初盆、新盆のことはきちんと分かっていますか?迎える側でも招かれる側でもきちんとしてマナー違反にならないようにしたいですよね。

 

初盆、新盆の仕方はどうすればよいのか、正しい迎え方、服装、用意するものなど初盆、新盆とはいったいどんなものなのか知っておきましょう。

 

初盆・新盆にで分からないことがあればすべて解決できるようにまとめています。

スポンサードリンク

初盆・新盆とは

お盆という行事は『盂蘭盆会』という仏教の考え方から来ており、先祖を供養するために行われています。

 

初盆とは亡くなられて四十九日が過ぎてから初めてのお盆のことです。四十九日が終わらないうちにお盆を迎えた時には、次の年が初盆になります。

 

初盆は亡くなった方が初めてお家に帰ってくるので、とくに盛大に行うのです。亡くなった方が生前に付き合いがあった人や親類を招いて法要を行います。

 

お坊さんを呼んで、お経をあげてもらい、参列者と一緒にお墓まいりしてから会食することが多いです。

スポンサードリンク

初盆と新盆の違いは?

亡くなった方が初めて迎えるお盆のことを初盆、新盆と言います。これはただ呼び方が違うだけで意味は全く同じです。

 

また、宗派によって使い分けているというわけでもなく、地域によって呼び方が違います。大まかに分けると西日本は初盆。東日本は新盆が多いですね。

 

初盆の読み方は『はつぼん』

新盆の読み方は『しんぼん、にいぼん、あらぼん』と地域差があります。

 

初盆の時期・期間

初盆の時期と期間はお盆と同じです。昔は7月15日にお盆は行われていましたが、現在では全国的に8月15日に行われることが多くなっており、期間は8月13日~16日の4日間です。

 

今でも7月15日に行われている沖縄、関東の一部などはあり、この場合7月13日~16日です。

 

自分が住んでいる地域のお盆の時期と期間が分からない場合は、お寺に尋ねてみるのが1番分かります。

 

初盆・新盆の迎え方、手順

まずは初盆の迎え方、手順について簡単に流れを知っておいてください。

 

1か月~2か月前

遅くても1か月前にはお坊さんに電話をしておき、初盆の法要のお願いをしておき法要の日にちを決めましょう。お盆は多忙なので、ぎりぎりだと来てもらえなくなることも。

 

法要の日にちが決まったら、参列者へ通知をします。時間と場所について伝えて、参列されるかどうか聞く必要があるので電話や挨拶状で通知します。(電話で済ませるのは基本的に身内だけの場合です)

 

1か月前

参列者の人数が決まって、会食がある場合の料理を手配しておきましょう。こちらも早めに連絡しておいて、当日に人数が増えても大丈夫なように少し多めに用意しておくべきです。

 

また、当日法要に参列していただく方の香典のお返しも用意します。精霊棚、お供え物、盆提灯など必要なものは揃えておく必要があります。(用意するものは後で説明していきます)

 

1週間前

法要の当日にお坊さんや参列者の方に出す和菓子、お菓子、飲み物の用意を忘れないようにしておきましょう。

 

12日夕刻~13日の昼

盆棚を用意して、お供えをしておく。お盆で使うものをすべて用意して、いつでもお迎えできる状態にしておきます。盆棚というのはお供え物などを置いておく棚のことです。

 

13日の昼

家族そろってお墓掃除とお墓参りに行きましょう。お墓参りが終わったら盆提灯に火を灯して、家まで帰ります。(最近ではしないことも多い)

 

13日の夕刻

お仏壇や盆棚の提灯に明かりをつけて、迎え火を庭先で焚いて、死者を迎えます。

 

14日もしくは15日

お坊さんにお経を読んでいただき、みんなでお墓参りに行きます。帰ってきてから会食します。(お墓参りを省略することもあります)

 

お墓参りに行く場合には、車などどうやって行くのか準備しておく必要があります。

 

最近では携帯電話など連絡手段が発達しているので、少ないですが知人などが訪ねてくることがあります。いつ誰が訪ねてきても良いようにいろいろと少しだけ多めに準備しておきましょう。

 

16日の夕刻(15日の夕刻の地域もあります)

庭先で送り火を焚いて、死者を送ります。その後に地域によりますが精霊流しが行われることもあります。

初盆で用意するもの・準備

初盆を迎えるにあたって、前もって用意しておくものがあります

  • 精霊棚
  • お供え物
  • 盆提灯
  • お坊さんへのお布施
  • 参列者へのお返し

 

初盆が近づいてくると、忙しくなってしまうのでなるべく早く用意しておきましょう。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

・精霊棚(しょうりょうだな)とは?

お供え物や位牌などを置く棚のことです。ひな壇のものと、テーブルの形のものがあります。

 

精霊棚にお供えするものは地域差があります。代表的なものを後で紹介しますが、どれもこれも無くてはならない!と考えるよりはご先祖様をお迎えする気持ちの方が大事です。

 

精霊棚に置くお供え物は?

・香(こう)

これは必ず必要です。お線香、抹香、香炉を用意しておきましょう。

 

・灯燭

ロウソクを立てておく台のことです。こちらも必ず用意しましょう。

 

・リン

チーンと鳴らす鐘のを用意して飾ります。

 

・真菰(まこも)

用意した台に敷いて、その上にお供え物を置いていきます。真菰は薬用成分を含んだ植物で、精霊棚を清浄な場所にしてくれると考えられています。

 

・笹竹

精霊棚に笹竹をつけて、しめ縄で囲うようにします。

 

・お膳

食事ができるような小さいお膳を用意します。ご飯、汁物、お漬物、プラス2品くらいのことが多いです。

 

・ソーメン

ご先祖様がお帰りになるときに使う紐と見立てています。また、細く長い形をしているので、喜びや縁起がよいことが続くようにと意味があります。

 

・ほおずき

提灯の形に似ているので、ご先祖様がお帰りになるときに迷わないようにという意味があります。

 

・昆布

喜びを表しているものだそうです。

 

・水の子

茄子や胡瓜をさいの目にしたものと、洗った米を混ぜたものを綺麗なお水につけて器に入れてお供えします。あの世で飢えたときに、食べやすいようにという意味があります。

 

・閼伽水(あかみず)

器に蓮の葉を敷いて綺麗な水を入れてお供えします。この器にみそはぎを立てかけておきます。これは穢れを払う意味があります。

 

・みそはぎ

みそはぎという花を5~6本くらい束ねたものをお供えします。みそはぎは『禊萩(みそぎはぎ)』とも言われており、悪霊を払う意味があります。

 

・夏野菜、果物

これは何でも大丈夫ですが、この時期の野菜や果物をお供えしておきましょう。

 

・盆団子

どんなお団子でも大丈夫ですが、おはぎをお供えすることが多いです。最終日の16日には送り団子といって何もつけていない白団子をお供えします。

 

・生花

とくべつにどの花にするという決まりはありませんが、バラなど刺があるものは避けておきましょう。

 

・精霊馬

きゅうり、ナスにつまようじや割り箸をさして作るもので、精霊棚にお供えします。これは牛や馬に見立てており、ご先祖様が乗るものと考えられています。

 

精霊棚・精霊馬の飾り方!お供えの仕方は?

お供えするものが用意できたら、飾っていかないといけません。絶対にこうしないとダメというものではありませんが、基本的な飾り方は知っておきましょう。

 

まずは精霊棚を組み立てたら真菰(まこも)を敷きましょう。そして笹竹を支柱として立てて、しめ縄を飾ります。

 

しめ縄には生のままのソーメン、昆布、ほおずきをつるします。(しめ縄をしなかったり、しめ縄につるさない場合には、器に入れてお供えすれば良いですよ。

 

精霊棚の1番奥には位牌を配置して、その前にお膳をお供えします。1番手前にはお線香、香炉、ロウソク、リンを置いて、他は開いたスペースにお供えするくらいで大丈夫です。

 

また、お供えする物で日持ちするものはお盆の間はお供えしておいて良いですが、お膳のものなど日持ちしないものは毎日新しいものをお供えするようにしましょう。

参照:http://www.osohshiki.jp

 

参照:http://kaigen-ji.jugem.jp

 

参照:http://www.ohnoya.co.jp

 

参照:http://about-obon.org/

 

 

盆提灯を用意しよう!初盆は白提灯?

初盆のときに用意する盆提灯は模様が入っていない白提灯と模様が入ったものです。

 

白提灯は1つだけを軒先につるしますが、場所がない場合は仏壇の前に飾りましょう。この白提灯は初盆のときだけに飾ります。

 

模様がはいった盆提灯は親戚や知人が贈るものという風習がありますが、現在ではお金を用意してもらって身内が買うということも多いです。

 

盆提灯は亡くなった方が迷ったりしないように目印として用意するものです。また、ご先祖様に対して感謝の気持ちを表すものと考えられています。

 

盆提灯の置く場所は

精霊棚の1番手前の左右に模様がついた盆提灯を置きます。(初盆の白提灯は軒先、窓の近く、仏壇の前に置きましょう)

 

盆提灯はスペースがあれば、いくつ飾っても問題ありません。地域によっては空いたスペースいっぱいに盆提灯を飾るところもあります。

 

地域や家庭によってお供えの仕方は様々で、こうしないとダメだというのはありません。

 

 

お坊さんのお布施を用意しよう!

次に初盆の前に用意しておくのとして、法要に来てお経をあげていただくお坊さんへのお布施があります。

 

お布施の金額の相場は?

初盆のお布施の金額の相場としては30,000~50,000円が最も多いようです。

 

これを白い無地の封筒に入れて、表書きは『御布施』、『御経料』として、その下には○○家と書きます。もしくは何も書かなくて大丈夫です。

 

裏側には名前と住所を書いておきましょう。(薄墨を使ったりせずに、普通の黒い墨で書きます)

 

また、地域によってはお布施とは別にお車代(5,000~10,000円)、御膳料(5,000~10,000円)を渡すこともあります。この場合は別の封筒に入れて渡すようにします。

 

お坊さんが食事をして帰られる場合には御膳料は必要ありません。すべて渡す場合には3つの封筒にそれぞれ、『御車代』、『御膳料』と表書きしておけばよいです。

 

お布施を渡すタイミングは?

お坊さんに渡すときには、小さいお盆に乗せて渡すようにしましょう。ない場合は袱紗(ふくさ)に乗せて渡します。

 

渡すタイミングはお坊さんが帰るときです。食事をされる場合は食事が終わったときに。食事されないときは読経が終わったときです。

 

『本日はありがとうございました。お礼でございます。どうぞお納めください』などお礼の言葉と一緒に渡しましょう。

 

初盆のお返しを用意しよう!

初盆に参列していただいた人、盆提灯をいただいた人、贈り物をしていただいた人、香典をいただいた人には必ずお返しをする必要があります。

 

参列していただいた人には会食でお返しするという意味もあります。それから会食後のお帰りのときにお返しを渡すようにしましょう。参列せずにいただいた時には、お返しを後日に郵送する必要があります。

 

お返しするものは後に残らない消耗品が良いとされています。また、参列者の方が持ち帰るのが大変ではないように、あまり重くてかさばるものは選ばないようにします。

 

初盆のお返しの金額相場は?

お返しの金額はいただいた物の金額によります。いただいた金額の1/3~半分くらいが相場です。参列した方にはその日にお返しする必要があるので、金額は分かりません。

 

香典の相場が5000~10000円をくらいなので2000~3000円くらいのお返しを用意しておきます。

 

もし思っていた金額よりも高額だったときには、後日お礼状を添えて新たにお返しをすれば大丈夫ですよ。

 

初盆のお返しの熨斗と水引は?

水引は結びきり

 

熨斗には『志』『初盆志』『新盆志』『粗供養』『初盆供養』『新盆供養』がよく使われています。そして、下側には施主の名前をフルネームで書くようにします。

 

水引の色は白黒がよく使われています。(関西では白黄が使われていたりします)迷った場合は白黒の水引を選べば問題ありません。また、『結びきり』『あわじ切り』の水引でないとダメですよ。

 

初盆のお返しの挨拶状は?

参列された方へはお返しの引き出物に挨拶状は添えておきます。また、引き出物を郵送する場合にも挨拶状は添えて出しましょう。

 

引き出物と別に挨拶状を出す場合には『拝啓』『敬具』をつけるようにしましょう。引き出物に添える場合は必要ありません。

 

法要に参列していただいた方には

拝啓

時下ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます

この度 亡父○○○(故人の名前)儀 初盆に際しましては

お暑い中をまたご多忙中にもかかわらずお集まり頂きご鄭重なるご厚志を賜り

大変有難く存じております

故人もさぞかし浄土において感謝していることと思います

ささやかではございますが 亡父の初盆供養のしるしとして心ばかりの品を用意いたしました

何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます

略儀ながら書中をもちましてお礼のご挨拶とさせていただきます

本日はまことに有難うございました

敬具

参照http://awake-ikiiki.com

 

法要に参列されなかった方には

拝啓

この度の故母の新盆に際しましては

過分なる御厚志を賜り誠に有難うございました

謹んで仏前に供えさせていただきました 心から御礼申し上げます

私どもも 新盆を向かえやっと落ち着いてまいりました

まだお暑い日が続きますので お身体気を付けてお過ごしください

                       敬具

拝啓

毎日お暑い日が続いております お変わりございませんか

この度の故山田太郎の新盆に際しましては 過分なる御厚志を賜り誠に有難うございました 謹んで仏前に供えさせていただきました

故人もさぞかし感謝していることと思います 私からも心から御礼申し上げます

季節の変わり目ゆえ何卒御自愛下さい 略儀ながら書中をもちまして御礼申し上げます

                       敬具

参照:http://www.aripo.jp/blog/

 

初盆の法要の仕方、流れ

次に初盆の法要の仕方について紹介していきましょう。初盆の1~2か月前までにお寺に電話して予約しておくのは忘れないようにしましょう。

 

法要が決まったら参列者の方へ案内状を出すことになります。

 

初盆の法要の案内状

親戚などの身内ばかりなら案内状でなく、電話で済ませることもあります。生前に関わりの深かった方へはそうはいかないでしょう。

 

案内状で初盆の法要のことと通知して、参加できるか聞くようにしましょう。挨拶状に入れる内容は

 

  • 挨拶
  • 法要の日付、時間
  • 法要の場所
  • 送り主の住所、連絡先(電話番号)
  • 出欠の返信の期日
  • 法要後に会食があること
  • 出席かどうか相手が書く欄

 

これらはすべて案内状に書く必要があります。便箋に書いて封筒に入れて、返信用はがきを同封することになります。もしくは往復はがきで送るようにしましょう。

 

挨拶の例(横書きの場合です。ハガキで縦書きにするなら下記⇒左記などに)

 

拝啓

梅雨の候 皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

このたび 亡父○○の初盆供養をいたしたく存じます

つきましては下記のとおり相営みたく存じますのでご多忙中誠に

恐縮ではございますがご参列賜りますようお願い申し上げます

敬具


日時 ○月○日○曜日 ○時より

場所 ○○

住所 ○○○○○

平成○○年○○月○○日(案内状を出す日)

尚 初盆終了後○○にて会食の席を設けておりますのでご臨席を賜りますようお願い申し上げます

お手数ですが 某月某日までに返信用ハガキを投函戴ければ幸いです 

 

こんな感じで書きます。今では簡単に『初盆 案内状』と検索すれば、文面も用意されたものを用意してくれる業者さんが見つかります。

 

往復はがきを用意したりとよく分からないのであれば、利用してみてはどうでしょうか。

 

法要で座る場所

精霊棚の前にお坊さんの席を用意しておきます。席は座布団だけでも大丈夫ですが、お坊さんが年を取られていて、正座できないこともあります。

 

そんな時には椅子を準備しておく必要があります。その他の場所には座布団を用意しておきましょう。座れない人のために、後ろの方に椅子を用意しておいてもよいです。

 

お坊さんのすぐ後ろには施主が座ります。そして前から血縁が濃い人から順に座っていきます。

 

法要の開始の挨拶

お坊さんが到着したら、お迎えして精霊棚の前の席に案内しましょう。そして施主の挨拶を一言述べます。

 

集まってもらったお礼と、初盆の法要の開始とお坊さんへのお願いを述べるくらいで良いです。

 

『本日はお暑い中、またお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。それでは父○○の初盆の法要を始めさせていただきます。それではよろしくお願いします(お坊さんに向かって)』

 

読経・焼香・法話

お坊さんにお経をあげてもらいます。そして、お坊さんの合図で施主から順に前からご焼香していきましょう。すべて終わったら香炉をお坊さんにお返しします。

 

お経を読み終えたら、お坊さんから一言お話があることがあります。

 

お坊さんが帰る

法話まで終わったらお坊さんは帰られます。このタイミングでお布施を渡しましょう。もし会食まで参加されるのであれば、会食後にお布施は渡します。

 

お墓参り

お坊さんが帰られたら、一緒にお墓へと移動します。参列者の方が全員行くかは分かりませんが、遠い場所なら車の手配が必要です。

 

車で乗り合わせていくか、バスを予約しておきましょう。(遠い場合にはお墓参りに行かない場合も多いです)

 

法要後の食事 御斎(おとき)

法要後の食事のことを御斎と言います。御斎を行う前に施主から一言挨拶しましょう。

 

『本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうござました。おかげさまで初盆の法要は無事終えることができ、父も喜んでいると思います。

 

どうかこれからも変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。粗宴(そえん)ではございますが、お膳を用意いたしました。

 

皆様とともに父をしのびたいと思います。お時間の許す限り、ごゆっくりなさってください。本日はまことにありがとうございました。』

 

御斎が終われば参列者の方は帰られると思いますが、お帰りの際には来ていただいたことの感謝の言葉を一言伝えておきましょう。また、香典のお返しを渡すことを忘れないようにしましょう。

 

初盆・新盆の服装は

初盆の服装は身内だけの場合、法要に招いている人がいる場合などで変わることがあります。暑い時期なので必ず礼服じゃないとダメということはありません。

 

服まで着ないというのであれば平服(へいふく)で大丈夫です。(平服とは普段着という意味ではありません。略した礼装のことです。)

 

初盆の服装 迎える側

知人などを招いて法要を行う場合、親族は喪服が一般的です。迷うくらいなら喪服を着るようにしましょう。暑い時期で、喪服までは着ないというのであれば平服(へいふく)で大丈夫です。

 

ジーパン、短パン、Tシャツなんてことは常識としてアウト、色が派手な服、アクセサリー、時計もやめておきます。

 

平服を着ていく場合について紹介しておきます。

男性なら、スーツとネクタイは(黒、紺、グレー)で地味な色のもの、靴下は黒、シャツは白、靴は黒色にしておきます。時計はしない方がマナーが良いとされています。

 

女性なら、黒、紺、グレーのワンピースもしくはスーツが無難です。シャツを着る場合の色は白色で、胸元が開いていないタイプを選びましょう。

 

ストッキングは黒もしくは肌色、靴は黒のパンプスで光沢が無いものが良いです。アクセサリーはパールくらいにしておきます。

 

子供なら制服がある場合には、制服で問題ありません。制服が無い場合には、黒、紺、グレーの色の服を選べば大丈夫です。

 

初盆の服装 招かれた側

招かれた側の服装も基本的に喪服なら間違いありません。どうしようどうしようと思うくらいなら喪服を着て行きましょう。最近では平服を着るということが増えてきています。

 

喪服は説明がいらないと思うので、平服についてですが、上に書いた迎える側と同じです。黒色、紺色、グレーのもので地味な色のものを選んでおきましょう。

 

初盆はあまり集まらない親戚が集まったり、嫁入り、婿入りした人の服装もチェックされて、マナーがなっていないなんてことも起こることがあります。

 

地域差があって喪服なんて着て行ったら故人がゆっくり出来ないといって普段着で初盆の法要を行う地域もあるくらいです。不安な場合にはどんな服装が良いのか1度訪ねておくことをおすすめします。