お正月といえば、の一つである鏡餅ってありますよね。この鏡餅って飾る意味を知っていますか?なぜ上にみかんを置くのか、その理由は?

 

いつからいつまで飾るのが正しいのか、飾り方はどうすればいいのか。鏡餅についてまとめています。

スポンサードリンク

鏡餅を飾る意味は?

お正月に鏡餅を飾る意味は、ずばり神様へのお供え物です。お正月には「年神様」と呼ばれる神様が、家にやってきます。

 

この神様は1年の実り(農業の成功)と幸せを運んでくると言われており、大事にされてきました。

 

初日の出とともに、やってくる神様をおもてなしするために、鏡餅は供えられているのです。

スポンサードリンク

そして、鏡餅にはいろいろな意味があるのです。

 

・大小のお餅を重ねている

歳を無事、重ねていけますようにという意味が込められています。

 

・御幣(赤白の紙)

四角い紅白の紙が交互になっているものです。四方(色々な方向に)に繁栄するようにという意味が込められています。さらに、赤色には魔除けの意味も。

 

・四方紅

お餅を乗せている、紅白の紙です。赤い色で縁取られていて、周りを守って、繁栄するようにという意味が込められています。

 

・裏白

緑色の葉っぱ(シダの葉)のことです。シダの葉は古いものと、新しいものが同時に成長するという特徴があり、末永く繁栄できるようにという意味が込められています。

ws000100

参照:日本鏡餅組合

 

鏡餅の上になぜみかんを置くのか

大きいお餅の上に小さいお餅、そしてその上にはみかんが置いてありますよね。これってなぜなのでしょうか。

 

そもそも本当に正しいのは「みかん」ではなく「だいだい」を置くのです。同じ色をした、似た形のものとして代わりに、手に入れやすいみかんが置かれることが多いのです。

 

そして、「だいだい」は「代々」につながる、語呂合わせで、代々繁栄するという縁起物なんです。

 

つまり、鏡餅の上に置かれたみかんは、代々繁栄していけますように、と神様へのお願いが込められているのです。

 

地方によっては、串に刺した干し柿を乗せるところもあり、お餅、みかん(だいだい)、串柿の3つで3種の神器を表しているそうです。

ws000101

鏡餅はいつからいつまで飾る?

鏡餅を飾る時期は、いつからいつまでが正しいのでしょうか。

 

いつから鏡餅を飾る

12月28日が良いとされていることがあります。8という数字が縁起が良いからだそうです。しかし、この日じゃないとダメ!と厳格に決まっているわけではありません。

 

12月に入ってから、大掃除を終わらせて、年神様をお迎えする準備が出来てから鏡餅を飾ります。

 

ただし、飾らない方が良いとされている日もあるので注意しましょう。ひとつは12月29日です。二重苦(29)につながるので、縁起が悪い日です。また、12月31日は一夜飾りと呼ばれ、年神様に失礼と言われているのでやめておきましょう。

 

どんなに遅くても鏡餅を飾るのは12月30日がラストチャンスということです!(29日は避けてね)

ws000102

いつまで鏡餅を飾る?

いつまで鏡餅を飾るのかは、地域によって変わってくることがあります。ほとんどの地域では1月11日の鏡開きの日まで飾ります。

 

この日に出来なかったときには、松の内(正月の飾りをすべて外す日)には鏡餅を飾るのをやめましょう。

 

鏡餅を食べるときには、包丁で切るのはダメですよえ。金づちなどで叩いて割ってから、調理するのが正しいやり方です。(丸いものに刃物を入れるのは切腹につながるからだそうです)

 

食べようと思ってもカビが生えてしまったり、食べきれなかったりするこがありますよね。捨ててしまってもいいのか、迷ってしまいます。

 

そんなときには、新聞紙の上に鏡餅を置いて、お塩を振りかけて、清めます。清め終わったら、新聞紙にそのまま包んで、分別して捨てましょう。