ひな人形を出す時期って正しく知っていますか?

 

片付けるのが遅れると、婚期が遅れるなんて言われたりしますよね。また、大人になってからも出すものなのでしょうか?

 

ひな人形を出す時期と年齢はいつからいつまでなのでしょう。

スポンサードリンク

ひな人形を出す時期はいつから?

ひな人形を出す時期としては、立春から2月の中旬くらいが目安です。

 

立春は節分の日の次の日に当たります。豆まきをして、恵方巻を食べた次の日から出す準備を始めていきましょう。

 

そして、タイミングがなかなか無くてひな人形を出せなかったとしても、ひな祭りの1週間前には出した方が良いとされています。つまり2月24日までです。

 

(2021年だけ2月3日が立春。それ以外の年は全て2月4日が立春。)

 

ひな人形を出す時期は2月4日~2月24日

スポンサードリンク

ひな人形を出すのに良い日は?

ひな人形を出すのは上に書いた通りの時期ですが、1番良い日はいつなのでしょうか?

 

よく言われるのが「大安」の日です。「大いに安し」という意味を持ち、縁起が良い日と考えられています。

 

日本人は大安、友引、仏滅などの六曜という考え方が大好きなので、よく言われているものです。

 

ただし、大安に出さないとダメという決まりはありません。自分が出せるタイミングで出してしまって大丈夫ですが、縁起を担ぎたいなら大安を狙って出しましょう。

 

2月4日~2月24日までの大安の日を書いておきます。

 

2017年の大安・・・2月7日、13日、19日

2018年の大安・・・2月9日、15日、20日

2019年の大安・・・2月4日、15日、21日

2020年の大安・・・2月4日、10日、16日、22日

ws000282

大安以外で出すと良いとされているのが、「雨水」です。

 

雨水は二十四節気という暦の考えからくるものです。立春、冬至、夏至とかが有名です。雨水は雪から雨に変わり、氷が溶けて水に変わる時期のことです。

 

この雨水にひな人形を出すと良い縁を得られると考えられています。水は生命の源であり、子宝を表しています。

 

この雨水の時期に縁起を担いでひな人形を出すのも良いと思います。

 

2017年の雨水は2月18日~3月4日

2018年の雨水は2月19日~3月5日

2019年の雨水は2月19日~3月5日

2020年の雨水は2月19日~3月4日

 

出すことができるのであれば、雨水の初日に出してしまいましょう。

ws000284

ひな人形を出す時期はいつまで?

ひな人形をいつまでも出しておくと婚期が遅れるなんていいますが、いつ片付ければ良いのでしょう。

 

基本的にはひな祭りが終わってから2週間までには片付けてしまいましょう。つまりは3月の中旬くらいまで。ひな人形を片付ける1番良いとされているのは、啓蟄(けいちつ)の日です。

 

この啓蟄も二十四節気の1つで、雨水の次です。ただし、啓蟄の日に片付けようと思ったらかなり早くなります。

 

2017年の啓蟄は3月5日

2018年の啓蟄は3月6日

2019年の啓蟄は3月6日

2020年の啓蟄は3月5日

 

この日に片付けるのが1番良いのですが、なかなか難しいですよね。しかも、ひな人形を片付けるのは湿気対策から晴れた日の方が良いのです。

 

ひな祭りから2週間以内の天気の良い日に片付けるようにしましょう。

ws000283

ひな人形は何歳まで飾る?

ひな人形は子供のものとされており、いったい何歳まで飾るのが正しいのでしょうか。ひな人形はいつまでというのでなく、いつまでも飾るのが良いそうです。

 

ひな人形は身代わりに厄を受けてくれると考えられています。

 

小学校卒業まで、中学卒業まで、結婚するまでなど人それぞれなのですが、いつまでも飾るものです。

 

結婚してからも持って行き、飾り続ける。もしくは実家で飾り続けるのです。

 

基本的にはひな人形は1人で1つとされており、身代わりしてくれるのは1人だけ。娘さんが産まれた時には、新しいひな人形を用意するのが正しいようです。

 

(現在では、事情もそれぞれなので難しいですが・・・)

 

もしも、ひな人形を収納しっぱなしにして、出さなくなる時には供養してあげましょう⇒⇒どうしよう!?ひな人形の処分方法とは?