12月31日は大晦日(おおみそか)ですよね。この「大晦日」って言葉はどこから来たのでしょうか。

 

大晦日の由来について紹介します。

スポンサードリンク

大晦日の由来とは

大晦日という言葉は「晦日」という言葉に「大」をつけたものです。日本の昔の暦(カレンダー)には「晦日 みそか」というものがあります。

 

もともと「みそか」の「みそ」は「三十」 という文字でした。(三十と書いてみそと読みます。)

 

晦日は三十日ということで、月末のことを表していました。後に新しい暦になっても、月末の31日と30日を指すようになっていきました。

 

つまり、毎月の月末を晦日と言っていたのです。そして、1年の最後の日を1番大きな日として「大」の文字をつけて「大晦日」と言うようになっていったのです。

スポンサードリンク

また、晦日という漢字が使われるようになった由来は、「月こもり(つきこもり)」という言葉から来ています。

 

月こもりとは月がこもる、月が隠れるという意味があります。つまり、月が変わる日ってことなんです。つまり、月末を指していたのです。「つきこもり」→「つごもり」と変化していきました。

 

この「つごもり」を漢字にすると「晦」になります。ここから晦日という文字になったのです。

 

大晦日には昔からいろいろな行事を行っていました。年越しそばを食べる、除夜の鐘をつくなどです。

 

それぞれの意味を知らないときにはこちらの記事を見てみてください↓↓

 

年越しそばを食べる意味とは??

除夜の鐘をつく意味とは??

 

また、初詣が大晦日と元日の2回に分けて行われていました。これは少しずつなくなっていき、現在の初詣へと変化していったのです。

 

大晦日に行われる行事は基本的には、新たな年を無事に過ごせるように、今年の厄払い、今年の感謝のためのものです。