ゴールデンウィークの1つの祝日がみどりの日ですよね。このみどりの日っていったいどんな祝日なのかしっていますか?どんな意味があって、由来はどうなっているのでしょうか。

 

また、みどりの日がなくなるかもしれないという噂は本当なのでしょうか。

スポンサードリンク

今年のみどりの日はいつ?

みどりの日は国民の祝日の1つで毎年5月4日です。みどりの日は以前は4月29日だったのは覚えていますか?いつのまにか5月4日に移動した祝日なんです。

 

1989年にみどりの日は始まり、2006年まで4月29日でした。現在の5月4日がみどりの日になったのは2007年からです。

スポンサードリンク

みどりの日の意味と由来は

自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ということを趣旨とした祝日です。

 

自然に触れ合って、自然に感謝しよう!そして、心を豊かに!という意味があります。これは昭和天皇が自然が大好きだったことから、その名前がつけられたのです。

 

元々は天皇誕生日

天皇の誕生日は祝日になるという法律があります。昭和天皇が即位してからは、誕生日である4月29日は『天皇誕生日』という祝日に制定されました。

 

そして、天皇が亡くなる(崩御)とその誕生日は祝日ではなくなるというのも法律で決められています。

 

昭和天皇が亡くなってしまうと、4月29日が祝日では無くなってしまうので『みどりの日』という名前で祝日を残したのです。

 

戦争時代と復興の時代を支えた昭和天皇をたたえるために祝日として残したいと議論されました。

 

また、ゴールデンウイークの1つである天皇誕生日がなくなってしまうと、人々への影響が大きくなると考えられたのです。つまり、昭和天皇をたたえるためとゴールデンウイークの休みが少なくなってしまうために、『みどりの日』として残されました。

 

また、『みどりの日』というのは昭和天皇が植物が好きで自然を愛した人だったので、みどりという言葉を入れた祝日に決められたのです。

 

昭和の日が作られる

4月29日が『みどりの日』という名前で残されたことは、いろいろな議論が行われました。昭和という言葉を残したい、昭和という言葉が入っていたほうが昭和時代を忘れないのではないかという働きかけが起こりました。

 

そして昭和天皇に関係している4月29日は『みどりの日』から『昭和の日』という名前に変更されてしまいます。

 

みどりの日は移動される

『みどりの日』が4月29日だったのに、どうするのかという話し合いが行われました。無くしてしまうという意見も多かったようです。

 

残してしまうと、休日が増えてしまった都合が悪い。でも18年間も続いた慣れ親しんだ祝日が無くなってしまうことにとまどいもある。それならちょうどよい日にちがあったのです。それが5月4日です。

 

休日・祝日を決める法律には祝日と祝日の間は休みになるという決まりがあります。5月3日は『憲法記念日』、5月5日は『こどもの日』だったので、5月4日は名前がない休日でした。

 

つまり、5月4日を祝日に決めてしまっても休みも増えない、名前も残せるので都合がよかったのです。こうして5月4日は『みどりの日』という祝日になりました。これが由来になっています。

 

今でも『みどりの日』を5月4日にする必用があったのか、無駄な議論ばっかりしたのだろうなという批判的な意見も数多くあるようです。

みどりの日がなくなる噂がある

みどりの日にはいつかなくなるという噂が長い間あります。これは色々と移動した結果作られた祝日だからでしょう。

 

実際に祝日を決める法律があり、話し合いも行われる可能性があるので絶対になくならないとは言えません。ただし、今現在ではなくなるという議論が行われてはいません。あくまで、なくなる可能性はあるという状態です。

 

祝日を決める法律が出来てから、祝日は少しずつ増やされてきました。増やされてきていますが、今までで1度も祝日の数が減ったことはありません。

 

つまり、『みどりの日』という言葉はなくなるかもしれませんが、5月4日が祝日というのはずっと残るのではないでしょうか。

 

みどりの日は何をする日

それではみどりの日っていったいどんなことをする日なのでしょうか。特別な行事の食べ物もありません。

 

緑にちなんだイベントが日本全国で行われます。また、公園、植物園などの入場料が無料になる場所も多くあります。ただし、無料開放でゴールデンウイークなので人はかなり多くなります。

 

ただし、自然を楽しみに行ったのに人混みで疲れてしまったということになる可能性も高いです。近所の自然が多い場所を散策してみたりしてもよいかもしれません。

 

出来れば『みどり』なので自然に関係することをゆっくり触れて、感謝の気持ちをもちたいですね。

ゴールデンウイークだけでなく祝日には他にもいろいろな由来や意味があるので、どんな祝日なのか見てみるとおもしろいかもしれません。