初詣や旅行で神社などに行ったときに、お守りを買って帰るという人、多いですよね。

 

買った後は、どのようにしていますか?お守りの持ち方はどうすればいいのでしょうか。つける場所はどこが良いのでしょう。

 

また、お守りって期限があるのは知っていますか?処分方法と一緒に紹介していきます。

スポンサードリンク

お守りの持ち方はどうすればいい?

お守り=神様ですので、ただ持っていれば良い、家に置いておけば良いというものではありません。

 

正しい持ち方をすることで、より御利益にあやかることが出来ますよ。

 

お守りを沢山持っていると、複数の神社で買ったものを一緒に持っていると『神様同士がケンカするので良くない』という人もいますが、これは間違いです。

 

神様というのは徳の高い方ですので、他の神様を一緒に持っているからとヤキモチを妬いてケンカすることはありません。(ただし、仲の悪かった神様同士のお守りのときは注意)

 

せっかく願いを込めて買ったものですし、いつも自分を守ってくれるものなので正しい持ち方をして、出来るだけ肌身離さず持っておくようにしましょう。

スポンサードリンク

お守りをつける場所は

種類によってつける場所を変えると良いです。例えば、学業守りならペンケースや普段学校に持って行くカバンにつけます。

 

恋愛守りなら、スケジュール帳などに挟んでおくと、良い出会いに恵まれると言われています。

 

金運守りなら、お財布の中に入れるのが一番ですね。

 

ただ、つける場所がない、財布にお守りを入れるスペースがない場合は、家に置いておいても大丈夫です。家の中に置くときは、目線より高く、綺麗な場所で、目につきやすいところに置いておくようにしましょう。

ws000308

複数の神社で、種類の違うものを持っても大丈夫とお伝えしましたが、神様同士の相性と位に気をつけてください。

 

神様同士でも相性の良くないものがあります。神様同士が仲が悪かったということがあるので、その時には近くにつけたりしない方がいいでしょう。

 

そして、位の高い神様のものを真ん中に置くと良いとされています。(この情報は調べれば出てくるので参考にしてみてください。)

 

お守りの有効期限は

何年も前に買ったお守りを大事に持っている人がいますが、お守りには期限があり、古いものはその力が弱まってしまっています。

 

1年を期限の目安に、新しいものに変えるようにしましょう。古くなったお守りの処分方法としては、神社に返納するのが良いです。

 

買った神社に持って行くのがベストですが、遠方である場合の処分方法としては最寄りの神社に持って行けば大丈夫です。

 

神社によっては返納を郵送で受け付けているところもありますので、購入した神社に確認してみるのも良いでしょう。

ws000310

神社には『古札お納め所』などという名称の、古いお札やお守りを返納する場所が設けられています。

 

1年の感謝を込めて返納し、新しいものを授かると良いでしょう。

 

注意点なのですが、神社のものか、お寺のものかで返納先も変わります。相性と同じく、神社とお寺では、神様の属性が違います。神社のものは神社へ、お寺のものはお寺に返納するようにします。

 

返納されたものは、お炊き上げが行われますので、返納先にお炊き上げ料を気持ちを納めるのが通例です。

 

返納所にお賽銭箱が設けられていますので、そちらを活用しましょう。(基本的には授与されたときの金額と同じ金額です)

ws000311

どうしても返納に行けないときには、ゴミの日に出すという処分方法もあります。白い紙を用意して、お塩を一つまみ振りかけて、包んでゴミの日に出します。

 

出来る限り、他のゴミと一緒にしないように(生ごみと同じゴミ袋とかはやめましょう)。また、感謝の気持ちを忘れないようにします。

 

また、1月15日に行われている「どんど焼き」で焚き上げるという方法でも良いです。