鼻づまりがひどくて寝るときに困るということは誰もが経験していることです。寝苦しくなって眠れないという状態はなんとかしたいですよね。

 

こんな鼻づまりを解消する方法はあるのでしょうか。

スポンサードリンク

鼻づまり解消方法

鼻がつまって眠れないときにすぐにでも解消せたり、和らげたりできるものを紹介していきます。

 

ツボ押し

鼻づまりに効くツボを刺激して鼻づまりを和らげる方法です。

 

迎香(げいこう)

小鼻の横にあるツボです。人差し指で左右のツボを刺激します。

ws000243

 

 

睛明(せいめい)

鼻の付け根にあるツボです。こちらも人差し指で優しく刺激しましょう。

ws0002431

 

 

鼻通(びつう)

迎香のツボの少し上側にあり、鼻の両側の少し凹みがあるところです。人差し指で刺激しましょう。

ws00024312

 

 

この3つのツボを刺激すると鼻づまりが解消できます。迎香から睛明までの鼻の両側を上下にさするように刺激するのも効果的です。

スポンサードリンク

ワキを刺激

ワキの下を刺激することで、交感神経が働くので鼻づまりが解消できる方法です。

 

ペットボトルを用意してワキに挟むだけです。もしペットボトルが無ければ、コブシを握ってワキに挟むといいです。

 

左右のワキの下に何度か挟んで刺激しているうちに鼻づまりが解消されます。

 

温める

鼻を温めることで、鼻通りがよくなります。軽く絞ったタオルをレンジで少しだけチンします。これを鼻の上に乗せて温めましょう。

 

レンジでチンが面倒なら、熱いお湯で濡らして絞って鼻に乗せるだけでもよいです。

 

タオルが冷たくなったら、温め直して繰り返します。3回くらいしていると鼻づまりが解消されていきます。熱いタオルで火傷はしないように注意しましょう。

 

息止め

息を止めることで鼻づまりがスッキリする有名な方法です。まずは

 

空気を大きく吸い込みます。次に空気を吐き出します。吐き出すときには、限界ギリギリまで出し切るようにします。

 

その後に鼻をつまみます。そのまま上を向いて2秒、下を向いて2秒。これを限界まで繰り返すだけです。

 

終わったときには鼻づまりが解消されています。

ws000246

お腹を凹ませる

こちらも鼻づまりを解消させる呼吸法で有名です。

 

下っ腹に少し力を入れて、凹ませます。1分間凹ませ続けて終わりです。(呼吸はしていて大丈夫)

 

これだけなのに鼻づまりが解消出来るという方法です。

 

腕立て伏せ

意外と効く鼻づまり解消法です。腕立て伏せをすることで交感神経を刺激するので、鼻が通っていきます。

 

注意することはやり過ぎると寝れなくなってしまうことです。

 

ガムを噛む

ミント系のガムがあれば、噛んでみましょう。スースーして鼻づまりが解消されることが多いです。

 

寝る前ならキシリトール配合のもので、虫歯にならないように。

 ws000245

アロマ

鼻づまりに効くアロマがあるので、試してみましょう。ティーツリー、ペパーミント、ユーカリ、マートルなどがおすすめです。

 

アロマを焚いてもいいですが、マスクに1、2滴垂らして使うとスーッとします。

 

ブリーズライト

用意してないとダメなのですが、ブリーズライトはなかなか効きます。鼻の上に貼るだけで、鼻の中を広げてくれるため、鼻づまりご和らぎます。

 

ブリーズライトってこんなのです⇒⇒ブリーズライト

 

ヴェポラップ

こちらも鼻づまりに効くものです。足の裏に寝る前に塗っておきます。

 

そうするも少しずつ揮発していき、吸い込むため、鼻づまりに効くのです。ヴェポラップってこんなのです⇒⇒ヴィックス ヴェポラッブ

 

風邪の時だけでなく、花粉症などのアレルギーで鼻がよくつまるという人はアロマ、ブリーズライト、ヴェポラップは用意しておいてもよいアイテムです。