花粉症で目がかゆいときには、目玉を取り出して洗いたいくらいツラいものですよね。

 

今回は目がかゆいときの対処法について紹介します。

スポンサードリンク

花粉症の症状で目がかゆいというのは、最も多い症状の1つです。目は外界に面しているので、花粉が付着しやすいためです。

 

花粉症で目がかゆくなるというツラい症状をどうやって、改善すればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

目はこすらない

まずはしてはダメなことですが、目はこすったりしないように、目の角膜に傷がついてしまったり、感染性の結膜炎になってしまう可能性があります。

 

目が痛い、白っぽい目やにが出るなんてことになっているなら眼科へ行くようにしましょう。

 

顔を洗う

顔についた花粉を洗うことで流してしまうと、目のかゆみは軽くなります。この時に目を洗うのは要注意です。

 

水道水に含まれる塩素が目の表面を傷つけるためです。

 

ゴミが入った時などの応急処置だけにして、花粉症で目がかゆいときには水道水で洗わないように。

ws000332

目を冷やす

目のかゆみは炎症が起こっているために出ます。炎症を抑えるために冷やすということは効果があるんです。

 

清潔なタオルなどを冷たい水をつけて、絞ったものを目の上に置いて冷やします。

 

目薬を使う

目薬を選ぶときには涙の成分に近いもので、メントールなど余計なものが入ってない方が目に優しいです。

 

花粉を洗い流すくらいの気持ちで、いっぱいつかってみましょう。

 

また、花粉症の目のかゆみ専用の目薬を使うのも1つの手です。アレルギー症状を抑えるので、他の目薬よりも効果的です。

ws000335

目を洗う

目を洗って花粉を落とすというのは、それ以上のアレルギー反応が出ないようにするためにかゆみが抑えられます。

 

上にも書きましたが水道水で洗うのは避けます。

 

市販されているもので有名なのはアイボンですね。これを使うときに注意することは目の周りを綺麗にしておくことです。

 

綺麗にしていないと目の周りについた花粉症やゴミが目の中に入り逆効果になります。

ws000334

薬を飲む

花粉症対策で効果的なもので抗アレルギー薬を飲むのも1つの手です。

 

眠い、口が渇くなどの副作用が少ないものが市販されています。(アレグラ、アレジオンなどの第2類医薬品のものがおすすめです)

ws000333

目がかゆい対策は紹介してきましたが、かゆくならないように花粉をなるべく浴びないことも大事です。

 

外出するときには帽子、マスク、花粉症用のメガネを着用しましょう。

 

もし花粉症の症状を改善していきたいなら食生活を見直す必要があります。こちらの記事を参考にしてみてください→花粉症を悪化させる食べ物とは!