おみくじの正しい引き方は知っていますか?

  • 引いた後は結ぶ?持って帰る?
  • おみくじの見るポイントは?
  • 引き直ししても良いの?
  • 持って帰った場合の保管方法は?
  • 処分するときの方法は?
  • 有効期限ってあるの?

 

おみくじについて疑問っていくつかありますよね。

そこで、今回の記事ではおみくじの正しい引き方と疑問の答えについて紹介します。

スポンサードリンク

おみくじとは

おみくじは、参拝した人の吉凶(状態が良いか悪いか)について占うものです。

書いてある内容は、神様、仏様からのメッセージなので大事に読んで、参考にするようにしましょう.

おみくじの正しい引き方!

きちんと正しいおみくじの引き方を知っておきましょう。

 

神社やお寺に着いたら、すぐにおみくじを引きに行ってはダメですよ。

神様に導いてもらうためにおみくじを引くので、礼儀としてまずはお参りします。

手を清める

神社に入ると入口あたりにお水で手を清めるところがありますよね。

まずはそこで、手と口を清めます。(手と口は穢れがあるとされているため)

 

①ひしゃくでお水をすくって、まずは左手を清めます。

②次に右手を清めます。

③それから左手にお水をためて、口に含んでから出します。

④最後にひしゃくを手前に傾けて、持つ部分を綺麗して終わり。

お参りする

本殿についたら、お賽銭をそっと入れます。

投げてはダメですよ。神様に対して失礼だからです。

 

鈴があるなら、鈴を鳴らします。(無い場合は省略)

次に、2回礼をします(おじぎです。)2回手を叩きます。

 

手を合わせたまま、日頃の感謝を心に込めましょう。

それから、これからやりたいこと、誓い、聞きたいことを思い浮かべます。

(お願いするのではなく、これから〇〇をするので、見守っていてくださいなど。)

 

そして、名前と住所を心の中で伝えます。

最後に1礼(おじぎ)して終わりです。

 

神社への正しい参拝の方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

⇒⇒初詣は何日までに行くの?時間はいつまでが良い?参拝マナーは!?

おみくじを引く

ここまで来て、初めておみくじを引きに行きます。

 

おみくじをひく前に、『これからおみくじを引くので、お言葉をください』と心の中でお伝えしましょう。

もし、聞きたいことがあるときには、『これからおみくじを引くので、〇〇についてお言葉をください』と伝えてましょう。

 

そしておみくじを引きます。

結果が出たら、大吉、凶などに喜んだり、悲しんだりしていてはダメですよ。

 

そこに書かれているメッセージは神様の言葉です。

書かれているすべてを見る必要はありません。気になることを参考にして心に留めておきましょう。

 

左手でおみくじを引くのが良い!?

おみくじを引くときには左手が良いと言われることがあります。

これは、左手は受ける手と考えられており、欲や意思に関係の無い純粋なメッセージを受け取れるとされているのです。

スポンサードリンク

おみくじの見るべきポイント

まず1番に気になるのは、大吉、吉、凶かどうかで、今現在のあなたの状態を表しています。

 

これだけで終わりにしないようにしましょう。

今の状態から、どうなっていくのかということも書かれています。

  • 今の状態は最高だけど、これからもっと良くなるよ!
  • 今の状態は最高で、このまま続くよ!
  • 今の状態は最高だけど、ここから悪くなっていくよ!

例えばなのですが、こんな感じです。

 

大凶が出たとしても、今は悪い状態だけど、良くなっていくよという内容が書かれていることもあります。

文章になっているところがこれからのことが書かれているポイント。

文章になっているところが大事

 

なんだか難しい、昔の言葉で書かれているので見ていない人も多いのではないでしょうか?

よく分からないという場合は、説明についても書かれています。

いろいろな項目について書かれているところが説明

 

大吉だとか凶だとかを見るだけでなくて、ここを読んで気をつけるポイントを押さえて、心構えをしていくようにしましょう。

おみくじの引き直しは良いの?

おみくじの内容が良くなかったから、引き直すという人は意外と多いです。

神社によって考え方が違ったりするので、引き直しても良いかどうかは考えがいろいろあるようです。

 

おみくじを引き直すということには、あまり意味がありません。

その時の状態についてメッセージを頂いているので、大吉かどうかより書いてあることに意味があります。

 

ただ、引き直してはダメというわけではありません。

引き直ししたい場合は、神様に聞きたいことや願掛けの内容を変えてからにしてみましょう。

それに対してのメッセージを頂けるはずです。

 

もしくは、日を改めて参拝してから、おみくじを引くと良いでしょう。

その時の状態で、メッセージが頂けます。

おみくじは結ぶ?持って帰る?

引いたおみくじは結果によって持って帰ったり、結んだりと帰る人もいます。

これはどちらが正しいとは言えず、どちらでも良いのです。

おみくじを結ぶ

おみくじを結ぶところを用意してある神社やお寺は多くあります。

おみくじを結んで帰るのは、『神様と縁を結ぶ』ということから、結ぶと良いとされているのです。

 

おみくじを利き手と反対の手だけで結ぶことで、修行したことにつながり、凶が吉に代わるという考えもあります。

もし、凶や大凶が出た人は試してみてはどうでしょうか。

おみくじを持って帰る

持って帰るのはおみくじは神様からのメッセージです。

大吉だろうが、大凶だろうが読み返して心に留めやすく忘れないようにすることができます。

 

また、『神様から頂いたものは身につけておくと良い』と言われていることからも来ています。

 

結ぶのも持って帰るのもどちらでも大丈夫ですが、大事なことはおみくじに書かれていたことを忘れないようにしておくことです。

 

そして、持って帰った後に大事なのは保管方法です。

持って帰ったのはいいけど、いつの間にかなくなっているなんてことは神様に失礼です。

きちんと保管できないなら、結んで帰るようにしましょう。

おみくじを持って帰った後の保管方法

おみくじを持って帰った後の保管方法は、常に身につけておくのが良いとされています。

 

お守りと一緒で神様から頂いたものは身につけておくのが1番良いのです。

財布の中に入れておいたり、カバンに綺麗に入れておきましょう。

 

これが無理なときには神棚、床の間に保管しておくのが良いです。

もしない時には、立った時の頭よりも高い位置に保管するようにしましょう。

これは見下ろさないようにという、神様へ敬意からきています。

おみくじの処分方法

保管しておいたおみくじを処分する方法としては、おみくじを引いた神社の奉納場所に持っていきます。

ここはお守りや破魔矢などを奉納するところと同じです。

おみくじを引くたびに、前のおみくじを奉納していけば良いでしょう。

 

もし、なかなか神社にお参りできないのであれば、袋に入れて塩をかけて清めてからゴミに出しましょう。

おみくじには有効期限がある

おみくじには有効期限があるのは知っていますか?

基本的には、『神様に聞いたことやお願いが叶ったときまで』が有効期限です。

 

もう1つは、『次に参拝しておみくじを引くまで』も有効期限になります。

3か月後に引いたら、そこまで。1年後に引いたら、そこまでで前回のおみくじの期限が切れたと考えて良いでしょう。

まとめ

おみくじの正しい引き方については分かったでしょうか。

 

  1. 手と口を清める
  2. お参りする
  3. おみくじを引く

この流れで、おみくじを引いていくと良いでしょう。

そして、おみくじを引くときには。

 

  • 『これからおみくじを引くので、お言葉をください』
  • 『これからおみくじを引くので、〇〇についてお言葉をください』

などの気持ちやお願いを心の中で願ってから、引くようにします。

 

引いたあとは、大吉、大凶だけを気にするのでなく、きちんと書かれている内容について覚えておくようにしましょう。