食事の後って眠くなりますよね。これってなぜなのか知っていますか?

 

眠気があまりにもひどいときには病気の可能性もあるのです。食後に眠くなる原因について紹介します。

スポンサードリンク

食後になぜ眠くなるのか

食後に眠くなるということは誰もが経験することです。仕事中や授業中など寝てはダメでもなかなか我慢するのは大変です。

 

食後に眠くなってしまうのは、人間として正常なことなので、仕方ない部分もあるのです。しかし、糖尿病の可能性もあるので注意しておきましょう。

 

脳への血流が減ってしまう

食後に眠くなる原因の1つは、消化が活発になるからです。食後すぐには、食べたものを消化するために、胃腸に血液が集中します。

 

これによって、脳への血液量が減ってしまうのです。脳への血液力が減ってしまうため、脳の活動量が減って、ぼーっとしてしまったり、眠くなってしまうのです。

 

この考え方は昔から言われていたことなのですが、食後にはそこまで脳への血流が低下していないということが分かってきました。つまり、これが原因のメインというわけではないようです。

スポンサードリンク

ホルモンによるもの

起きている時間には、脳の中ではいろいろなホルモンが活発に分泌されています。その中で、オレキシンというホルモンが分泌されていることが分かっています。

 

オレキシンは、脳を目覚めさせておくという効果を持っているホルモンと言われています。お腹いっぱいになったときには、このオレキシンの分泌量が低下するということが分かってきたのです。

 

つまり、脳を起こしておくホルモンが減ってしまうため、食後に眠くなってしまうのです。

低血糖によるもの

血糖値というのは知っていますか?血液中の糖であるグルコースの濃度のことです。これは一定の範囲に、身体が調整しているものです。

 

食後に低血糖になりすぎて眠くなってしまう原因にもなるのです。

 

食事をすると、食べ物から糖を吸収するので、血糖値が上昇します。これを抑えるために、すい臓からインシュリンが分泌されて、血糖値を下げていきます。

 

食事の内容や食べ方によってはあまりにも血糖値が急激に上昇することがあります。これを急いで抑えようとすると、インシュリンが多く分泌されるのです。

 

その結果として、血糖値を必要以上に下げてしまうのです。血糖値が低下しすぎると、脳の栄養が少ないという状態なので、活量量が減ってしまい、眠くなるのです。

 

血糖値を急上昇させてしまう原因は、炭水化物の食べ過ぎ、甘いものを食べ過ぎ、飲み物をジュースにしているなどがあります。これが続いて、インシュリンが分泌されすぎて、血糖値が乱高下するという状態は危険です。

 

インシュリンを分泌している、すい臓が疲れてしまって機能が低下してしまったりするため、糖尿病へと進行する可能性が高いのです。

ws000172

高血糖によるもの

低血糖でも眠くなるということは上で説明しましたが、逆に高血糖が続くことでも眠くなってしまうことがあります。

 

食事をして血糖値が上昇すると、正常であればインシュリンが分泌されて血糖値は正常値へと調整されます。しかし、糖尿病の人では、インシュリンが分泌されなかったり、されたとしても効果がなかったりするのです。

 

つまり、食後に血糖値が上昇してもなかなか元の数値へと戻っていかず、長い間、高血糖という状態が続くのです。

 

高血糖の状態は思っている以上に身体が疲れていきます。本来なら身体に吸収されるはずの、糖=エネルギーを尿中に出してしまっていて、エネルギー不足にもなっているのです。

 

糖尿病の人は朝がかなり弱かったり、食後の眠気が異常なほどになってしまうことがあるのです。

ws000173

自律神経によるもの

人間の身体は自律神経によって調節されています。活動的なときに優位となる交感神経、休んでいる時に優位となる副交感神経の2種類です。

 

午前中に活動しているときは、交感神経が優位な状態です。そして、食事をすると副交感神経へとスイッチして、リラックスモードになってしまうのです。

 

このため、副交感神経が優位な状態のままだと、食後に眠くなってしまうのです。

 

本来なら食後はリラックスして、食べたものを消化吸収するためにのんびりするのが動物として正しいのでしょう。ただ、人間ではそうはいきませんよね。

ws000174

食後に眠くなる対策を

食後に眠くなってしまったら、コーヒーを飲んだりしてもなかなか眠気は覚めませんよね。眠くなる対策としては、眠くなりにくくするというのが大事です。

 

消化への血流が増える対策としては、食べ過ぎないということが大事です。また、よく噛んで食べることも必要です。

 

食べ過ぎず、よく噛んで食べることで消化への負担を軽くしてあげるのです。これによって血液が胃腸へ流れすぎてしまうのを、少しでも和らげてあげましょう。

 

この食べ過ぎないとう対策は、オレキシンという覚醒ホルモンの低下の対策にもなります。オレキシンは満腹中枢を刺激されたら、分泌が低下します。

 

つまり食べ過ぎないように腹八分目にしておくと、オレキシンの分泌低下を抑えることができるのです。

ws000171

よく噛んで食べることで、ゆっくりと食事をすることができます。これによって、自律神経の切り替えがゆっくりになるという効果もあります。

 

急激に自律神経が切り替わるわけではないので、食後の眠気を抑えることができるのです。

 

また、ゆっくり食事をすると急激に血糖値が上昇するのを抑えてくれます。つまり、食後にインシュリンが分泌されすぎて低血糖になりにくくなるのです。

 

ほかにも食べる順番を、野菜⇒お肉類⇒炭水化物という順番にすると、血糖値が急激に上昇するのを防ぐことができます。もちろん食べ過ぎや、ジュースなどは飲まないようにする必要があります。

 

これを続けることで、糖尿病へと進行するのを防いでくれます。

ws000172

食後にあまりにも、異常なほどに眠いという状態が続いているのであれば、ちょっと疲れがたまっているだけと考えないようにしましょう。食後の異常な眠気は糖尿病の症状の一つです。

 

食後の眠気対策をしてみても、改善されないようなら、高血糖の糖尿病になっているかもしれません。出来るだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。