検査をしてもらうと良いでしょう。