咳が出たり、喉が痛くなったり、喉がかゆくなると原因は風邪かなと思うことが多いでしょう。

 

もしかしたら、それは花粉症の症状かもしれません。花粉症との見分け方はあるのでしょうか?

 

また、いったいどんな対策をすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

花粉症で喉の症状

花粉症の症状でよく出るのは目がかゆい、鼻水が出る、くしゃみがでることが多いでしょう。中には、花粉症に風邪と見分けがつかないような症状があります。

 

頭痛、微熱、身体がだるいなんてのもあります。その中には喉がかゆい、喉が痛い、咳が止まらないという症状があります。

 

花粉を異物と身体が認識して、過剰に反応してしまうのが花粉症です。喉にくっついた花粉を体の外に出そうと頑張りすぎるために咳が止まらなくなるのです。

 

また、異物に攻撃をするために、白血球が喉へと移動して花粉に戦いをしかけます。これが炎症となり喉が痛くなったり、かゆくなったりします。

 

この喉の症状だけを見ると花粉症のせいだと気付きにくいものです。

 

さらに、鼻の症状が出ていて、鼻づまりがあると口呼吸になってしまうため喉が乾燥することも喉の症状が出る原因です。

スポンサードリンク

風邪と花粉症の喉の症状は違う?

喉の症状だけを見ると風邪か花粉症かは分かりません。(喉のかゆみは花粉症のことが多いですが。)

 

見分ける点としては

 

  • 1週間以上、症状が続く
  • 天気が良いと症状がひどい
  • 出かけると症状がひどい
  • 鼻水が透明でサラサラ
  • 痰が透明

 

こういったことがあれば、喉の症状でも花粉症と判断して良いでしょう。それでは花粉症の喉の症状対策はどうしていけば良いのでしょうか。

ws000230

喉の症状対策

風邪と花粉症での喉の症状への対策は、そこまで違いはありません。咳、喉が痛い、かゆいのは喉に炎症が起こっているという状態は同じだからです。

 

マスク

マスクは花粉症対策に必須アイテムです。症状が出ないようにするためには、アレルゲンである花粉をなるべく吸い込まないようにする必要があります。

 

また、口呼吸による喉の乾燥にも効果があります。睡眠時にもマスクしておくのがおすすめです。

 

加湿

空気が乾燥していると喉の症状がひどくなります。加湿することで、喉の乾燥を防ぎ、症状を和らげます。

 

加湿器を使ったり、濡れタオルを部屋に干したりと室内の湿度を上げましょう。

 

アロマ

アロマには炎症を抑える効果があるものがあります。アロマを焚いたり、マスクに垂らして使いましょう。(肌に触れないように、マスクの外側に垂らします。)

 

喉に効果があるのは、ラベンダー、ユーカリ、ティーツリー、ペパーミントなどがあります。(妊婦さん、何か疾患があるときには医師に聞いてから。)

 

冷やす

風邪のときには冷やさない方が直りがよいのですが、花粉症のときには冷やしてみましょう。

 

痛い、かゆいときには喉が炎症を起こしているので冷やすことで抑えることができます。氷を口の中にいれて舐めてみてください。

 

はちみつ

喉の炎症にたいして優れた効果をもっているのがはちみつです。スプーン1杯をゆっくり舐めたり、飲み物に混ぜてください。

 

カテキン

カテキンにも炎症を抑える効果があります。咳、痛み、かゆみどれでも試してほしいものです。

 

カテキンが多く含まれる代表は緑茶です。カフェインも含まれているので、トイレが近くなるのがデメリットです。

 

抗アレルギー薬

風邪薬などの咳止めもある程度は効果がありますが、花粉症では抗アレルギー薬の方が効果が高いです。

 

咳、喉が痛い、かゆいのどれでも効果は期待できます。過剰に免疫が働いているのを抑えてくれます。

 

おすすめの抗アレルギー薬はアレグラ、アレジオンです。(妊婦さんは飲めません)

ws000172

こういった方法以外には、なるべく花粉症に触れないようにする必要があります。家に帰ったときには、花粉を払ってから家に入ります。

 

また、アレルギーが起こりにくい身体にしておくというのもおすすめです。

 

毎年花粉症がひどい、アレルギー体質という方は、こちらの記事がおすすめです→お茶でアレルギーが起こりにくくなる?