年越しのときと言えば、除夜の鐘ですよね。この除夜の鐘っていったい何のために打つのか知っていますか?

 

どうして108回打つのか、その意味とは?また、どれくらいの時間に打つのでしょうか?

スポンサードリンク

除夜の鐘の時間は?

除夜の鐘が鳴る時間はいつなのかと言うと、大晦日の年を越す時間です。

 

除夜の鐘は最後の1回を年が越えてから鳴らします。その前の107回を年が越えるまでに鳴らしておくのが正しいのです。

 

除夜の鐘の1回目はだいたい12月31日の大みそかの23時45分くらいから始まることが多いです。そして最後の1回だけ1月1日になってからです。

 

それでは、除夜の鐘って何のために鳴らしているのか意味と由来について紹介していきます。

スポンサードリンク

除夜の鐘の意味と由来

まず、知っているかとは思いますが、除夜の鐘は神社ではありません。お寺で行うものです。

 

除夜の鐘という意味は、

 

「鐘(かね)」はお寺にある「梵鐘(ぼんしょう)」のことです。(お寺にあるゴーンと鳴らすあれのこと)

 

「除夜(じょや)」とは「除日の夜」ということから来ている言葉です。除(じょ)には古いものを捨てる、新しいものを迎えるという意味があります。

 

除日は新年を迎える前日の大みそかのことを表しており、除日の夜とは大みそかの夜を表しているのです。

 

つまり、「除夜の鐘」とは「大みそかの夜に鳴らす梵鐘」のことを意味しています。

ws000275

そして、除夜の鐘を108回鳴らす意味は、108回の煩悩を打ち払うために行うのです。

 

煩悩とは人間が抱えている、悩み、欲望、悪い考えなどのことです。これが人間には108つあるという考えが仏教にあるのです。

 

また、これ以外にも108回という回数には説があります。

 

中国の暦には1年間を分ける考えがいくつかあります。月の数の12、24節気の24、72候の72というものがあり、これを足すと108という数になるのです。つまり108回という回数は1年間を表しているという説です。

 

もう一つの説としては、四苦八苦を打ち払うという意味があるというもの。四苦八苦・・・4×9+8×9=108からきています。