入院中にお見舞いをいただくことがありますよね。退院したときには、もちろんお返しをしないとダメです。

 

このお返しってどうすればよいのか知っていますか?金額の相場、お返しするタイミング、熨斗はどうすればいいのでしょう。

スポンサードリンク

お見舞いをもらったらお返しする?

ケガや病気などで療養していたとき、お世話になった方やお見舞いに来てくれた方に、回復の知らせと感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣があります。

 

ケガや病気という、あまり良くない出来事なので残らないようにという意味を込めて、使ってなくなる消耗品が贈り物としてよく選ばれます。

 

  • 『後に残さない』の意味を込めて、石鹸や砂糖、お菓子
  • 『病を洗い流す』から水と一緒に流れる洗剤や入浴剤
  • 『病気を消す』からそうめんや油などの食べられるギフト

 

こういったものが、お返しとして最適とされています。

 

最近では便利なカタログギフトも人気ですが、病気やケガのお返しは使い切ってなくなるものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

お返しの金額の相場は?

お返しの品物の金額の相場としては、頂いたものの1/2~1/3の金額が目安です。

 

会社の人複数名からお見舞いを貰ったときは、個人個人に返さなくてもお菓子などを皆に行き渡るように贈りましょう。

 

相場以上のあまり高いものを贈ると失礼にあたってしまうため、注意します。

 

特に、目上の人にはやや少なめに、部下や後輩などにはやや高めにするというのが一般的です。

 

目下の人にお返しするときは、商品券などを選ぶのも喜ばれます。ひとつ注意することは、商品券などの金券類は目下の人のみに選ぶギフトです。目上の人には金券類を贈らない習慣があります。

WS000442

お返しのタイミングは?

お返しをするタイミングも重要です。入院をしていた場合は、退院してから10日を目安に贈るようにしましょう。

 

遅くても1ヶ月以内には手元に届くようにします。

 

いつまでにしなければならないという決まりはありませんが、出歩けるほど元気になっているのにお返しがないのは少し薄情な感じにとられます。

 

もちろん皆さんお返しが欲しくて御見舞いしていただくわけではありません。

 

しかし、心配していただいた気持ちをしっかり受け止めましたという意思表示のためにもお返しするタイミングが遅くなりすぎないようにしましょう。

 

お見舞いのお返しの熨斗は?

お見舞いのお返しの熨斗についてですが、まずは水引は『結びきり』を選びます。これは繰り返さずに1回だけのものに使います。

WS000477

結びきりの水引

 

 

掛け紙は熨斗つきで『快気内祝』、『快気之内祝』か『御見舞い御礼』の表書きをつけましょう。

 

これらは元気になりましたが、まだまだ療養が必要です。通院に切り替わりました。という意味の表書きになります。

 

全快して、通院の必要がないほど元気になった場合は『全快内祝』、『全快之内祝』や『全快祝』でも良いでしょう。

 

表書きに関しては、ギフトを選んだ先で確認すると良いでしょう。

WS000478

地域によって、四文字はゲンが悪いということで間に『之』をつけて五文字にするところがあるなど少々ややこしいものです。

 

百貨店などでは熨斗や掛け紙のスペシャリストがいますから、その方に任せておきましょう。

 

万が一、不幸にも亡くなってしまった場合には、弔事用の掛け紙で『御見舞御礼』と書いて送ります。この場合は熨斗はつけずに送るようにしましょう。