もしかして自分の口って臭いかも!?そんなことを考えたことありませんか?

 

自分で口臭をチェックするにはどうすれば良いのか、チェック方法を紹介します。

スポンサードリンク

自分のニオイって自分では気づきにくいものです。口臭も同じくなかなか分かりません。口が臭いかもしれないと思ったら、なかなか会話しづらいものです。

 

口臭チェックしてみて、臭いときには対策していきましょう。

チェック方法その1 糸ようじ

糸ようじやフロスを使ってチェックする方法です。方法は簡単です。糸ようじ、フロスを普通に使って歯間を掃除してください。

 

掃除し終わったら、糸ようじのニオイをかいでみましょう。そのニオイがあなたの口臭です。

スポンサードリンク

チェック方法その2 唾液

この方法も簡単です。自分の唾液のニオイをかぐだけです。コップなどに唾液を入れて、そのニオイをかいでみましょう。

 

また、手の甲をペロッとなめて、乾いてからそこのニオイをかぐという方法でも良いです。そのときのニオイがあなたの口臭です。

 

チェック方法その3 袋

ビニール袋を使った口臭のチェック方法です。小さめのビニール袋を2つ用意します。

 

1つには自分の息を吹き込みます。もう1つには空気を入れて膨らませておきます。

 

最初に空気を入れた側のニオイを嗅いで、次に息を吹き込んだ方のニオイを嗅ぎます。そのときのニオイがあなたの口臭になります。

 

チェック方法その4 口臭チェッカー

口臭をチェックしてくれる道具が市販されています。この口臭チェッカーの値段は3000円程度で口臭を5段階評価してくれたりします。

 

こういう商品です⇒⇒ブレスチェッカー

 

口臭の元には硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの3種類の成分からなっています。この3種類の量によって口臭がきついかどうかを判断しています。

 

口臭チェッカーは簡単で手軽ですが、参考程度にしておくのがいいです。人間の嗅覚には勝てません。

 

口臭を減らす対策は

口臭の原因は細菌です。食べ物のカスなどによって臭い物質を作り出す細菌が増えてしまうことで口臭がきつくなるのです。

 

細菌は少なからず、口の中に存在しているので口臭を完全に消してしまうことは不可能です。

 

ただ、臭いを発生させる細菌を減らすことで、口臭も減らすことが出来ます。それではこの細菌を減らすためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

口臭対策その1 歯磨き

当たり前かもしれませんが、歯磨きしないと口臭は強くなります。食べ物のカスが残っていると、細菌のエサになるので増殖してしまうためです。

 

朝昼晩と3回、1回3分以上は歯をひとつずつ丁寧に磨きましょう。

 

口臭対策その2 歯間も綺麗に

歯ブラシでは取り除くことができない、歯間に溜まったカスも細菌が増えて口臭の元になります。

 

糸ようじやフロスを使って、歯間を綺麗にしておくことで細菌が増えるのを防ぐのにつながります。出来れば朝昼晩したいところですが、寝る前だけでも効果は違います。

 

口臭対策その3 舌を綺麗に

舌が白くなっていませんか?この白いのは舌苔(ぜったい)と言って、舌の上皮に食べカスや細菌が絡まりあって出来ています。

 

舌苔が厚くなりすぎると口臭の原因となるので、綺麗にしたほうが良いのです。

 

ただし、歯ブラシでゴシゴシとこすってはダメです。舌の上皮は非常に敏感で、こすりすぎると傷ついてしまうのです。傷ついてしまうと、舌苔が急成長してしまい、口臭の元になってしまうのです。

 

磨いて綺麗にしたいなら、舌専用のもので優しく行いましょう。白くなっているところを綺麗に落としてやると頑張る必要はありません。

 

優しくこする程度で細菌の数は減るのです。舌苔は上アゴに舌をこすりつけるだけで綺麗にすることが出来ると言われています。

ws000111

口臭対策その4 唾液を増やす

唾液の量が多ければ多いほど口の中の細菌は減っていきます。これは唾液によって洗い流すことができるからなんです。

 

口呼吸などで口の中ぎ乾きやすい人の口臭がきついのは、唾液が少なく、細菌が繁殖しやすい環境になるからです。

 

唾液を増やすために

・ガムを噛む

・よく噛んで食べる

 

アゴを動かすほど唾液の量が増えてくれるので、しっかり噛む回数を増やしましょう。

 

キシリトールには唾液を分泌させる効果も持っているので、ガムを選ぶときにはキシリトール配合のものを選びましょう。

 

・口呼吸を改善する

 

口呼吸になると唾液の量がかなり減ります。口臭の大きな原因なので改善したいものです。鼻づまりが無いのに口呼吸してしまうのであれば、舌の筋肉が低下しています。

 

あいうべ体操を試してみましょう。あいうべ体操の動画はこちら>>

ws000113

鼻づまりで口呼吸になってしまうなら、鼻づまりの治療をしていきましょう。こういったことをしっかりしているのに、口臭が改善されないのであれら、胃腸などの内臓に問題があるかもしれません。

 

また、精神的な問題で自分は口臭がきついと思い込んでしまうということもあります。ひとつずつ口臭対策をしていって、原因がどこにあるのか確認しましょう。