破魔矢ってお正月に初詣に行ったときに売られてますよね。これっていったい何なのか知ってますか?

 

破魔矢の由来や意味について紹介します。また、正しい置き方や置き場所のことも知っておきましょう。

 

それといつまで飾っておくのか処分方法についてもまとめています。

スポンサードリンク

破魔矢とは!由来は

破魔矢は正月に販売(授与)されている縁起物として有名です。

 

破魔矢とは1年間悪いことが起こらないように、悪いことを打ち払ってもらえる縁起物です。

 

破魔矢という名前の由来は

昔には正月のイベントとして弓の技を試す場がありました。この時に向かって矢を射る的(まと)の名前が「はま」と言われていたのです。

 

「はま」に向かって射る矢のことを「はまや」、弓のことを「はまゆみ」とよばれるようなったのです。

 

さらに、「はま」という言葉が「破魔」に通じるものとして、悪いものをやっつけてくれるという意味を持つようになりました。

 

このことから、正月に弓矢のおもちゃを男の子に贈る風習が生まれたのです。(昔は男の子は跡取りとしてとくに大事にされていたため)

 

これが後に正月に1年間の良いこと(縁起)を得ることが出来る縁起物として、神社などで求められるようになったのが由来です。

スポンサードリンク

破魔矢は悪い気(邪気)を打ち払う効果を持っています。本来であれば破魔弓と破魔矢はセットですが、正月では弓だけということは多いです。

 

これは神様や神主さんが弓を使って効果を発揮するためと言われているからです。神社で授与してもらった破魔矢を邪気を払いたい方角に向けておくことで、射てもらえるのです。

 

破魔矢の置き方と置き場所は

破魔矢は邪気を払いたい方向に向けたり、置く場所に気をつけることがあります。まずは置き場所は、神棚があるなら神棚に置きましょう。

 

無い場合には床の間に置きます。これも無い時には、玄関やリビングなどに置くのも問題はありません。

 

どこに飾るとしても、頭の高さよりも高い位置に置きます。これは縁起物を見おろさないようにするためです。また、破魔矢を置く場所は清潔に、整理するようにしておきましょう。

 

そして破魔矢の置き方ですが、どのように置いても大丈夫です。壁にかけるようにしても、立てかけるように置いても良いのです。

 

もし、きちんとした置き方をしたい!!と思っているなら、矢尻の方(矢の尖ってる方)を凶の方向に向けると良いです。

 

凶の方角とは悪いものがやってくる方角と考えられており、矢尻を向けることで打ち破ることが出来ると言われています。

 

この方角は毎年変わります。凶の方角は下の通りです。

 

2017年・・・東

2018年・・・東南東微南(南東の少しだけ東寄り)

2019年・・・南南東微東(南東の少しだけ南寄り)

2020年・・・南

 

この方角は十二支を方角に表します。その年の干支は吉の方角で、その逆の方角が凶に当たります。

 

ws000177

参照:http://www.geocities.jp/

 

2017年は酉年(とりどし)なので、その逆方向の卯年である東が凶の方向ということです。

 

・破魔矢の置き方は頭より高い位置に、出来れば矢の先端を凶の方角に向ける!

 

・置き場所は神棚、床の間があれば置く。無ければ玄関、リビングに置こう。

 

破魔矢はいつまで置いていいの?処分方法は?

破魔矢を授与してもらったけど、いつまで置いてもおいて良いのだろうと思いますよね。時々、いつのか分からないような破魔矢が置いてあるお家もあるくらいです。

 

破魔矢を1年間置いていたけど、その後はどうすれば良いのか困ることはありますよね。捨ててしまうわけにはいかないし。

 

破魔矢の処分方法は授与してもらった神社やお寺に奉納するのが1番良いです。どの神社、お寺でも古くなったお札、お守り、破魔矢などを奉納する場所があります。

 

ここに賽銭箱があれば、購入した(授与してもらった)時とだいたい同じ金額(初穂料と言います)と一緒に納めます。

 

奉納する場所が分からないときには、職員の方に尋ねてみましょう。基本的には破魔矢を買った場所に奉納しますが、どこの神社でもお寺でも受け入れてもらえます。

 

(神社で授与されたものは神社、お寺で授与されたものはお寺に奉納しましょう)

 

どうしても、神社やお寺にお返しに行く事ができないときには、塩をふりかけて清めてから、新聞紙に包んでゴミに出すこともできます。

ws000179

いつまでに破魔矢を奉納するのかは、だいたい1年くらいとされています。お正月に授与されたのであれば、1年後のお正月あたりには奉納しましょう。

 

1月15日のどんど焼き、左義長までに奉納する方が多いようです。

 

奉納できるのは1年中なので、行けるときに行けば大丈夫ですが、あまり効力の切れた破魔矢を長く持ち続けるのは良くないとされているので、早めに奉納しましょう。

 

お家を建てるときの棟上げの破魔矢であったり、初めてのお正月で贈られたりする破魔矢は初物として持ち続けるというのは問題ないようです。