ワインのイベントと言えば、ボージョレーヌーボーの解禁日ではないでしょうか?

 

そもそもボジョレーヌーボーとはなんなのか知っていますか?なぜおいしくないのに盛り上がっているのか、そして、今年の解禁日はいつになるのでしょうか!

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの解禁日は?なぜ解禁日がある?

まずはボジョレーヌーボーの解禁日がいつなのか知っておきましょう。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日です。

 

この日が解禁日になっている理由は法律で決められているからです。フランスのワイン法という法律で決められていて、これより早く販売するのはダメなんです。

 

この日よりも早く販売してしまうと、ワインの出来が悪くなってしまうため、この日まではダメですよと決められたそうです。(昔は11月15日に統一されていました。)

 

2016年11月17日の木曜日。

2017年11月16日の木曜日。

2018年11月15日の木曜日。

2019年11月21日の木曜日。

2020年11月19日の木曜日。

 

この日の午前0時に解禁となります。これより早く販売されていたら、法律違反ですよ!

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーとは!

それではボジョレーヌーボーとはそもそもなんなのでしょうか。

 

ボジョレーヌーボーとはフランスのブルゴーニュ地方で作られているワインの種類の一つです。その年に収穫された、ガメイ種という品種のブドウを原材料として作られているんです。

 

ボジョレーヌーボーはその年に収穫されたブドウで作られて、その年に販売されるという新しいワインなんです。

 

早く作るために独特の製法が利用されています。その製法とは「炭酸ガス浸潤法」と呼ばれています。他のワインと違ってブドウを潰さずに、タンクにそのまま、どんどん入れて行って発酵させるというもの。

 

この製法を使うと、早くワインができるので、渋みや苦みが少なくフレッシュで軽く飲みやすい特徴があるのです。

ws000095

なぜこんなに早く作ってしまうのかと言うと、その年のブドウの出来を確認するために作られているもので、今年のブドウはどうかな!?早くワインにして試し飲みしよう!というイベント的なものなんです。

 

これを飲むことができるようになる解禁日を制定したり、ワインの輸送技術が向上したのが重なって、全世界にボジョレーヌーボーの解禁というイベントが浸透していったのです。

 

ちなみにボジョレーヌーボーの解禁日のイベントは全世界で日本がもっとも大々的なのは知っていましたか?作られたボジョレーヌーボーの内50%が日本で消費されています。

ボジョレーヌーボーはなぜおいしくない!?

ボジョレーヌーボー解禁!!飲もう!!おいしくないなぁという経験はありませんか?ボジョレーヌーボーがおいしくないという意見の人は少なくないようです。

 

ボジョレーヌーボーの製法は上で紹介したとおりなんですが、作る時間を短くしているので、渋さや苦みが少ないのです。

 

ワインといえば、渋みがあって深みがあるというものと思っていると、まずいと思ってしまうかもしれません。ボジョレーヌーボーの良さはあっさりとした、フレッシュな口当たりなのです。

 

フレッシュで飲みやすいことから、どんなおつまみにも基本的には合います。解禁というイベントとして、ボジョレーヌーボーを楽しんでみてはどうでしょうか。

ws000098

それでは、ボジョレーヌーボーを少しでも美味しく飲むための方法を紹介していきます。

 

・温度は10℃くらい(常温から冷蔵庫に入れて1時間くらい)。ボジョレーは香りが弱いので、冷やしすぎると味気ない感じになってしまいます。

 

・ワイングラスの飲み口は小さいものを。こちらもボジョレーの香りの弱さからで、飲み口が広がっているタイプのグラスだと香りが逃げやすいのです。キュっとしぼんだタイプのワイングラスの方が香りを楽しめます。

 

・年内に飲む。ボジョレーは若いワインなので、寝かせておいても美味しくはなりません。古くなる前に早めに飲んでしまいましょう。

 

・合わせるものは濃くないもの。ボジョレーは軽いため、味の濃いものをつまみにして、飲むと負けてしまいます。白身の魚や、塩味の焼鳥、和食などあっさりとしたものと飲むといいでしょう。