国民の祝日の1つの「建国記念の日」のことを知っていますか?

 

由来はどうなのか、どんな意味がある祝日なのでしょうか。子供に説明できるように、簡単に紹介します。

スポンサードリンク

建国記念の日の由来と意味

建国記念の日をまずは少しだけ詳しく見ていきましょう。理解していなかったら子供に説明できません。

 

建国記念の日の意味は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」です。日本という国が出来た日ではありません。

 

日本という国はこの日に出来ました!という日が実はありません。いつの間にか出来上がっていたような国なのです。

 

2月11日がなぜ建国記念の日になったのかという由来は、日本神話の書物までさかのぼります。

 

日本最古の書物である古事記や日本書紀に書かれている初代天皇は神武天皇です。

 

この神武天皇が天皇となった日が紀元前660年の1月1日です。この1月1日は旧暦で、今の暦に直すと2月11日に当たるのです。

 

この日を建国記念の日と決めたのが、明治6年(1873年)で、祭日と決定したのです。

WS000430

しかし、第二次世界大戦が終わってからアメリカによって廃止されてしまいます。

 

その後に戦争が終わって落ち着いたあたりで、建国記念の日を復活させる動きが出て、昭和41年(1966年)に再び建国記念の日としました。

 

これが建国記念の日が出来上がった由来になります。これを簡単に子供に説明するのは難しいかもしれません。

スポンサードリンク

ざっくり簡単に建国記念の日とは

・建国記念の日は日本という国ができた日ではないこと。

 

・日本はハッキリといつ出来上がったのか分かっていないこと。

 

・そこで、天皇が初めて出来た日を建国記念の日という祝日に明治時代の人が決めたこと。

 

・日本という国ができたこと思って、良い国であることを再確認する日ということ。

 

これくらい説明できたら良いのではないでしょうか。

WS000429

学年が上の方の子供なら、戦争で1度無くなって、戦後にまた作られたということまで伝えたら良いと思います。

 

日本が豊かで不自由のない国で幸せなんだ。ということに感謝の気持ちが持てるように感じてもらいたいです。