花粉症の市販薬にはたくさん種類がありますよね。どうやって選べばよいのか、迷ってしまいます。

 

どの市販薬が効果が強いのか、副作用が少ないのはどれなのか比較してみました。

スポンサードリンク

花粉症の市販薬の種類

花粉症の市販薬には第一世代と第二世代の抗アレルギー薬があります。

 

第一世代の方が効果が強く、副作用が出やすい。

第二世代の方が効果が弱く、副作用が出にくい。

 

基本的には効果が強いものほど、副作用が強いと考えて良いでしょう。

 

こう言われたりしています。副作用は眠くなる、口が渇くなどの症状です。人によって効き目と副作用は違ってきますが、どれが効果が高い、副作用が少ないなど比較していきましょう。

スポンサードリンク

効果が強い第1位・副作用が少ない最下位 

第一世代の抗アレルギー薬です。

 

クロルフェニラミンマレイン酸(マレイン酸クロルフェニラミン)が配合されてある薬が最も花粉症の症状を抑えるのに効果が高いです。

 

商品名は

  • アネトンアルメディ鼻炎錠
  • プレコール持続性鼻炎カプセルLX
  • タミナスA錠
  • アレルギール

 

などなど市販薬の種類はたくさんあるので、成分表を確認してみましょう。

 

他の成分も含まれているので、効果の強さは違ったりしますが、症状を抑える効果は高いです。その分、副作用が強く出ない人の方が少ないでしょう。眠くなったり、口が渇いたりします。

ws000333

効果が強い第2位 副作用が弱い第4位

第二世代の抗アレルギー薬で、セチリジンという成分が含まれているものです。

 

商品名は

  • コンタック鼻炎Z
  • ストナリニZ

 

市販薬ではこの2種類のみ販売されています。この2種類ともセチリジンは同量配合されているので、効果に差はありません。

 

第二世代で効果も高いのですが、副作用も出やすいものです。人なのよっては眠くなったり、口が渇いたり、頭痛が出たりします。

 

飲むタイミングを寝る前にするなど工夫が必要です。

ws000245

効果が強い第3位・副作用が少ない3位

第二世代の抗アレルギー薬である、アレジオンの成分が入ったものです。

 

第2位のものと比べて効果は若干弱くなります。商品名はアレジオン20があります。

 

前はアレジオンの配合量が半分のアレジオン10だったのですが、効果が強くなった20が市販されています。

 

副作用は出ることがあり、眠くなったり、口が渇いたりします。下で紹介するエバステルと同じくらいの副作用です。

ws000244

効果が強い第4位・副作用が少ない第2位

これも第二世代の抗アレルギー薬でエバスチンという成分が入ったものです。

 

商品名はエバステルALで販売されています。効果は穏やかです。副作用はそれほど強くはありませんが、眠くなることもあります。

ws000223

効果が強い最下位・副作用が少ない第1位

第二世代のもので、1番効果が低いのがアレグラです。効果が低いとはいっても、穏やかに効くので副作用が少ないという利点があります。

 

商品名はアレグラfxです。

 

このアレグラだけが副作用に眠くなるという表記が無く、どんなタイミングでも飲むことができるのが特徴です。

ws000224

どうでしたか?花粉症の市販薬は効果が強くなるほど副作用も強くなります。

 

運転が出来なくなったり、仕事や勉強が手につかなくなることも。

 

副作用の出方は人それぞれですが、まずは副作用の弱いものから試してみたり、寝る前に飲んで確かめてみるようにしましょう。