男の子のための端午の節句とはいったいなぜ行うようになったのか起源と由来は知っていますか?

 

なぜ柏餅とちまきを食べるようになったのでしょうか。また、鯉のぼりと菖蒲を飾る意味は何なのでしょうか。

スポンサードリンク

節句とは?

節句は昔の暦の中での節目のことです。日本独自の風習になっています。節句は1年に5回あります。

 

人日(じんじつ)・・・1月7日

七草粥を食べる風習があります。

上巳(じょうし)・・・3月3日

桃の節句としてひな祭りをします。

端午(たんご)・・・5月5日

端午の節句として鯉のぼり、兜を飾ったりします。

七夕(しちせき)・・・7月7日

七夕たなばた、としてササに願い事の短冊をつけます。

重陽(ちょうよう)・・・9月9日

菊の節句として菊を浮かべたお酒を飲みます。

 

端午の起源は?

端午はいくつか説がありますが、中国から来たと考えられています。

 

・人望を集めた政治家がいましたが、失脚してしまい身投げをしました。慕っていた民衆が魚が死体を食べないようにと「ちまき」を川に投げ入れた説

 

・5月5日を悪月、悪日と考えて夏の病気の予防に菖蒲を使った説(病気が流行って、死ぬ人が多かったため)

 

・他に残っている記録では、端午の日に薬草を摘んで、厄払いの人形を飾って、菖蒲を門に飾るということをしていたようです。

ws000364

端午という言葉になった理由は

午(うま)の月というのが旧暦で5月のことでした。

 

最初は午の月の1日を節句としてお祝いしていました。端ははしっこ、『始まり』という意味があるので、端午は午の月の始まり=5月1日だったのです。

 

それが次第に「午」が「ご」とも読めることで、5が重なる日へと変化していき、5月5日が端午の節句になりました。

ws000359

日本に端午の節句が伝わった由来は?

日本では、女性が田植えの前に厄払いとして身を清める儀式を行っていました。これが中国からきた端午と結びついたのが起源として考えられています。

 

もともと端午の節句は女性の節句だったのです。

 

鎌倉時代くらいから「菖蒲」の読み方が「尚武」ということ。(尚武は武道、武勇を重んじることです)

菖蒲の葉っぱが剣の形を連想させること。

 

ここから武士が活躍していた時代と重なり、端午の節句は男の子の節句へと変化していったのです。

 

これが日本での端午の節句の由来となっています。その後に江戸時代には法で行事と定められました。

ws000361

柏餅を食べる意味

この柏餅を食べる風習は日本で始まったものです。

 

柏は新芽が出るまで、古い葉っぱが落ちない植物なので長く存続するということから、「家が途絶えない」という意味があります。

ws000362

ちまきを食べる意味

ちまきを食べる意味は上にも書きましたが、中国の政治家からです。身投げした死体を魚に食べられないようにちまきを投げ入れたことから始まっています。

 

その後、5月5日には川にちまきを投げ入れて供養していました。

ws000364

菖蒲を飾る意味

菖蒲を飾る意味も上に書きましたが。尚武と同じ読み方なので、武勇を重んじるという意味があります。

 

また、葉っぱの形が剣の形に似ていることから武家には後継である男の子にピッタリということで、飾られるようになりました。

ws000363

菖蒲の葉っぱは細長く剣の形

 

鯉のぼりを飾る意味

鯉のぼりを飾る意味は「困難に打ち勝って、成長する」ということがあります。

 

中国の故事からきており、流れが急な川、滝をさかのぼって泳ぎきったのは鯉だけだったときうものがあります。

 

また、鯉は良い環境でなくても生き抜く力があるというのも縁起物として考えられたのです。

 

武家の家では男の子が生まれたときには、家紋(家の印)が入った旗や幟を掲げる風習がありました。これが民衆に広がり、家紋の代わりに縁起物の鯉が描かれた旗や幟を掲げたことが由来になっています。

ws000360