靴が濡れてしまった、靴を洗ったけど速く乾かしたいということってありますよね。

 

また、濡れてしまった靴を普通に乾かしてしまうと雑菌が繁殖してしまって臭くなることも少なくありません。

 

今回の記事では濡れてしまった靴を速く乾燥する方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

靴を速く乾かすために最初にすべきこと

まず濡れた靴を速く乾かすために1番にすることは、中敷きと靴ひもを外します。そして中敷きと靴の中と外側を乾いたタオルでしっかり水分をふき取りましょう。

 

これをするのとしないのではかなり乾く時間に差がつきます。

 

それから、洗濯機の脱水にかけるとさらに早く乾かすことができます。これが出来るのは布製の靴だけで、革靴、エナメル靴はやめておきましょう。

 

ここまで出来たら、靴の素材、家にあるもので次にすることを決めましょう。

 

・新聞紙を詰める

・キッチンペーパーを詰める

・乾燥剤を使う

・ドライヤーを使う

・布団乾燥機を使う

・靴乾燥機を使う

 

どれを使っても大丈夫ですが、どうしても速く乾かす必要があるなら、ドライヤー、布団乾燥機、靴乾燥機のどれかが速いです。

スポンサードリンク

そこまで大事にしている靴ではない場合

とにかく速く乾きすればよいというものなら、熱風を当てることで1番速く乾かすことが可能です。革靴やエナメルの靴はやめておきましょう。

 

また、布製のものでも少し縮む可能性もあります。

 

ドライヤーを使う

次に、ヘアドライヤーを使用する方法も挙げられます。最近のモデルは1000Wを超える大容量の熱風でとにかく早く乾かせます。

 

注意することは当て続けると生地が傷んだり、接着剤が解けて型崩れをおこしやすくなるのである程度離して温風を当てるか、冷風を使用したほうが良いでしょう。

 

革靴やエナメルの靴なら熱風は当てないほうがいいです。

 

裏技として厚手のビニール袋に靴を入れて底に何か所か小さい空気穴を開けます。そしてドライヤーの風を中に入れるように使うと、直接靴に熱風を当てなくてもビニール袋の中が乾燥機状態になるのでより早く安全に乾燥させることができます。

 

布団乾燥機を使う

家庭用の布団乾燥機を使うのも定番です。最近のモデルでは靴を乾燥させるためのアタッチメントが付属しているモデルもあり、一台二役の活躍が期待できます。

 

通常の靴に加えロングブーツなどの長尺の靴にも対応可能なモデルもあります。ただし、靴を乾燥させるためにわざわざ布団乾燥機を玄関に持っていかなければいけないので面倒です。

 

靴乾燥機を使う

色々な乾燥方法がある中でも専用の靴乾燥機の使用が一番オススメです。玄関先に置くことを想定して作られているので、大きさもコンパクトサイズになっていて邪魔になりません。

 

スリッパ立てのように靴を差し込むような形状をしているのでホースを突っ込むなどの作業がいらないため、誰でも簡単にできるのが魅力です。

 

靴の素材によってコースが分かれているモデルがほとんどなので安心して使え、匂い対策や除菌効果などにも高い効果を発揮します。

 

カビ対策にも効果があり、早く乾燥させることができるので、雨の日が長く続いた時などには大活躍します。タイマーが殆どのモデルについているので、消し忘れにも安心です。

 

コインランドリーの靴専用乾燥機を使うという方法もありますが、すべてのお店に設置されているわけではないので確認が必要です。設置されていたら何も考える必要がないので一番手間がかかりません。

 

ドライヤーや乾燥機を使うのは乾かすのは本当に速いですが、靴を傷める原因になるので大事にしている靴なら温風は避けたほうが良いでしょう。

ブーツや革靴、大事にしている靴の場合

ロングブーツや革靴など熱風が当てられないものや、大事にしている靴なら湿気を吸い込ませる方法で乾かしましょう。

 

新聞紙を詰める

昔から使われている濡れた靴の乾燥方法として用いられているのは、新聞紙を詰めることです。

 

吸水性もよく、やわらかい素材なので靴の生地を傷めることがなく、どんな形の靴でもきっちり詰めておくと型崩れの心配もありません。

 

新聞紙に使われているインクには匂いを取る効果もあり、乾かしたあとの変な匂いの予防にもなります。

 

ただ、水を含んだ新聞紙を交換する作業が結構面倒なので、忘れてしまわないようにしないと新聞紙に含んだ水のせいでいつまでも乾かないという本末転倒の結果になることもあるので注意です。

 

キッチンペーパーを詰める

新聞紙よりも水分を吸収する力は上なので速く乾かすことができます。ただし、量が必要でこまめに変える必要があるので少し費用がかかります。

 

新聞紙と同じで濡れたままのキッチンペーパーを入れっぱなしだと逆に乾きにくくなるので注意しましょう。

 

新聞紙とキッチンペーパーを詰めるときにはつま先まできっちりギュッと詰め込むことが大事です。

 

また、この方法は靴のつま先に乾燥剤を入れてから、新聞紙、キッチンペーパーを詰めたほうがさらに速く乾かすことができます。

 

また、靴を乾かすときにかかとが下でつま先が上を向くようにして乾かすほうが速いです。そして詰めて乾かしている間に扇風機の風を当てると良いですよ。

 

使い捨てカイロを入れる

テレビで紹介されていた方法ですが、使い捨てカイロを靴の中に入れておくという方法です。新聞紙やキッチンペーパーの交換がめんどくさいならこれにしてみましょう。

 

使い捨てカイロをそのまま靴の中に入れておくだけです。カイロが暖かくなるの水が蒸発するスピードが速くなるので、乾かすスピードがアップします。

 

この時に使うカイロは靴の中用の小さい物でなく、腰などに貼ったりするくらい大きいサイズのカイロを使いましょう。

 

靴が乾いたときに臭くなるのを予防する方法

靴をどれだけ速く乾かしたとしても、臭くなってしまうことがあります。これは靴の中に残っていた皮脂や泥汚れに雑菌が繁殖してしまうからです。

 

1度臭くなってしまうと臭いがなかなか取れなくなってしまうこともあるので、これは防ぎたいですよね。

 

10円玉を入れて乾燥させる

これはよく紹介されていますが、靴を乾かすときに10円玉を2~3枚くらい靴の中に入れておくというものです。10円玉は銅で出来ており、銅イオンは殺菌効果があります。

 

靴の中に入れておくだけで、雑菌が繁殖してしまうのを防いでくれるのです。

 

重曹を使う

スニーカーなどがずぶ濡れになってしまったら、洗面器にお水を1杯いれて、そこに重曹をスプーン2杯くらい入れましょう。それにジャブジャブと靴をつけてから乾かしましょう。

 

重曹はアルカリ性で皮脂汚れなどを落としやすくしてくる上に、臭いを予防する効果もあります。(布製の靴が思い切り濡れてしまったときにしましょう。革靴などはやめたほうがよいです)

 

まとめ

靴を速く乾燥させる方法を紹介していきましたが、靴ひもと中敷きを外しておくというのは忘れないようにしましょう。そして、最初はタオルでしっかりと水分を吸い取るのは大事です。

 

ここまで出来ていたら、新聞紙やキッチンペーパーを詰めたときには詰めっぱなしにしないように気を付ければ1晩もあれば乾かすことが出来るので、焦らないようにしましょう。

 

臭くならないように何もせずに自然乾燥だけはやめておくようにしましょう。