歯磨きは毎日しないとダメな習慣の1つですよね。でも正しく歯磨きのことを知っていますか?

 

歯磨きは食後すぐにした方がいいのでしょうか?ベストなタイミングや1日に何回すれば良いのか紹介します。

スポンサードリンク

歯磨きは食後すぐにする?ベストのタイミングは?

食事をしてからすぐに歯を磨くという人は、意外と少ないものです。

 

食後すぐに動くのが面倒だったり、食事の余韻を楽しみたかったりなど、理由はさまざまですが、なかなかすぐに歯磨きをする習慣を持っている人は少ないでしょう。

 

スポンサードリンク

食後にすぐ歯磨きするのはダメって聞いたことは?

食後すぐにすると、歯を傷つけてしまうのでダメということを聞いたことがありませんか?これは1時期にメディアで取り上げられて、急速に広まった情報です。

 

食べ物の酸を唾液が中和するときに、歯が一時的に柔らかくなります。そのときに、歯磨きをすると歯を削ってしまうというのです。

 

だから、食後すぐに歯磨きをするのはダメで、30分してから歯磨きをしたほうがいいという考えが広がったのです。

 

ただ、これはあくまで実験結果を元に出た情報です。普通の食生活をしていれば、気にするほどのことではないのです。

 

30分待ってから歯磨きするよりも、菌が活動してしまうことをなるべく早く防ぐ方が、歯にとっては良いと日本の歯科学会は見解を出しています。

WS000410

結局、歯磨きのベストタイミングは?

歯を健康に保つためには、歯磨きをするベストなタイミングというものがあります。

 

食事をした後、私たちの口の中では糖が口の中の細菌によって分解されます。この分解されたものが食後数分間で、歯を溶かせるほどの酸に変わってしまうのです。

 

そして、この酸の効力は20分も持続するとされています。

 

つまり、食事してから一息ついて、15~20分後に歯磨きしたのでは、すでに遅いのです。

 

食後すぐに歯磨きをすれば、菌を落とすことができるので、歯のエナメル質を溶かす酸が作られるのを予防できます。食後3分以内に歯磨きをすることが理想とされています。

WS000411

歯磨きは1日に何回する?

朝と夜しか歯磨きをしないという人もいますが、これも間違いです。

 

食事をすることで、口の中が酸性になり、歯を溶かし虫歯になるのですから、食事を摂った後は必ず歯磨きをして、口の中が酸性にならないようにしなければなりません。

 

ただし、1日に何度も何度も歯磨きをしていると、歯や歯茎を傷つけてしまいます。1日に3回までにして、他はうがいをしてすすぐようにしましょう。

 

朝起きてからするのか、朝食後にするのかと考える人もいます。朝起きてすぐの口の中は細菌がかなり多い状態です。

 

ただ、食後にも細菌が増えてきて、食べかすが歯垢の原因になります。朝起きてすぐは、うがいですすいで、歯磨きは朝食後にしましょう。

WS000412

 

歯磨きはどれくらいの時間する?

歯ブラシを使って磨くのであれば、最低でも3分を目安に行うようにしましょう。歯間をフロスなどでキレイにまでしていたら、15分くらいは必要と言われています。

 

1本ずつ歯の表と裏を丁寧に磨いて、歯垢が溜まらないように落とします。

 

虫歯や歯周病を予防するためには、ただ長い時間、歯を磨けば良いというものではありません。歯磨きをする時間が長すぎるのも問題です。歯の表面に傷がつくと知覚過敏の原因にもなってしまいます。

 

力の入れ過ぎもダメですよ。鉛筆を持つように、歯に軽く当てるくらいで十分なんです。

WS000409

歯と歯の間が綺麗に磨けているか、自信がない場合は、歯間ブラシやフロスなどを使って部分磨きをするのも良いでしょう。

 

特に奥歯の隙間は歯ブラシでは磨きにくい場所ですので、歯磨きをした後にこういったアイテムを使うと、口の中をより綺麗にすることが出来ます。

 

歯は悪くなると、なかなか治らない上に寿命にも直結すると言われています。なるべく歯の健康を長く維持できるように頑張って歯磨きをしていきましょう。