ひな祭りは女の子のための行事としては有名ですが、知らないこともありますよね。

  • ひな祭りの由来は?
  • ひな人形を飾る意味は?
  • どうして桃の花なの?

 

今回の記事ではひな祭りがどんな日なのか紹介します。

また、子供向けに簡単に説明できるようにまとめてみました。

スポンサードリンク

ひな祭りを子供向けに簡単に説明しよう

お子さんにひな祭りって何なの?と聞かれたらきちんと答えてあげたいですね。

 

ひな祭りってなあに?と聞かれたら

  • ひな祭りは、○○ちゃんが元気でいられますようにってお願いするお祭りだよ
  • お人形さんが○○ちゃんを見守ってもらえるように飾るんだよ!

 

この2つを伝えられたら十分でしょう。

もう少し詳しく説明したいなら↓

 

どうしてひな祭りをするようになったの?と聞かれたら

  • 昔々中国では、川で身体を洗って悪いものが溜まらないように流していました。
  • これが日本に伝わってきたけど、手足を洗わずにお人形に悪いものを持っていってもらうようにお願いするようになりました。
  • お家でお人形遊びをするようになって、大事にするようになったの。
  • お人形を川に流すのはやめて、飾ってお祝いするようになったんだ。

 

この流れでひな祭りが行われるようになりました。

お子さん向けにおすすめの絵本があるのでどうでしょうか?

⇒⇒ひなまつりにおひなさまをかざるわけ [ 瀬尾七重 ]

 

ここからは少し詳しく見ていきましょう。

ひな祭りを行う意味は

3月3日にひな祭りが行われるのは、『女の子が健康に成長しますように』という意味が込められています。

 

節句というのは年に5回あります。

この節句は暦の節目で、縁起が良くお祝いごとに向いている日とされています。

(奇数が重なる日は邪気を払うことができる)

 

  • 人日(じんじつ)の節句:1月7日(七草粥)
  • 上巳(じょうし)の節句:3月3日(桃の節句)
  • 端午(たんご)の節句:5月5日
  • 七夕(しちせき)の節句:7月7日(七夕祭り)
  • 重陽(ちょうよう)の節句:9月9日(菊の節句)

 

この中で3月3日の上巳(じょうし)の節句は日本では桃の節句としてお祝いしています。

どうしてこの日にひな祭りをするようになったのでしょうか。

ひな祭りの由来

ひな祭りが始まったのはいつからというのは、歴史上はっきりしていません。

有力な説としては、『人形遊び』、『流しびな』、『節句の儀式』が合わさったものです。

①人形遊び

平安時代には、貴族の女の子たちが人形遊びをしていました。

屋敷(お家)に人形を飾ったりしていたのです。(現在のリカちゃん人形のような感じですね)

元々は遊びだったので、ひな祭りのことを『ひなあそび』とも呼ばれているのはこのためです。

②流し雛

平安時代には「流し雛(ながしびな)」という行事がありました。

紙で作られた人形を川に流すことで、厄払いとしての意味を持っていたのです。

昔々、中国には徐肇(じょちょう)という男がいました。

3人の女の子が生まれましたが、3人とも亡くなってしまったのです。

亡くなった女の子を川に流して水葬したのが、流しびなの始まりという説もあります。

③節句の儀式

年節句にはいろいろな儀式が宮中で行われていました。

お祝いのため宴会が3月3日に開かれていたのです。

中国では縁起の悪い日として、水で洗い流して清める『曲水の宴』というものがあります。

この、3月3日に身を清めることが伝わったとされています。

④江戸時代に合わさっていった

上に書いた『人形遊び』、『流しびな』、『節句の儀式』が合わさり、上巳(じょうし)の節句(桃の節句)に人形を飾るようになりました。

 

江戸時代の最初は男女のお内裏様とお雛様の2種類だけでした。

穢れや災厄を一生身代わりしてくれるものという考えになり、嫁入り道具の1つになったのです。

この過程でどんどん、大規模に、豪華になっていったのです。

 

そして江戸幕府は3月3日を桃の節句として女の子の行事として定めたのです。

(それまでは男女関係のないお祝いで、日付も決まっていなかった)

 

ひな祭りはどんどん広がり、江戸時代の中期にはひな人形が流行しました。

  • ひな合わせ・・・ひな人形を見せ合う
  • ひなの使い・・・豪華なご飯を持って親戚に行く
  • ひなの国見せ・・・ひな人形に外の景色を見せる

こういったひな遊びが流行していたのです。

 

(ちなみに徳川吉宗の時代に、消費を管理するために大きな雛人形を禁止するという規制が出たことがあります。

大きいものが禁止されたことで、小さくても精巧な人形が作られるようになりました。)

ひな人形を飾る意味

草やワラで作った人形で身体をなでて、災厄を移して川に流すという風習がありました。(流し雛)

 

ひな人形は災厄を受けてくれる身代わりとして考えられています。

つまり、『ひな人形を飾るのは女の子が健康にいられますように』という意味が込められているのです。

桃の花を飾る意味

桃の花には『魔除け』のパワーがあると考えられています。

 

中国では、桃の花を入れたお酒を飲んだり、桃の花を浮かべたお風呂に入って邪気払いをする風習があります。

また、桃の花の成分には皮膚病に効くものがあり、薬としても使われていました。

 

3月3日ごろには桜の花が咲く季節だったので、桃の節句と呼ばれるようになったのです。

桃の花が咲く季節に、女の子に悪いものがやってこないように飾られています。

ひな祭りの食べ物には意味がある!

ひな祭りに食べる物にもそれぞれ意味があるので、知っておきたいですね。

ひなあられ・ひしもち

3色は自然を表し、自然エネルギーをもらって健康に

はまぐり

夫婦円満、良い相手に恵まれるように

ちらしずし

ちらしずしの具に意味があり、エビ(長寿)、レンコン(見通しがきく)、豆(まめに働く)など

白酒

もともとは桃花酒。桃には邪気払いのパワーがある

ひな人形を早く片付けないと、お嫁に行き遅れる?

ひな祭りが終わったらすぐに片付けないと!行き遅れちゃうというのは有名ですね。

運気がダウン

ひな人形は身代わりになって、災厄を受けてくれるのですが集めすぎてしまうとも言われています。

そのため、悪い気が溜まり過ぎてしまうので結婚運がダウンしてしまうのです。

片付けのしつけ

しつけからという説もあります。

すぐにきちんと片づけられないような人は、お嫁になんて行けませんよということから。

 

ただ、これは迷信として言われているだけで、そこまで気にする必要はありません。

天気の良い日にきちんと丁寧に片付けるようにしましょう。

まとめ

ひな祭りをする意味、由来については分かったでしょうか。

『邪気を払って、女の子が健康に成長しますように』という意味が込められたお祭りです。

 

ものすごい豪華にする必要はないと思いますが、お子さんの成長をお祈りする風習としてして成長を楽しみにしていきたいですね。