神社に参拝すればおみくじを引きますよね!このおみくじについて知らないことって結構あります。

 

おみくじの由来、おみくじの順位、おみくじには有効期限はあるのか紹介します。

スポンサードリンク

おみくじの順位は

おみくじの順位って意外と間違えている人も多いです。

 

大吉>吉>中吉>小吉>凶

 

この順位が基本です。神社によってはもっと小分けされているところもあります。

 

大吉>吉>中吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>平>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

 

ここまで小分けされていると訳わからなくなりそうですが、順位はこの通りです。吉が2番目に良い順位ってのは知らないことは多いかもしれません。

スポンサードリンク

おみくじには有効期限がある?

おみくじには有効期限があるとされています。いろいろな考え方があり、神職に就いている方の話によると、おみくじを引いた方の心で変わると言われています。

 

・願掛けしておみくじを引いたときは、叶ったときまで有効期限が続く。

 

・1年に1回おみくじを引く方であれば、1年を有効期限と考え、おみくじの内容を心に留めておく。

 

・1年で何回もおみくじを引く方であれば、次に引くまでの間が有効期限。

 

おみくじは引いたときと状態によって吉凶が出てきます。現在の自分がどんな状態なのかを確認するのにも良いのです。

 

最後におみくじの由来も知っておいて小ネタとして覚えておきましょう。

ws000183

おみくじの由来

まずはおみくじという言葉についてです。漢字で書くと

 

神社のおみくじは御神籤

お寺のおみくじは御仏籤

 

「お」という文字は尊敬語にくっつく言葉です。御礼(おれい)、御言葉(おことば)というように使います。

 

「み」という文字も尊敬語にくっつく言葉です。

 

「くじ」はそのままくじを引くのくじです。つまり「くじ」という言葉にすごい丁寧に尊敬語をつけたのが「おみくじ」という言葉です。

ws000180

大昔の日本では政治の決め事や後継者を決めるときなど、大事な場面で占いが使われてきました。邪馬台国の卑弥呼なんかが占いをして政治をしていたのが代表ですね。

 

この占いで使われていたのがくじです。くじ引きをして決め事をしていたのです。大事なことは神頼みしていました。

 

これがおみくじの由来と言われています。

ws000182

これが変化していき、現在のように神社にお参りするときに、お参りした人の吉凶を占うために使われるようになったのは鎌倉時代からです。

 

ちなみに戦国時代ではおみくじは戦の日にちを決めたり、戦法を決めたりするのにも使われていたそうです。

 

おみくじの由来は占いの1つで、どんなことをすれば良いのか、何が起こるのかということをくじ引きで決めていたことからきています。