鼻水が出たり、くしゃみが出たりと花粉症と風邪の症状は良く似てます。

 

この2つの違いってどこにあるのでしょうか?見分け方はあるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症と風邪の症状

花粉症と風邪の症状はかなり似ており、すぐには分からないこともあります。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 喉がかゆい
  • 頭痛
  • 熱が出る

 

などと症状だけでは、なかなか見分けがつきません。見分け方はどうすればいいのでしょう。

 

鼻水が違う

風邪と花粉症の鼻水には違いがあります。風邪の時には最初は透明でサラサラの鼻水が出ます。そして、ネバネバしてきて、白っぽくなって、緑色(黄色)へと変化していきます。

 

白色や緑色などに色が変わるのは、鼻の粘膜で風邪のウイルスと免疫機能の白血球が死んで戦った成分が含まれているためです。

 

花粉症の鼻水は透明でサラサラの状態がずっと続きます。1週間もこの鼻水が続いているなら花粉症などのアレルギー症状によるものです。

スポンサードリンク

目のかゆみ

目がかゆいというのは風邪では起こりません。鼻水やくしゃみだけでなく、目がかゆくなっているなら花粉症の可能性が高いです。

 

くしゃみの連続

風邪の時にはくしゃみが連続して出続けるということは少ないです。花粉症のときには連続したくしゃみが毎日続いたり、頻繁に出たりすることが多いです。

 

熱の高さ

花粉症でも熱が出る事があります。ただ、そこまで高熱になることは少なく、38℃を超えてくることはなかなかないです。

 

高熱が出ているのであれば、風邪の可能性が高くなります。

ws000122

天気で違う

花粉がよく飛ぶのは、晴れの日です。アレルゲンである花粉を浴びれば浴びるほどに症状が重くなるのが花粉症です。

 

つまり、晴れの日の夜などに症状が重くなるのであれば花粉症の可能性が高いです。(雨や曇りでも花粉は減りますが、飛んでいるので症状はある程度出ます。)

 

風邪であれば晴れでも曇りでも雨でも症状の重さは変わりません。

 

外出で違う

外出すると症状がひどくなるというのも花粉症と風邪の見分け方に役立ちます。

 

花粉が多い外に出れば症状が重くなってしまうのは当たり前です。(花粉をいっぱい浴びてから家に帰ってから症状が出たりします。)

 

1日家にこもっていたら症状が軽いのであれば、花粉症の可能性が高いです。

 

肌荒れ

花粉症の症状の中で肌が荒れる人もいます。これは肌に異物である花粉が付着することで、荒れてしまうようです。

 

風邪で肌が荒れることはあまりないので、症状の中で肌荒れがあるなら花粉症の可能性が高いです。

ws000124

どうでしたか?花粉症と風邪には共通した症状が多いですが、花粉症だけのものもあります。

 

それが出ていれば花粉症と判断してもいいです。また、天気や外出で症状の重さが変わるのも花粉症の特徴です。

 

花粉症であれば、花粉が飛ばなくなるまでかなり期間かかります。症状がツライのであれば、早めに病院へ行きましょう。