花粉症のシーズンって憂鬱ですよね。いったいいつからいつまで花粉は飛んでいるのでしょうか?

 

花粉の種類によって飛ぶ時期は違うので紹介していきます。

スポンサードリンク

種類によって飛ぶ時期は違いますが、花粉は年中飛んでいます。

 

春に飛ぶ花粉

春は花粉症シーズンのピークになります。とくにスギ、ヒノキは最も症状が出る人が多い花粉です。

 

スギ花粉

増え始めるのは2月の初旬くらいからです。(東北は3月の初旬から)

 

花粉の量が落ち着いてくるのが、3月の終わりです。関東や東北では4月終わりくらいまで多く飛んでいます。

 

西日本は2月初旬~3月の終わり

関東は2月初旬~4月の終わり

東北は3月初旬~4月の終わり

 

沖縄や北海道はスギがほとんど無いので、飛ぶ量はかなり少ないです。

 

この時期はスギ花粉のピークです。真夏だけ飛んでいませんが、少しずつならほぼ1年中飛び続けています。

スポンサードリンク

ヒノキ花粉

スギ花粉が落ち着いたかなと思ったくらいに増えてくるのがヒノキ花粉です。

 

花粉症の症状が長い人はスギとヒノキの両方ともアレルギーが出ている可能性が高いです。

 

3月の中旬くらいから飛ぶ量が増えていき、4月中旬くらいから落ち着いていきます。(東北は半月ほど遅れて3月の終わりから、4月いっぱいまで量が多いです。)

 

西日本は3月中旬~4月中旬

関東は3月中旬~4月の終わり

東北は3月の終わり~4月の終わり

 

春の花粉は関東地域ではかなり長い間飛んでいますね。

ws000355

シラカンバ花粉

あまり有名な種類ではありませんが、春から夏の間に飛んでいる花粉です。夏の暑くなる前くらいまで症状が出ているなら、この花粉症かもしれません。

 

関東より西にはほとんどないため、東北と北海道で飛んでいます。北海道と東北で、4月から6月くらいまで飛んでいます。

ws000356

ハンノキ花粉

この種類もあまり知られていませんが、結構長い間に飛んでいる花粉です。

 

1月くらいから飛んでいるので、1月に花粉症の症状が出ていたら、早い時期に飛び始めたスギ花粉かハンノキ花粉でしょう。

 

全国的に飛ぶ時期はほとんど同じで、1月~6月くらいの半年間飛び続けています。(北海道だけは3月~6月に飛んでいます。)

 

秋に飛ぶ花粉

春の次に飛ぶ花粉が多いのが秋です。秋はイネ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど木の花粉ではなく、雑草の花粉です。

 

イネ花粉、ブタクサ花粉、ヨモギ花粉、カナムグラ花粉はほとんど飛ぶ時期が被っています。

 

8月~10月に飛ぶ量が増えており、昼間はかなり暑さが残っている時期です。

 

秋に飛ぶ花粉は西日本よりも関東、東北で多いのが特徴です。(北海道は少ない)

ws000357

ブタクサ

 

また、イネ花粉は東北、関東で夏の前くらいの時期にも飛ぶ量がかなり増えます。この地域で5月、6月に症状が出たらイネ花粉かもしれません。

 

どうでしたか?花粉は年中飛んでいるのが分かりましたか?

 

とくに関東地方の量と期間はどこよりも多くて長いです。外出した日に鼻に症状が出たりするのであれば、何らかの花粉症のせいかもしれません。