除夜の鐘とは、いったいなぜうち鳴らすのか知っていますか?

 

  • 除夜の鐘の由来は?
  • 除夜の鐘の意味は?
  • なぜ108回うつの?
  • うつタイミングはいつからいつまで?
  • 除夜の鐘のつき方の作法
  • 近年はクレームがすごい!?

などなど。今回の記事では、除夜の鐘について詳しく紹介します。

スポンサードリンク

除夜の鐘とは

除夜の鐘は、年末年始に仏教のお寺で鐘を108回つく日本独自の行事です。

 

ちなみに除夜の鐘を英語で言うと

「Bell of New Year’s Eve」もしくは「bells ringing out the old year」です。

スポンサードリンク

除夜の鐘の由来

『除夜』とは、『日の』という言葉からきています。

「除」という言葉には、「古いものを捨てて新しいものを迎える」という意味があります。

 

つまり、

「除日」は1年の最後の日(大晦日)。

「除夜」は1年最後の日(大晦日)の夜を表している言葉です。

ということで除夜の鐘=大晦日の夜につく鐘ということが言葉の由来になっています。

除夜の鐘をうつ意味は?

ws000275

お寺にある鐘(かね)は仏具の1つで、鐘の音には悩みや苦しみを断ち切る効果があるとされています。

とくに除夜の鐘には、厳しい修業をしていない私たちでも煩悩を打ちはらうチカラがあるという考えが残っているため、現在でも除夜の鐘をうっているというのが有力な説です。

 

108回という回数については、人間が持っている108つの煩悩(ぼんのう)からきています。

つまり、除夜の鐘をうつ意味は、煩悩をすべて打ちはらうために鐘を108回ついているということです。

 

1年間を表しているという説も

1年を細かく分けたものに、二十四節気というものがあります。

有名なものだと、秋分、春分、冬至などですね。

この二十四節気をさらに3つに分けたものを、七十二候といいます。

 

1年=12か月、二十四節気(24)、七十二候(72)で合わせて、108という説。

煩悩とは

煩悩とは、心(思考)にまとわりついて、心を乱してしまう欲望、妄念のこと。

自分を苦しめ、悩ませている原因という仏教の教えです。

 

そして、煩悩は108つあると考えられています。

その中でも強い煩悩として「貪欲(とんよく)」、「瞋恚(しんに)」、「愚痴(ぐち)」の三毒が有名です。

  • 貪欲・・・欲のこと。お金が欲しい、あれがしたい、愛されたいなど。
  • 瞋恚・・・怒りのこと。腹が立つ、むかつくなど。
  • 愚痴・・・うらみ・ねたみのこと。

煩悩はどうして108つある?

上に代表的な3つの煩悩を紹介しましたが、なぜ煩悩は108つなのでしょうか。

この108というのはいくつか説があります。

①四苦八苦

四苦=4×9=36

八苦=8×9=72

これを合計して、36+72=108という説。

②6つの煩悩に6つの感覚

6つの煩悩

  1. 貪(とん)・・・欲
  2. 瞋(じん)・・・怒り
  3. 癡(ち)・・・無知
  4. 慢(まん)・・・慢心
  5. 疑(ぎ)・・・疑い
  6. 悪見(あくけん)・・・間違っていること

 

人間の感覚である六識

  1. 身・・・感じる
  2. 意・・・思う

 

これに、過去、現在、未来の3つを組み合わせて。6×6×3=108という説。

③6つの感覚に結果の程度

人間の感覚である六識

  1. 身・・・感じる
  2. 意・・・思う

 

  • これで感じる、気持ちが良い、気持ちが悪い、普通の3つ。
  • さらに綺麗、汚いの2つの程度。
  • 過去、現在、未来の3つを組み合わせ。

 

すべて合わせると、6×3×2×3=108という説。

除夜の鐘をうつタイミングはいつからいつまで?

除夜の鐘をうつタイミングは、宗派で違います。

12月31日に107回。1月1日になってから1回。というお寺が多いです。

 

23時45分くらいから始まることが多いですが、開始時間については、とくに決まりはありません。

早いところでは、12月31日の22時半くらいからつきはじめるところもあります。

例外として、静岡県の大石寺では新年になってから1回目をつきはじめます。

除夜の鐘のつき方は?

参拝者が除夜の鐘をつくことができるお寺があります。

ちょっとだけつき方の作法を紹介します。

 

  • 新年になる前につく
  • 手を合わせてからつく
  • 1回ついたら、止める(ゴンゴンと当たらないように)
  • 思い切り振りかぶらない(木が欠けます)

これくらいは、守るようにしたいですね。

戦争でお寺の鐘が激減した

第二次世界大戦では金属が不足したため、金属回収令が出されました。

これによってお寺の鐘が90%以上も減ったという歴史があります。

 

お寺の鐘があるというのは、平和の証の1つなのかもしれませんね。

でも・・・最近ではお寺の鐘をつくということが減りつつあります。

除夜の鐘は騒音というクレーム

除夜の鐘をつくお寺が減ったり、時間帯をずらして鐘をつくということがあります。

これは「うるさい」というクレームが入ることが増えているためです。

除夜の鐘だけでなく、平日の夕方、朝方などの鐘をつくのもクレームがきて自粛したというお寺も多いです。

 

近年では、騒音に対してクレームが多くなっていますが、日本の伝統の風習が無くなってしまうのは寂しいと感じてしまいます・・・。

鐘が有名なお寺

鐘が有名なお寺があります。お寺好きだったり、興味があるなら1度訪れてみてはどうでしょうか。

日本三名鐘(しょうろう)

神護寺(京都市)

重さが900kgもある、国宝の1つ

 

平等院(宇治市)

こちらも国宝の1つで、2トンもあります。

 

園城寺(大津市)

108の煩悩にちなんで、108の突起があります。

大きさもかなりもので、2.2トンもあります。

まとめ

除夜の鐘とは、どんなものなのか分かりましたか?

ちょっと簡単にまとめてみましょう。

 

  • 由来は、除夜=大晦日の夜につく鐘という言葉から。
  • 意味は、108つの煩悩をうち払うためにうつ
  • うつタイミングは、12月31日に107回。1月1日に1回であればいつでも良い。
  • うつ作法は、12月31日中に、手を合わせてから、優しくつく。
  • 煩悩とは、自分を苦しめる欲や悩みのこと。
  • 近年はクレームで夕方や昼間になったり、中止しているお寺もある。

 

年末にすることはたくさんありますが、年越しそばも有名ですよね。

この年越しそばに込められた意味は知っていますか↓↓

年越しそばとは!意味と由来は?食べるタイミングはいつ?

年末年始の関連記事