昭和の日はゴールデンウイークの1つの国民の祝日ですね。この昭和の日がどんな祝日なのか知らない人は多いかもしれません。

 

今回は昭和の日の意味・由来、そのうちなくなるかもしれない噂について紹介します。

スポンサードリンク

昭和の日の意味

昭和の日は作られてから年月が経っていない祝日です。昭和の日がいつからあるのかは2007年1月1日に新たに作られました。

 

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」

 

これが昭和の日の意味になっています。

 

・世界大戦、戦後の復興などいろいろなことがあった時代のことを忘れないように。

・これからの日本の将来のことを考えよう。

 

こういった意味が込められた祝日です。改めて昭和時代の日本に何が起こったのか調べてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

昭和の日の由来

昭和の日は比較的新しく作られた祝日なのですが、現在までに名前が変わってきた祝日なんです。

 

元々は昭和天皇の誕生日

昭和の日は毎年4月29日であり、昭和天皇の誕生日に当たります。

 

天皇の誕生日は祝日になる法律があるのです。昭和天皇が現役だったときには、4月29日は『天皇誕生日』という名前の祝日でした。

 

みどりの日に変更される

そして昭和天皇が1989年に亡くなられたあとに、4月29日は『みどりの日』という名前として祝日に残されたのです。

 

この名前の由来は昭和天皇は植物のことが好きで、詳しく、自然を愛したことから命名されました。

 

 最後に昭和の日へ

その後に2007年に『昭和の日』という名前に変更されました。いろいろな名前の案があり、長い間国会で議論された結果としてこの名前に決まったのです。

 

この時にみどりの日も残されて、5月4日に移動しました。

 

天皇誕生日⇒⇒みどりの日⇒⇒昭和の日。こういう名前が変わりながら現在の祝日として残されています。戦争があったり、復興があったりと昭和という言葉が入った祝日を作りたいという働きかけから作られました。

なぜ名前が変わるの?祝日の決め方は?

祝日を決めるための法律があるので、これよると天皇の誕生日は祝日にするということが決められています。

 

そして、天皇が亡くなったあとには、天皇の誕生日は祝日では無くなるという決まりもあります。そのため、名前を変えて祝日として残されたのが昭和の日の由来です。

 

ちなみに現在の平成天皇の誕生日は12月23日で、この日が『天皇誕生日』として祝日になっています。

 

また、明治天皇の誕生日は現在では『文化の日』の祝日として残っています。大正天皇の誕生日は祝日として残されていません。

 

祝日として残そうという働きかけがあったから、現在も残っています。

 

昭和の日がいつかなくなる可能性がある?

昭和の日がなくなるという噂はけっこう前からあるようです。

 

昭和の日という名前の祝日が作られたのと同じように、無くなる可能性もあります。名前がまた変更されることもあるかもしれません。

 

祝日を決める法律が出来てから現在まで、祝日が完全に無くなったことはありません。名前の変更や日付が変更されたことがあるだけです。

 

そして少しずつ祝日が追加されていっているので、昭和の日の名前が変わっても、無くなることはないでしょう。

 

祝日が増えていっているのは嬉しいことですが、その意味も覚えておくと良いですね。