師走って言葉がありますよね。これっていったいどういう意味があるのか知っていますか?

 

師走にはどんな意味があるのでしょうか。また、いつから始まったのか、どうやって始まったのか由来について紹介します。

スポンサードリンク

師走とは!!その意味と由来は?

師走の読み方は「しわす」です。12月を違う言い方をすると師走なんですが、どういう意味が込められているのでしょうか。

 

師走とはもともとは旧暦の12月に使われていたもので、現在の暦の12月ってわけではありません。師走の時期は正しくは12月の終わりから2月の初めくらいまでを指します。

 

この師走という言葉は古く、いくつか説があってよく分かっていないようです。

スポンサードリンク

1.お坊さんが走り回る

12月は1番お坊さんが忙しい時期と言われています。いろいろな場所で仏事がありました。それによって、お坊さんが西へ東へと走り回る時期という意味を込められたと言われています。

 

師走の師は僧侶(お坊さんのこと)という意味があり、お坊さんが走ることが由来になっています。

 

2.先生が走り回る

昔の先生は12月がかなり忙しかったようです。走り回るくらいのあっちこっちで行わなければならないことがあったようです。

 

師走の師の意味を先生として考えられた由来になります。ちなみに現在の先生も年末は忙しい時期になります。

 

3.お寺の人や神社の人が走り回る

師走の師という言葉には御師という言葉からきた由来です。この御師という人は神社やお寺の職員のことです。

 

12月には参拝客がいっぱいくるため、あまりにも忙しく走り回っていたという意味があります。

 

4.兵士が走り回る

師という言葉を兵士と考えているという説もあります。つまり兵士が12月には走り回るくらい忙しかったとか。

 

5.師匠が走り回る

普段は落ち着いてゆっくりしている師匠であっても、走らないとダメなくらい忙しい時期であったことが由来にもなっています。

 

1~5の由来は全て、とにかく忙しい時期なんだという意味から、作られたと考えられてものです。

ws000181

6.12月ってこと

これ以外にも由来はありますが、忙しいって意味がないよ!と言われているものです。これは平安時代の言葉が由来となっていると考えられいるものです。

 

「しはす」という言葉は奈良時代の書物である万葉集に載っています。ただ、このときには「十二月」と書いて「しはす」と呼んでいました。

 

この昔の「十二月 しはす」という言葉が、変化していき「師走」になっただけというものです。つまり、師走の意味はそのまま12月っていうことです。

 

7.終わりの時期

昔の言葉に「四極」というものがあります。これは「しはつ」と読み、季節が終わるという意味があります。

 

これが変化していき、「しはつ」⇒「しはす」⇒「しわす」となりました。そして当て字として師走ということばが付けられたのです。

 

どうでしたか?師走という言葉にはいろいろな意味や由来があったようです。現在では師走は忙しい時期という意味があると捉えられていることがほとんどです。