昭和の日はゴールデンウイークにある国民の祝日ですね。

この昭和の日の名前が4回も変わってきたということを知らない人は多いかもしれません。

 

  • 昭和の日の由来と意味
  • 昭和の日がいつから始まったのか
  • 昭和の日がなくなる噂について
  • 明治の日がないのはなぜなのか
  • 大正の日がないのはなぜなのか

 今回の記事では、昭和の日がどんな祝日なのか詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

昭和の日とは

昭和の日は4月29日で、ゴールデンウィークを作る祝日のひとつで、昭和天皇の誕生日です。

昭和の日の意味

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」

 ということが、昭和の日の意味になっています。

  • 世界大戦、戦後の復興などいろいろなことがあった時代のことを忘れないように。
  • これからの日本の将来のことを考えよう。

こういった意味が込められた祝日です。

 

改めて昭和時代の日本に何が起こったのか調べてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

昭和の日はいつから始まった?その由来とは

昭和の日は作られてから年月が経っていない祝日です。

2007年1月1日に新たに作られ、現在までに何度か名前が変更された祝日です。

 

天長節⇒天皇誕生日⇒⇒みどりの日⇒⇒昭和の日

 

  • 1926~1948年・・・天長節
  • 1949~1988年・・・天皇誕生日
  • 1989~2006年・・・みどりの日
  • 2007年~~・・・・・・昭和の日

 昭和の日は4回目の名前になっています。

元々は昭和天皇の誕生日

 昭和の日は毎年4月29日ですが、これは元々は昭和天皇の誕生日に当たります。

 

第2次世界大戦の前には、この日が『天長節』という祝日でした。

戦後に天長節という名前から『天皇誕生日』へと変わったのです。

みどりの日に変更される

昭和天皇が亡くなると、法律によって祝日ではなくなってしまいます。

でも、すでにゴールデンウィークが根付いていました。

そのため、休みが1日減ってしまうと国民の生活に変化が起こってしまうということで祝日として残すことになったのです。

 

 そこで『みどりの日』という名前の祝日として残されたのです。

この名前の由来は昭和天皇は植物のことが好きで、詳しく、自然を愛したことから命名されました。

 昭和記念日、科学記念日という名前にする案も出ていました。

 最後に昭和の日へ

2007年に昭和という言葉を残したいという運動が起こったため、『昭和の日』という名前に変更されました。

いろいろな名前の案があり、長い間国会で議論された結果としてこの名前に決まったのです。

 

  • 2000年に改正法案⇒廃案に
  • 2002年に改正法案⇒廃案に
  • 2004年に改正法案⇒2005年にやっと成立⇒2007年に施行

昭和の日に否定的な意見もある

天長節⇒⇒天皇誕生日⇒⇒みどりの日⇒⇒昭和の日。

こういう名前が変わりながら現在の祝日として残されています。

 

戦争があったり、復興があったりした激動の昭和時代を忘れないようにと意味がこめられています。

ただ、戦争があった暗い時代のため、昭和の日という名前に否定的な意見も残っています。

みどりの日はどこいった?

みどりの日というのも5月4日に移動されて現在残っています。

それまでは、5月4日は『国民の休日』というゴールデンウィークを作るためだけの祝日でした。

 

たいして意味がないから、そこにみどりの日にしてしまえ!ということで移動されたような感じです。

明治の日がないのはなぜ?

明治の日というのは現在ありませんが、なぜなのでしょうか。

明治天皇の誕生日は11月3日です。

 

明治天皇が亡くなられたときには、『明治天皇が日本の成長の元を作ってきたことを後の世に残したい』という意見から『明治節』という祝日が作られました。

 

世界大戦が終わったときに、明治節は当時日本を占領していたGHQによって廃止されてしまいました。

(天皇と国民のつながりを減らしたかったからと言われています)

 

そこで、11月3日を『憲法記念日』しようという意見が出ましたが、これもGHQによって反対されています。

その後に天皇をイメージさせるような名前では無い『文化の日』に制定されたのです。

 

11月3日は祝日としては残っていますが、天皇を象徴として権力を無くそうとしていたGHQの考えから、明治天皇が思い浮かぶような名前にされなかったようです。

大正の日がないのはなぜ?

大正天皇の誕生日は8月31日ですが、この日は現在祝日になっていません。

これにはいくつか理由があります。

 

  • 大正天皇の誕生日を祝日として残そうという運動が無かった
  • 大正時代は15年間という短い期間だった
  • 後世に伝えたい偉業がなかった

といった理由で大正の日が残されなかったと言われています。

 

平成天皇は125代目なので、すべての誕生日が祝日だったらものすごいことになっていますね。

祝日として残そうという運動があって国会に改正案が出されてから、祝日として残るかどうか決まるのです。

平成天皇が退位されたときには、12月23日は祝日として残されるのでしょうか??

昭和の日がなくなる可能性がある?

昭和の日がなくなるという噂はけっこう前からあるようです。

昭和の日という名前の祝日が作られたのと同じように、無くなる可能性もありますが・・・。

 

現在では昭和の日を無くすということは議論されておらず、あくまで噂だけです。。

ただ、昭和の日という戦争を思い出すことがある名前に否定的な意見も多く残っているので、なくなる可能性はゼロではないかもしれません。

 

祝日が無くなるのは嫌だ!と思っているかもしれませんが安心してください!

祝日を決める法律(祝日法)が出来てから現在まで、祝日が完全に無くなったことはありません。

名前の変更や日付が変更されたことがあるだけです。

 

昭和の日を無くそうという運動が起こったとしても、『昭和の日』という名前が変わるだけで、祝日そのものが無くなることはないでしょう。

昭和時代は何があった?

激動の時代と言われる昭和にはどんな出来事があったのでしょうか。

 

 

  • 1926年(昭和元年)・・・・昭和に改元
  • 1929年(昭和4年)・・・・世界恐慌
  • 1931年(昭和6年)・・・・満州事変
  • 1939年(昭和14年)・・・第2次世界大戦
  • 1945年(昭和20年)・・・終戦
  • 1953年(昭和28年)・・・NHKの放送開始
  • 1958年(昭和33年)・・・東京タワー完成
  • 1970年(昭和45年)・・・大阪万博
  • 1972年(昭和47年)・・・札幌オリンピック
  • 1973年(昭和48年)・・・第一次オイルショック
  • 1978年(昭和53年)・・・第二次オイルショック
  • 1986年(昭和61年)・・・バブル景気に
  • 1989年(昭和64年)・・・平成に改元

 

戦争からの復興、復興からのすさまじい発展という、まさに激動の時代でした。

昭和の日のイベント

昭和の日のイベントはたくさんありすぎて紹介しきれません。

昭和天皇が好きだった、植物などの緑関係、科学関係の入園料が無料になったり。

日本全国の昭和町、昭和村でイベントが行われます。

昭和公園の入園無料

東京都立川市にある昭和記念公園の入園料が無料になります。

昭和記念公園は昭和天皇が50年在位したのを記念して作られた公園です。

 

植物がたくさん植えられており、盆栽展、セグウェイガイド、○○を作ってみようなどのイベントが開催されています。

4月29日の無料開放はゴールデンウィーク中なのでものすごい人になります。

昭和記念公園ホームページ

 

大分県の昭和の町イベント

大分県豊後高田市新町にある昭和の町ではイベントが開催されます。

ちゃぶ台返し選手権、大道芸、めんこ大会、竹で作った水鉄砲大会など盛り上がります。

豊後高田市ホームページ

大阪府の昭和町イベント

大阪府阿倍野昭和町でイベントが開催されます。

どんなことがあるのかは、ホームページで⇒どっぷり昭和町ホームページ

まとめ

昭和の日とは、どんな祝日なのか分かったでしょうか。

 

天長節⇒天皇誕生日⇒みどりの日⇒昭和の日

という名前が変わってきた祝日です。

昭和という戦争、復興、発展の激動を忘れないようにする意味がこめられています。

 

国民の祝日には歴史や意味があるので、他にも調べてみるとおもしろいですよ。