最近よく耳にする「pm2.5」。健康に害があると言われていますが、具体的に私たちの体にどのような影響があるのでしょうか?

 

pm2.5でアレルギー症状が出ているかどうか検査で分かるのでしょうか。また、どうやって対策すればいいのでしょう。

スポンサードリンク

pm2.5って?

pm2.5は非常に細かい粒子で、中国大陸から飛来します。

 

そのため、息を吸うときに肺の奥にまで入り込んでしまう非常にやっかいな物質です。

 

特に日本では3月から5月頃にかけてpm2.5の濃度が上がる傾向がみられます。

 

暖かくなり、花が咲きほこる雪解けの美しい季節なのに、花粉は飛ぶ、pm2.5は飛来する、黄砂も飛んでくる…ということで、年々春になると憂鬱だという人が増えています。

ws000121

pm2.5は、硫黄酸化物、硝酸塩、黒色炭素、さまざまな有機化合物など、空中に浮遊する有害物質で、直径2.5㎛(マイクロメートル)以下のものすべてを指します。

 

2.5㎛とはどれくらいの大きさかというと、髪の毛1本の太さの約1/30です。肉眼ではとうてい見えないほど小さいので、完全に防ぐのは不可能に近いでしょう。

スポンサードリンク

pm2.5でアレルギー症状が出る?

このpm2.5は、単体でも浮遊するのですが、多くの場合浮遊している最中に花粉や黄砂などのアレルギー物質が付着します。

 

そのため、目のかゆみ、充血、のどの痛みやかゆみ、鼻水、鼻づまり、せき、くしゃみ、湿疹、頭痛、発熱などのアレルギー症状を引き起こします。

 

ここ数年、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎のアレルギー症状がひどくなっているという報告もあります。pm2.5が飛散する量が増えた影響を言われています。

 

pm2.5で起こる症状は?

pm2.5について騒がれるようになってきたのはここ数年ですから、未だにデータが揃っていないという現状があり、健康被害データが出揃い、実際的な対策が立てられるのにはもう少し時間がかかるかもしれません。

 

福岡県で行われた調査によれば、pm2.5と黄砂が飛来した日、アレルギーのある人とアレルギーのない人のどちらも鼻やのどに症状が現れました。

 

何らかのアレルギーをもっていなくても、呼吸器に症状が出るのです。さらにアレルギーを持っている人は症状を悪化させてしまうのです。

ws000124

 

アレルギー症状を悪化させるだけでなく、喉の痛み、目の痛み、鼻水、くしゃみなどが起こります。

 

さらに心臓に影響を与えてしまいます。また、肺気腫、肺がん、気管支炎など重篤な病気の原因にもなります。

 

pm2.5でアレルギー症状が出たのか検査で分かる?

pm2.5は、炭素粒子、硝酸塩、硫酸イオンなどを含んだ化学物質です。

 

アレルギー症状を引き起こすのは、pm2.5に花粉や黄砂などアレルゲンとなる物質が付着するからです。

 

pm2.5は、花粉、ハウスダスト、カビなどのアレルゲンとは違います。タンパク質でも金属でもないのです。そのため、pm2.5に対してアレルギー検査はできません。

 

しかし、アレルギー検査を受けてアレルゲンを特定することで、実は花粉症ではなくpm2.5の影響だったということが分かるかもしれません。

 

pm2.5に対する直接の検査はできなくても、いわば消去法で原因を特定することができるというわけです。

ws000171

pm2.5の対策はどうする?

アレルギー症状がpm2.5による影響だったと分かったらどのような対策を立てればよいのでしょうか?

 

pm2.5の飛散量は、環境省の行っている大気汚染監視システムによって分かります。

 

自分が住んでいる地域のpm2.5濃度が高い日には、pm2.5対応のマスクをつけて外出しましょう。普通のマスクでは極小の粒子を通してしまいます。

 

マスクの付け方も大切です。すき間があいていてはマスクを装着している意味がないので、自分の顔のサイズに合ったマスクをつけましょう。

ws000123

また、非常に細かい粒子なので、家の中にも簡単に入ってきてしまいます。窓を開けないようにし、HEPAフィルター搭載の空気清浄機を使うようにしましょう。

 

洗濯物や布団を屋外に干すのは控えた方が良いです。また、特にアトピー性皮膚炎のお子さんには注意が必要です。

 

pm2.5が付着するとかゆみが増したり、湿疹が増えたりすることがあります。

 

pm2.5の濃度が高い日には、できるだけ外出を控えた方が良いのですが、外出しなければならないなら、皮膚に付着しないように長袖や帽子などで対策しましょう。