履いている靴が臭いなんてのは、あってはならないことでバレたら恥ずかしいですよね。いったいなぜ靴は臭くなってしまうのでしょうか?

 

今回は靴が臭う原因とそのニオイを消す方法について紹介します。

スポンサードリンク

靴が臭い原因

臭い靴のニオイを消す方法は幾つもありますが、そもそも何で靴が臭うのかを原因を理解していないと全く見当はずれな方法をしてしまうので、注意が必要です。

 

靴が臭くなってしまうのは足が臭いからではありません。足から出る汗や皮脂には本来ニオイはついていないのです。

 

靴が臭くなる原因のほとんどは靴の中に付着している雑菌です。雑菌が作り出すものがあの我慢できないニオイなんです。足は毎日洗っているのに・・・一体なぜ雑菌が繁殖してしまうのでしょうか。

 

靴に雑菌が繁殖する理由

雑菌が繁殖する条件は3つあり、高い温度と高い湿度そして栄養分です。靴の中はこの条件にピッタリなのです。

 

靴の中は密閉されていて体温によって高い温度が保たれます。

靴を履いていると汗をかきやすく蒸れてくるので、湿度が高くなります。

足から分泌される皮脂と剥がれ落ちる角質は雑菌にとって高栄養のものです。

 

雑菌そのものはどこにでも居るのですが、この3つの条件が当てはまる靴の中では雑菌が繁殖しやすく、臭くなってしまうのです。

 

もう1つ忘れてはダメなものがあります。それは靴下です。靴下が汚れた状態のまま靴を履くと、汚れに雑菌が繁殖してしまうのです。

 

靴下が生乾きのニオイなんてしていたら、すぐに靴も同じように臭くなってしまいます。とにかく靴下は綺麗なものを履くようにしましょう。

スポンサードリンク

靴の臭いニオイを消す方法

雑菌は汗と高温で動きが活発になりニオイを発するようになります。ニオイを防止するには靴の中の環境を整える、雑菌の繁殖を抑えるのが重要です。

 

靴の臭いニオイを消すためにいろいろな方法が試されてきています。どの方法でも良いので自分が続けやすいものを選ぶとよいでしょう。

 

天日干しする

靴の臭いニオイを消す方法で基本的なものです。紫外線は殺菌作用があるのでニオイの元である雑菌を殺してくれるのです。

 

また、湿気も取ることが出来るので雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。(皮製品は紫外線で痛むので影干ししましょう)

 

毎日同じ靴を履かない

毎日同じ靴を履いていると、雑菌が繁殖して臭くなる⇒雑菌が残ったまま履く⇒雑菌がさらに増えて臭くなるというループになってしまいます。

 

お気に入りの靴を毎日履きたいのは分かりますが、せめて1日おきにすることで湿気が飛んで、雑菌の繁殖を抑えることができるのです。

 

靴を履かない日は他のニオイを消す方法を実践しておくとよいでしょう。

 

重曹を靴に入れる

掃除などにも大活躍な重曹を使う防臭も効果的です。重曹をストッキングや靴下の中に入れてから靴に差し込んでおき、一晩寝かせておくと臭いが殆ど気にならない程度まで消臭できます。

 

高い防湿効果と消臭効果があり、薬剤ではないので安心して使えるのもポイントです。あまりにも臭いニオイがきついときにはスプーン1杯くらいの重曹を靴の中に直接振りかけましょう。

 

そして、靴をゆらしてまんべんなくいきわたらせて1番放置しおいて、履くときに重曹を捨てるだけです。スッキリと嫌なニオイを消すことができます。

 

乾燥剤と10円玉を靴に入れる

この方法も有名なものです。靴の中に10円玉(できればキレイに磨かれているものが望ましい)を3枚ほど入れておけば、中の湿気に反応して銅イオンが発生して嫌な臭いを除去してくれます。

 

消臭だけでなく殺菌にも効果があり、雑菌の繁殖を抑えてくれるので試す価値はあります。

 

乾燥剤はどんなものでも良いです。お菓子に入っているもの、海苔に入っているものなどいくつか集めて入れてみましょう。靴の中の湿気を取り除いてくれます。

 

冷凍庫に靴を入れる

靴を冷凍庫に入れるなんて本気か?と思われるかもしれませんが、消臭できたという声が多い方法の1つです。靴を袋に入れて、なるべく密封します。

 

そして、そのまま冷凍庫に入れて1番放置するだけです。冷凍庫に入れておくと湿気はなくなっていき、雑菌を死滅させることが出来るのでニオイを消すことができます。

 

靴を洗う

靴の中はどうしても汚れがついていきます。皮脂汚れや泥汚れなどは雑菌のエサとなってしまうので、洗って綺麗にすると雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

また、染み付いてしまったニオイも落とせるので、定期的に洗うようにしましょう(洗えない素材のものはダメ)

 

アロマオイルを使う

アロマオイルを数滴靴の中に入れておくというのも手軽に出来る方法ですが、やりすぎるとアロマのニオイがきつくて余計に臭くなってしまいますので注意が必要です。

 

アロマの種類は殺菌、抗菌効果があるものにしましょう。ペパーミント、ティーツリー、ユーカリ、ラベンダー、レモングラス、ローズウッドがおすすめです。

 

竹炭を靴に入れる

竹の炭を靴の中に入れておくというのも昔からある技法です。竹には湿気を取る効果と臭いニオイを吸着してくれるという効果があるからです。

 

ですが、注意することは炭のススが靴についてしまうことがあるので、ストッキングなどに入れてつかないようにして靴に入れましょう。

 

コーヒーや緑茶のカスを靴に入れる

乾燥したコーヒーや緑茶のカスをストッキングなどに入れ、それをそのまま靴の中に入れておけば、不思議と臭いが消えます。

 

乾燥しないままいれてしまうと逆効果なので、カラカラになるまで乾燥したものを使用してください。

 

猫砂を入れる

猫用のトイレに使われる砂を靴の中に直接入れてしまいましょう。猫砂には消臭効果があるものがほとんどなので、湿気を吸い取って、消臭効果もあります。

 

わさびを靴に入れる

ねりわさび(スーパーで売っているようなチューブ型でもよい)を利用した消臭方法もあります。冷蔵庫にあればすぐに試すことができます。

 

わさびをラップなどの上に出し、そのまま靴の中に入れておけばわさびの持つ殺菌・消臭効果を発揮してくれます。

 

パンの耳を靴に入れる

食品には強力な脱臭効果のあるものが多いですが、中でも効果抜群なのは焦げたパンの耳。

 

何でも冷蔵庫の脱臭剤でも使われている活性炭と同じくらいの効果があると言われています。消臭効果があるものが無い時にはパンを焦がして入れてみましょう。

 

レモンの汁を靴に入れる

冷蔵庫にありそうなものの1つであるレモンの絞り汁を布に染み込ませ、それを靴の中に入れるというのもあります。

 

柑橘類はもともと殺菌・消臭効果を持つものが多いですが、レモンはその柑橘類の中でも最強クラスの消臭効果があるのです。

 

消臭スプレーを使う

いろいろな方法がありますが、これぞ大定番といわれる専用の消臭スプレーが販売されています。靴の奥に染みついて取れなかった臭いニオイも一発除去する優れもので自分も愛用しているのが、消臭殺菌スプレーの「ヌーラ」です。

 

一般には馴染みのない商品ですが、消臭効果はかなり高く。業務用消臭スプレーとして使われているので、消臭に関しては絶対的な力を持っています。

 

もちろん殺菌力も絶大で、きつい匂いを放つ靴も軽くスプレーするだけで消臭できる優れものです。詳細は↓↓

靴の臭いニオイを予防する方法

靴の臭いを消す方法をいくつか紹介しましたが、常に風通しの良い場所に入れておき、とにかく乾燥剤も使って靴を乾かすようにしておくと雑菌が増えていかないので大事です。

 

靴を乾燥するためには靴箱の中も換気をしたり、乾燥剤、消臭用インソールを入れておくのも有効です。

 

また、足の手入れも大事です。汚れが溜まりやすい指の間はしっかりと洗って、雑菌が繁殖しやすい爪は短く切り、ブラシで爪の中まで綺麗にしておきましょう。

 

 

靴下もできれば5本指ソックスを履いて、蒸れにくくするのも予防につながります。これが嫌なら汗で湿気が増えないように足用の制汗スプレーやクリームを使うのも1つの手です。

 

足の臭いも消しておこう

いくら靴の臭いを消していても、足の臭いがきつかったら何も意味がありません。意外と足の臭いって洗って洗っても残っていたりします。完全消臭して靴を履くようにしましょう。

 

まずは爪が伸びていれば切ります。足を洗うのは頭や身体を洗い終わってからにしましょう。濡れた状態が長いほうが汚れが浮いてくるからです。

 

とにかく足全体をとくに指の間と爪の間を綺麗にするようにしましょう。

 

重曹の足湯で消臭

洗い終わったら重曹で足湯をしてみましょう。洗面器の中にお湯を入れてスプーン2~3杯の重曹を溶かして、足をつけておくだけです。できれば10分くらいつけておくようにしましょう。

 

重曹はホームセンターやドラッグストアで粉のものが売られています。掃除にも使えるしあると便利ですよ!

 

ミョウバン水をスプレー

これでも足の臭いが取れないときは、ミョウバンで作ったスプレーを吹きかけましょう。500mlの水道水にミョウバンを3g溶かしましょう。100円均のスプレーボトルに入れて、1~2日くらい置いておくと透明になります。

 

(ミョウバン:水=1:150にします)

 

透明になれば足に直接スプレーします。スプレーした後は自然乾燥かタオルで軽くふき取りましょう。

 

内臓が悪い

ここまでしても足が臭いというのはちょっと内臓がしれません。疲れやすいなど何か心当たりはありませんか?胃腸の調子が悪くても足が臭くなることがあります。

 

何をしても足が臭いのであれば、体調を気にかけてみましょう。

 

まとめ

靴の臭いを消す方法と予防する方法を紹介しましたがどうでしたか?

 

靴に臭いがついてしまった場合は、洗う⇒消臭効果があるもの⇒常に乾燥させるようにすると良いでしょう。1度汚れを取っておかないと、すぐに雑菌が繁殖してしまいます。

 

これでダメなら専用の消臭スプレーを使いましょう⇒⇒急速分解消臭のヌーラ・デオルの「いい快互服ドットコム」

 

靴の臭いが消すことができたら、靴の臭いが出ないように靴を履きましょう。

 

足の臭いを消す⇒⇒靴下を綺麗に⇒⇒制汗クリーム、スプレーを使う⇒⇒靴を履く。この流れで毎日靴を変えながら臭いが出ないようにしていきましょう。