食品を買うときに、賞味期限や消費期限をチェックする人が多いですが、これらの意味を正しく理解出来ていますか?

 

これらは似たような言葉なのですが、意味が全く違います。この違いはなんなのでしょうか?また、どうやって設定しているのでしょうか。

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の違いは?

賞味期限と消費期限の意味は違っています。同じように考えておくと、危ないこともあるので注意しましょう。

 

賞味期限の意味は

『賞味=美味しさをよく味わって食べる』という意味があり、美味しく食べられるまでの期限が賞味期限

 

賞味期限は、美味しく食べられる期限なので、期限を数日過ぎてしまっていても、味が少々落ちることもありますが食べることが可能です。

 

比較的、日持ちする食品に設定されています。

 

消費期限の意味は

『消費=使ってなくす』という意味があり、使い切るまでの期限が消費期限

 

消費期限は使い切ることへの期限ですので、期限を過ぎたものは口にしてはいけません。日持ちがしない、腐りやすいものに設定されています。

 

この違いは意外と知らない人もいるので注意が必要です。きちんと知っておき、消費期限が過ぎたものは食べないようにしましょう。

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の注意

どちらも『未開封で指定された保存方法で保存した場合』という前提のもとに設定されています。

 

一度開封したり、保存方法を指定通りにしなかったりする場合は、期限内であっても、味が劣化していたり、傷んでしまったりしていることがあるので注意が必要となります。

 

賞味期限で未開封であれば、少し過ぎたくらいで捨てるのはもったいないですよね。

 

賞味期限と消費期限の設定方法は?

これらの期限の設定は、多くの場合菌検査と官能検査によって決められています。大手食品メーカーであれば、理化学検査という方法で期限を決めているところもあります。

 

農林水産省が決めている『加工食品品質表示基準』というものがあり、これ以外では設定してはダメなのです。

 

菌検査とは?

菌検査とは、カビやサルモネラ菌、大腸菌などの食中毒の原因となる菌類が時間の経過と共に、どのように増殖していくか推移を検査していきます。

 

これによって、食べることが可能な日数や時間を明確にすることが出来ます。

 

官能検査とは?

官能検査は、製造後の食品の風味の変化を、時間の経過ごとに見極めていく検査です。

 

これは人が食べて、味や匂いに変化が起こっていないかを検査するものです。

ws000238

理化学検査とは?

理化学検査は、より精密で、油分がどれくらい酸化してしまっているか、ビタミンCがどれくらい分解されて無くなっているかなどの、化学的な変化を計測することが出来るものです。

 

これによって一定以上の変化が起こった時を期限に設定しています。

ws000189

もうひとつ、設定する方法があります。上に書いたような菌検査や理化学検査には、検査を行うための人材や設備が必要となります。

 

こういった人材や設備の確保が難しい場合には、他社類似品参照という方法で期限を決めているところもあります。

 

他社で製造されている類似品の期限を参考にして、自社製品の期限を設定するのです。

 

賞味期限と消費期限の設定は、この検査を行ったうえで、製造業者が行っています。

ws000362

どの方法で決められているとしても、これらの期限は正確ですので、安心して食することが出来ますよ。

 

賞味期限は美味しく食べるための期限ですので、期限が過ぎても食べることが出来、消費期限は使い切るまでの期限で、過ぎたものは食べずに処分する期限であることを覚えておきましょう。

 

比較的保存の効くものは賞味期限で、保存の効かないものには消費期限が設定されている場合が多いですよ。