夏至って一体どんな日なのか正しく知っていますか?昼間が1年で最も長い日というのは本当なのでしょうか。

 

夏至の日の出と日の入りはどうなっているのか、この日に食べる物は何があるのか紹介していきます。

スポンサードリンク

今年の夏至はいつ?

夏至は毎年同じ日というわけではありません。夏至は太陽と地球の赤道の角度から決められています。

 

2017年の夏至・・・6月21日

2018年の夏至・・・6月21日

2019年の夏至・・・6月22日

2020年の夏至・・・6月21日

2021年の夏至・・・6月21日

2022年の夏至・・・6月21日

2023年の夏至・・・6月22日

 

4年に1度だけ6月22日になりますが、この年は閏年ですね。

スポンサードリンク

夏至の意味は?

夏至がどんな日なのかと言われて、よく答えられるのが「昼が1年で最も長く、夜が1年で最も短い日」ですね。これは正しいのです。

 

「日長きこと至る、極まる」という意味が夏至にはあります。つまり、日が長いのが最高ってことで、太陽が1番高いところを移動するのも夏至なんです。

 

ただ、日本では梅雨の時期なので雨のことが多く、日が長いということを実感できないことも多いです。

 

ちなみに夏至をミッドサマーと呼んで祝日としてお祝いしている国もあります。そして、北半球では性欲が1年で1番強くなる日とも言われているのです。恋の日として捉えている国も多くあります。

 

これは日照時間が長くなるため、ホルモンバランスの関係と考えられています。

夏至は日の出が早くて、日の入りが遅い?

  • 夏至は日の出が1年で最も早い日
  • 夏至は日の入りが最も遅い日

 

これは間違いで、こう思っている人は少なくないです。

 

日の出が1番早い日は夏至の1週間くらい前になります。また、日の入りが1番遅い日は夏至の1週間後くらいなんです。

 

夏至は日の出と日の入りの差が大きくなる日で、単純に昼間が1番長く、夜間が短くなるというだけです。

 

夏至の由来は?

夏至は中国からやってきた暦の分け方です。これを二十四節気と言います。1年間を24つに区切って分けたのです。夏至の他には冬至、春分、秋分、立夏なども二十四節気です。

 

この分け方は太陽が通る道と地球の赤道との角度によって決められています。

 

天文学的な考え方も入るので難しいのですが、赤道を伸ばした線と黄道(太陽が通るところ)が交差するところを春分0°、秋分0°として15°ずつずらして24つに分けています↓↓

参照:http://www2s.biglobe.ne.jp

 

二十四節気は昔の暦と季節にズレが出てきてしまうことを防ぐために作られた分け方です。

 

夏至の食べ物は?

冬至と言えば、カボチャとゆず湯ですよね。これと同じように夏至にも食べられるものがあります。なぜか冬至よりも有名ではありません。

 

そして夏至の食べ物は地域差がかなりあります。また、夏至の数日後の半夏生に食べる食べ物と同じものもあります。

 

関東 小麦餅

昔は稲と麦の二期作をしていました。夏至の時期が小麦の収穫次期で、収穫できたことを感謝して神様にお供えしていました。

 

これが小麦餅を食べるようになった由来とされています。小麦餅はもち米と小麦を半分ずつ混ぜ合わせて、作られるお餅のことです。

 

関西 タコ

タコは栄養価が高い食べ物です。とくに滋養強壮に効くタウリンがたっぷりです。田植えで忙しい時期に旬であるタコで乗り切ろうと食べられていました。

 

また、タコの足のようにこれから田植えをする稲の根が絡みつくように張り巡ってくれるようにという意味も込められてこといました。

 

京都 水無月

京都では夏至に水無月という和菓子を食べる風習があります。暑くて辛い夏を無事に乗り切れるように、無病息災を願って食べられていました。

 

水無月の上に乗っている小豆には魔除けの効果、下側のういろうの三角形は暑気払い(暑さに負けないように)の意味が込められています。

 

6月30日の夏越祓(なごしのはらえ)という行事でも食べる風習があります。

参照:https://fujimuraya.com

福井県 サバ

福井県の大野市では夏至にサバを食べる風習があります。夏至は田植えでかなり忙しい時期でした。

 

それを乗り切る体力をつけるために、栄養豊富なサバを食べるようになった由来があります。

 

当時のこの地域を治めていた殿様が頑張って働く農家にサバを食べるように勧めたという説が残っています。

愛知県 イチジク

イチジクに味噌をつけたイチジク田楽が夏至に食べられている風習があります。

 

暑くなってくる時期に不老長寿の果実とも言われた栄養豊富なイチジクを食べて乗り切れるようにと願掛けしていたと考えられています。

 

香川 うどん

いつでも香川県ではうどんを食べるイメージがあるかもしれません(大晦日の年越しうどんなど)

 

小麦の収穫が終わった時期だったので食べていると考えられています。

 

スウェーデン ニシン

スウェーデンは1年で最も大事な日と言われるくらいで夏至に祭りが開催されます。

 

そのときによく食べられるのがニシンの酢漬けです。(なぜ食べられるのか調べても分かりませんでした)

 

まとめ

夏至はまだ梅雨の時期でジメジメしていますが、本格的な夏がやってくるときです。

 

夏至の食べ物を食べて体力をつけてみましょう。また、食べられるものを収穫できることを感謝してみてはどうでしょうか。