神社に参拝すればおみくじを引きますよね!

このおみくじについて知らないことって結構あります。

 

  • おみくじの正しい順位は?
  • 吉が意外と順番高い!?
  • おみくじの読み方が分からない

今回の記事では、おみくじの順位と読み方について疑問を解決したいと思います!

スポンサードリンク

おみくじの正しい順位は

おみくじの順位って意外と間違えている人も多いです。

おみくじの基本の順位

  1. 大吉
  2. 中吉
  3. 小吉
  4. 末吉
  5. 大凶

この順位が基本です。

神社によってはもっと小分けされているところもあります。

 

  1. 大吉
  2. 中吉
  3. 小吉
  4. 半吉
  5. 末吉
  6. 末小吉
  7. 小凶
  8. 半凶
  9. 末凶
  10. 大凶

ここまで小分けされていると訳わからなくなりそうですが、順位はこの通りです。

吉が2番目に良い順位ってのは知らないことは多いかもしれません。

とは言っても、神社によって順番が全然違うというところもあります。

参考:神社本庁

スポンサードリンク

明治神宮

明治神宮には大吉、吉、凶というものがありません。

吉凶が無いので、内容をしっかり読み込みましょう。

伏見稲荷大社

ちなみに伏見稲荷大社には17もおみくじの順番があります。

  1. 大大吉
  2. 大吉
  3. 向大吉
  4. 末大吉
  5. 吉凶未分末大吉⇒現在は良いか悪いか分からないが後々に大吉
  6. 中吉
  7. 小吉
  8. 後吉
  9. 末吉
  10. 吉凶不文末吉⇒⇒現在は良いか悪いか分からないが後々に吉
  11. 吉凶相交末吉⇒⇒良い悪いがまじりあっているが後々に吉
  12. 吉凶相半⇒⇒良い悪いがまじりあっている
  13. 吉凶相央⇒⇒吉凶相半とほぼ同じ
  14. 小凶後吉⇒⇒今はあまり良くないが後々に吉
  15. 凶後吉⇒⇒今は良くない状態だが後々に吉
  16. 凶後大吉⇒⇒今は良くないけど後々に大吉

聞いたことがないようなものが入っていますね。

機会があれば、伏見稲荷大社に参拝してみてください。

おみくじの大吉、凶の割合は??

おみくじの出る割合は平均的に

  • 大吉・・・20%
  • 吉・・・25%
  • 中吉・・・12%
  • 小吉・・・12%
  • 末吉・・・16%
  • 凶・・・10%

 

大凶に関しては、出てしまったときにショックが大きすぎるという理由で入れられていない神社も多いです。

この割合も神社によって違います。

ちなみに凶が多いと噂されている浅草の浅草寺は凶が30%と高めです。

 

大吉が出た、凶が出たというのに喜んだり悲しんだりせずに、きちんとおみくじの内容を読むのが大事です。

おみくじの読み方

大吉や吉、凶はあくまで引いた時点での運勢です。

これからどうなっていくのかも、おみくじには書かれているのでチェックしましょう!

和歌・漢詩の部分

和歌になっている部分が神様からのメッセージ

 

おみくじを創り出した『良源』という人が、相談の答えとして漢詩で書いていた名残だと言われています。

ここを読み解くことができれば1番良いのでしょうが・・・難しいです。

漢詩・和歌が読めないなら、各項目が書かれているところをチェックします。

この部分をしっかり確認します!

 

それぞれの項目には意味があるので意味を知って参考にしましょう。

おみくじの項目の意味

〇待ち人

人生を良い方向に導いてくれる人、良い出会いがあるかどうか。

(待ち合わせという意味はありません。)

〇失せ物

失くしたもの、落としものが見つかるかどうか。

どんなタイミングで出てくるのかが書いてあることもあります。

〇旅行

旅行、出かけることが良いかどうか

〇商売

商売、売り買いが上手くいくかどうか

○抱え人

社員や部下について

〇健康

健康でいられるかどうか

〇学問

勉強が上手くいくかどうか

〇相場

FX、株式などの投資が上手くいくかどうか

〇争事

ケンカ、他人との争い、訴訟がどうなるか

〇恋愛

恋愛がうまくいくかどうか

〇金運

お金に恵まれるかどうか

〇技芸

習い事や、芸事がうまくいくかどうか

〇出産

出産、妊娠について

〇転居

引っ越しが良いかどうか

〇縁談

結婚相手、お見合い、結婚に関係する出会いがあるか

〇探し物

探しているものが見つかるかどうか

〇方位

方角、方向はどちらが良い悪いか

○土木

建築や改築についてどうか

○走り人・走人

いなくなった人という意味があります。

おみくじの説明文の意味

○出づ・いづ

これが書いてあれば、出てくるよ!現れるよ!という意味です。

出づべしと書いてあれば、出てくるだろう・・・とちょっとあいまいな表現です。

○出でず・いでず

出てきませんという意味です。

○改めかえる・あらためかえる

方向転換しましょうという意味です。

これが書いてあれば、少し考え直してみてはどうでしょうか。

○訓

教訓、教えという意味があります。

○障り・さわり

邪魔だったり問題という意味があります。

障りなしなら問題なし。障りありなら問題があるということを表しています。

○安し・やすし

問題ありませんよという意味があります。

○良ろし・よろし

良いですよという意味です。

○悪ろし・わろし

悪いですよ、ダメですよという意味です。

○~~べし

~~だろうという意味です。少しあいまいな表現。

○誠意にこたえよ

まじめに対応しましょうという意味。

どこを参考にすればいいの?

おみくじは全ての項目を参考にする必要はありません。

おみくじを引くときに、『おみくじを引きます。〇〇についてお言葉をください』と心の中で願いながら引きます。

 

この答えがおみくじに書いてある内容になるので、気になるところだけを参考にして心構えをしましょう。

おみくじを引いた後は

おみくじを引いた後に気になるのは、結ぶのか持って帰るのかですよね。

悪い結果なら結ぶ、良い結果なら持って帰るなんて言われていますが、どちらでも大丈夫。

 

それぞれに意味があることなので、詳しくはこちらの記事を見てください。

持って帰った場合に保管する方法と、処分する方法についても紹介しています。

⇒⇒おみくじの正しい引き方!結ぶor持って帰る?保管と処分する方法は?

おみくじの有効期限は

おみくじの効力がどれくらいあるのかも決まっています。

ず~っとおみくじの有効期限が続くわけではありません。

 

願掛けしてからおみくじを引いた場合には、それが叶うまでが有効期限です。

他にもおみくじの有効期限はありますが、詳しくはこちらの記事。

⇒⇒おみくじの有効期限と引き直しは?由来は?

まとめ

おみくじの順位については分かったでしょうか。

  1. 大吉
  2. 中吉
  3. 小吉
  4. 半吉
  5. 末吉
  6. 末小吉
  7. 小凶
  8. 半凶
  9. 末凶
  10. 大凶

基本的には、この順位です。

ただし、神社によって違うので正しいものが知りたい場合には尋ねてみましょう。

 

また、大吉だ!凶だ!ということだけ見るのはもったいないです。

その後にどうなっていくのかまで書いてあるので、きちんと参考にして心に留めるようにしましょう。