このお年玉ってただのお小遣いみたいになっていますが、どんな意味があるのか知っていますか?

 

また、お年玉という習慣はどのように始まったのか由来についても紹介します。

スポンサードリンク

お年玉の意味とは?

子供のときは楽しみだったお年玉。なんの疑問も持たずにもらっていましたが、ちゃんとした意味があります。

 

お年玉の「玉」という文字はもともとは「魂」から来ています。新しい年にもらえる魂ということなんです。いったい誰の魂なのかというと、神様です。

 

お正月という行事は歳神様という神様をお家に迎え入れて、もてなすというものです。神様をもてなして、そのお返しとして魂を分けてもらうという意味があったのです。

 

神様から魂を分けていただいて、新しい年を生活する力に得ることができると考えられていたのです。お年玉をもらったら、くれた人にだけでなく、神様にもきちんと感謝の気持ちを持ちましょう。

 

お年玉とは神様の魂の一部であり、新たな1年を生活していく力の源!

 

それでは、いったいなぜお金を渡すということが、お年玉という形になっていったのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

お年玉の由来は?

お年玉という習慣は江戸時代にはすでに根付いていたようです。

 

お年玉が神様の魂の一部ということは上に書いた通りなのですが、お年玉はどのように始まって、現在のお金という形になったのでしょうか。

 

もともと、お年玉はお餅だったのです。お正月に飾る鏡餅には神様が宿ると考えられていました。

 

鏡餅のお供えが終わって、神様の魂の一部が残ったお餅を鏡開きのときに家族や使用人に与えたことが由来です。神様が宿ったお餅を食べることで、力をいただいていたのです。

ws000213

 

お年玉という言葉になった由来としては2つ考えられています。

 

鏡餅は丸かったため、魂という文字から玉という文字へと変化した説。

1年の始めに神様からもらうものという意味で賜物(たまもの)というお年賜(おとしだま)という言葉が変化したという説。

ws000216

お年玉が根付き始めていた江戸時代です。

 

このときには、お餅だけでなく、品物やお金を渡すようになっていました。お医者さんなら丸薬、武士なら刀などが渡されていたのです。

 

子供であれば、おもちゃやお菓子などもあったようです。そして、完全にお金になっていったのは昭和30年くらいの日本の高度成長期なんです。

 

この時期のものではお金が代表的なものだったからかもしれません。そしてお年玉を与える相手は子供へと変化していきました。お年玉が現在のお金を子供にあげるという形に変わったのは、意外と最近だったんですね。

 

鏡餅の意味とは?どんな由来があるの?