足の裏の皮がむけていると、もしかしたら水虫かもしれない!?でもかゆみはないから違うよね!?なんて気になったりしますよね。

 

今回は足の裏の皮がむける原因とその治し方について紹介していきます。

スポンサードリンク

足の裏の皮がむける原因は

足裏の皮がむけてしまう原因は大きく分けると三つに分類できます。足の皮がむけているからといって、すべて水虫ってわけではありませんよ。

 

なかなか治らないこともあるので、原因を知って対処していきましょう。

 

水虫

まず一つ目は『水虫』です。白癬菌という菌が、足の指や足の裏の皮膚の角質や、皮下組織を侵食してしまうことで皮がむけてしまいます。

 

水虫にも種類があり、症状はそれぞれ違ってきます。

 

趾間型

足の指の間の皮がむけて、かゆみが出る

 

小水疱型

足の裏や側面に小さい水疱ができる

 

角質増殖型

かかとが硬くなって、ひび割れる

 

上に書いたのは主に代表的な症状なんですが、いろいろな場所の皮がむけたり、小水疱型でもかゆみが出たりと人によって違ってきます。炎症が起こって赤くなってかゆくなることも。

 

指の間の皮がむけていたら、ほぼ水虫と考えても良いでしょう。春から夏にかけて皮がむけて、秋くらいにあると落ち着いてくることが多いです。

 

汗疱

二つ目は、多汗症による『汗疱』です。足の裏の汗が皮膚の表面に出られず、皮膚の内部に残り水ぶくれのような状態になります。

 

この水ぶくれが破れてしまうことによって、足の裏の皮がむけてしまうのです。ひどい場合は膿が溜まることもあります。

 

また、広範囲に赤みや皮がむけるのが広がってしまったり、かゆみが出ることが多いです。よく水虫に似ているために、間違えられることもあります。

 

汗をかきやすい春から夏にかけて症状がひどくなることが多いです。

 

角質

三つめが『角質』です。角質が上手にはがれることが出来ず、皮がむけてしまいます。足の裏の皮がむける原因として、一番多いのがこの角質肥厚によるものです。

 

足の裏の皮膚は、触ってわかる通り他の皮膚とは構造が異なります。体重が常にかかっていたり、体の末端であったりと、他の皮膚と比べると特殊な環境にあるのです。

 

まず、体重がかかることで足の裏は常に地面や靴と摩擦がかかっている状態にあります。

 

これによって皮膚の新陳代謝が乱れてしまい、角質が上手にめくれることが出来ず分厚くなり、皮むけの状態になってしまうのです。

 

血流が悪いと酸素や栄養が不足し、肌のターンオーバーが乱れます。これも角質が肥厚してしまう原因の一つです。

スポンサードリンク

足の裏の皮がむけるのの治し方は?

水虫や汗疱によって皮がむけている場合は、病院に行くのが一番です。まず、両方どちらかなのかはパッと見では分かりません。

 

水虫だと思って、薬局で水虫の薬を買って使っても、全然治らなくて汗疱だったということもあります。病院の顕微鏡の検査で白癬菌がいるかどうかを調べてもらいましょう。

 

水虫だったときには、抗真菌薬の塗り薬を処方してもらえます。これを皮がむけている場所よりも広く塗って治していきます。大事なことは皮がむけているのが治ったからといってすぐに薬をやめないことです。

 

皮がむけていなくても、白癬菌が残っていることがあるのです。しっかりと、白癬菌がいなくなるのを確認してもらいます。水虫は人にもうつるのでなるべく早く治しましょう。

 

汗疱は数週間で自然治癒することが多いです。とくに夏の汗をかく時期がすぎたらすぐに治ってしまうこともあります。

 

ただし、症状がひどいとかゆくて辛い状態が続いて、1年中治らないと場合もあるのです。根本的な解決をすることが出来ないので、炎症を抑える薬を使うくらいになっていまいます。

角質肥厚により皮がむけてしまっているなら、自宅での治し方があります。まずは、分厚くなった角質を正常な状態に戻さなければなりません。

 

軽石やスクラブなどで、硬くなっている角質を取っていきましょう。このとき、皮膚に無理をかけるような方法で取るのは厳禁です。

 

鋭利なやすりなどを使うと、一時的に角質は取れますが反動でさらに角質が溜まりやすくなってしまいます。肌に負担をかけないものを選び角質ケアをするようにしましょう。

 

角質除去が終わったら、必ずクリームで保湿します。保湿することで、角質ケアした場所を柔らかい状態で保つことが出来るようになるのです。

ハンドクリームやボディクリームで保湿する人が多いですが、足専用のものを使うことがおすすめです。

 

足の皮膚は他の部位と比べて分厚いので、ハンドクリームやボディクリームでは保湿が不十分になってしまいます。クリームを塗るときに、軽くマッサージするように塗ってください。

 

足の血行不良も皮がむける原因の一つですので、クリームを塗りながらマッサージすることで血行不良の改善にも繋がります。

 

治し方のポイントは角質ケアと保湿、血行促進ですのでこの三点をしっかり押さえてケアをしていきましょう。