節分と言えば豆まきと恵方巻きですよね。今回は恵方巻きについて、紹介していきます。

 

いったいなぜ恵方巻きを食べるのでしょうか?その意味と由来はどうなっているのでしょう。また、正しい食べ方は知っていますか?

スポンサードリンク

節分ってそもそもどんな行事なのか知らないときには、こちらの記事を見てください⇒⇒節分の豆まきの意味と由来は?

 

節分で恵方巻きを食べる意味

節分で食べられる太巻きの具材は7種類が基本です。

 

これは商売繁盛、無病息災を願るために七福神にちなんだ数なんです。福を呼び寄せるという意味が込められています。

 

鬼が逃げたときに、置いて行った金棒に太巻きを見立てて、鬼退治(邪気払い)と考えることもあります。

 

また、恵方巻を食べる意味は地域や人によって差が多少ありますが、基本的には春が来るタイミングで、災いを払うためという意味がほとんどです。

スポンサードリンク

節分で恵方巻きを食べるようになった由来

まずは恵方巻きの由来から紹介します。節分が始まったのは大阪とされており、その由来はいくつもの説があります。

 

・江戸時代に大阪の商人の間で、商売繁盛と厄落としとして、始まった。

 

・豊臣秀吉の家臣が、巻きずしを食べて戦に行ったところ大勝利を収めたことから(その食べた日が偶然に節分だった)

 

・大阪の町の節分の行事の集まりで、巻きずしが出ていました。このとき切り分ける手間を省くために、丸かじりしたことから。

ws000263

江戸時代には恵方巻きの形が多少は出てきていたことが文献から分かっています。そして、大正時代になると、節分の時期に出来上がるお漬物(お新香)で巻きずしを作って、恵方に向かって食べる風習が出てきます。

 

そして、昭和の初期には、巻きずしを売るために節分に巻きずしを丸かじりすることで商売繁盛、縁起が良いと宣伝していきます。そして世界大戦が起こって、この習慣は廃れていきます。

 

そして戦後に、再び巻きずしを食べるという習慣が戻っていきます。それはすべて商売のための宣伝によるものでした。海苔を売るため、寿司を売るために商売人たちが宣伝しまくったのです。

 

これによってだんだんと大阪から全国へと普及していくようになりました。ただ、この段階ではまで「恵方巻き」と言わずに、丸かぶり寿司、節分の巻きずし、幸運巻きずしと呼ばれていました。

ws000264

恵方巻きという名称が広がったのは、1998年にセブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻き」という商品を発売したことからなんです。

 

セブンイレブンがこの商品を全国販売したが、恵方巻きという名前が定着した由来なんです。

 

1998年に発売されて、2002年には9割以上の人が恵方巻きという言葉を知っている状態になったのです。

 

節分の恵方巻きの正しい食べ方は

恵方巻きの食べ方は地域差があります。一番有名な正しい食べ方としては

 

・節分の日の夜に、その年の恵方(縁起の良い方角)に向かって食べる。

・食べる時には無言で、願い事を思い浮かべながら、丸かじりする。

 

これが基本的な食べ方です。食べる時には、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという地域もあります。また、丸かじりをするのでなく、切って食べるということも。

 

恵方巻きを食べるのは縁起をかついで、厄払いのために食べますが、1本丸かじりするというのはなかなか大変です。残してしまわないように、家族で1本を切って食べるというので十分です。

 

食べる時には恵方を向いて食べるようにしましょう。