お正月に出かけるところと言えば神社への初詣が定番ですよね。

 

この初詣って何の意味があってするのか知っていますか?また、どのようにして始まったのか由来についても紹介します。

スポンサードリンク

初詣に行く意味は?

初詣とは年が明けてから、初めて神社やお寺にお参りすることです。

 

初詣をする意味は、前の年を無事に過ごせたことを感謝して、新たな1年を無事に過ごせるようにお願いをするためです。

 

ちなみに皆さんのお家には歳神様という神様がお正月にはやってきます。これをおもてなしするのが、門松、鏡餅などを飾る理由です。

 

神社での初詣は違う神様で、氏神様という神様にお参りにいきます。この氏神様に感謝と新たな祈願をするために、初詣に行くのです。(現在では氏神様ではない神様にも初詣に行くようになっています)

スポンサードリンク

初詣の由来は?

現在のような形の初詣になったのは明治時代くらいなんです。

 

もともとは、家族の長(1番偉い人)が氏神様の神社に12月31日の夜から1月1日の朝までお泊りするという習慣だったのです。

 

これを「年籠り(としこもり)」と呼ばれていて、感謝と祈願をしていました。これが少しずつ変化していったのです。

 

年籠りがまずは2つに分かれました。

 

12月31日の夜に行う除夜詣(じょやもうで)

1月1日の朝に行う元日詣(がんじつもうで)

 

この2つに分かれてから、しばらくすると元日詣だけが行われるようになっていったのです。(簡略化されるようになったんですね。)元日詣だけになったのは明治時代の中期くらいでした、

ws000181

そしてこの頃はまだ、氏神様の神社だけに初詣をしていたのがほとんどのようです。中には自分の家から見て恵方(良い方向)にある神社に初詣するということもありました。

 

現在のように氏神様の神社以外にも初詣に行くようになったのは、鉄道会社によるものなんです。昔は鉄道会社はたくさんあり、お客さんを集める必要がありました。

 

初詣に行く人に鉄道を利用してもらうために宣伝しまくったのです。

 

鉄道会社を利用してもらえる場所にあった神社を恵方にある神社ですよと、猛アピールした結果として神社が氏神様かどうかは関係なくなっていきました。

 

いろいろな鉄道会社がこの宣伝をしたため、恵方(良い方角)という意味が薄れていき、どこの神社に初詣しても良いという状態になったのです。

 

そして、大正時代の後半からどこの神社でも1年で初めてお参りするという意味から、「初詣」という言葉なっていきました。