ひな祭りは女の子のためにするイベントです。ただ、何のために行うのか知っていますか?

 

ひな祭りはどのような由来で始まったのでしょうか。また、ひな祭りで食べられるあられ、はまぐり、ちらし寿司、菱餅にはどんな意味があるのでしょうか。

スポンサードリンク

ひな祭りはなぜ行う?由来は?

ひな祭りが行われるのは、「女の子が健康に成長しますように」という意味が込められています。

 

ひな祭りが始まったのはいつからというのは、歴史上はっきりしていません。古くは平安時代に始まったとされる説があります。

 

この当時は貴族の女の子たちの、人形遊びとして行われていました。人形と屋敷の形で遊ばれていました(現在のリカちゃんハウスのような感じですね)

ws000283

また、平安時代には「流し雛(ながしびな)」という行事があり、昔の暦の3月3日の節句に行われていました。紙で作られた人形を川に流すことで、厄払いとしての意味を持っていたのです。

 

この紙で作られた人形は、厄除けやお守りとして考えられ、祀られるようになりました。

 

人形遊びと流し雛がいつしか、結びついていき現在のひな祭りへと形を変えていったことが由来と考えられています。

ws000284

江戸時代の最初には男女のお内裏様とお雛様だけだったようです。

 

いつしか、飾り物として考えられるようになっていき、縁起物としても考えられるようになり、嫁入り道具の1つに数えられるようになりました。

 

この過程でどんどん、大規模に、華美になっていったのです。

 

(ちなみに徳川吉宗の時代に、消費を管理するために大きな雛人形を禁止するという規制が出たことがあります。大きいものが禁止されたことで、小さくても精巧な人形が作られるようになりました。)

スポンサードリンク

ひな祭りで食べるものに意味はあるの?

ひな祭りでよく食べられるものとして、あられ、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物があります。これらにはそれぞれ意味があるのは知っていますか?

 

あられの意味は

あられはひな祭りでお供えされるお菓子です。カラフルなんですが、色には意味があります。

 

  • 白色・・・雪
  • 緑色・・・木の芽
  • 桃色・・・生命

 

自然のエネルギーを表しているとされ、これを食べることでエネルギーを授かり、健康に過ごすことができるという意味が込められています。

ws000285

はまぐりの意味は

はまぐりは2枚貝で、それぞれがぴったりと合いますよね。他の貝と合うことはないので、夫婦が仲良くという意味が込められています。

 

つまり、ひな祭りではまぐりを食べるのは、良い相手に巡りあえますようにということを意味しています。(さらにひな祭りの時期にはまぐりが美味しくなる季節でもあります)

ws000287

ちらし寿司の意味は

ちらし寿司が食べられるようになったのは、ひな祭りの由来となった平安時代からと考えられています。(この時代はエビと菜の花だけのお寿司でした)

 

そして、どんどん見た目が華やかな現在のようなちらし寿司へと変化していきました。とくべつ、ひな祭りに食べるちらし寿司に意味があるわけではないのです。

 

ちらし寿司は縁起物として具材ごとに意味が込められています。(正月に食べられるおせちと同じような感じですね)

 

エビ・・・背中が曲がるくらい長生き

豆・・・豆に働くということから、仕事が上手く行くように

レンコン・・・長い穴が開いていることから、見通しがきくように

ws000286

菱餅(ひしもち)の意味は

菱餅が3色あるのにはそれぞれに意味が込められています。

 

白色・・・菱の実が入っており、子孫が繁栄するようにと長生きできるように

緑色・・・よもぎが入っており、香りが強いことから厄払い(悪いものを寄せ付けない)

赤色・・・クチナシが入っており、赤色は昔から魔除けの意味がありました。

 

これ以外の意味としては、3色が重なっていることから、春先の新しい命が産まれるということをイメージしているとも言わています。(緑・・・木の芽、白・・・雪、赤・・・桃の花)

 

雪から芽が出て、花が咲くというのをイメージしたそうです。

ws000288