洗濯しても洗濯しても、タオルが臭いままということがあります。

 

いったいなぜタオルは臭くなってしまうのでしょうか。この臭いニオイの取り方はどうすればいいのでしょう。対策を紹介します。

スポンサードリンク

なぜタオルは臭くなる?

せっかく洗濯をしても、タオルが臭い!ということってよくありますよね。

 

『生乾きのニオイ』と呼ばれることが多い、この嫌なニオイの原因は主に雑菌です。濡れている状態が長いと、タオルに付着している雑菌がどんどん増殖してしまいます。

 

部屋干しをしているものは、乾きが遅く、乾燥した風に当たることがないため特に臭くなりやすいです。

ws000245

もう1つ雑菌が増えてしまう原因は、タオルに汚れが残っている場合です。タオルで体を拭いたりすると、皮脂などがつきます。

 

皮脂は雑菌の大好物なので、すぐに増殖してしまい臭くなるのです。

 

ニオイのするタオルを使って体を拭くと、更にあの嫌なニオイが強くなります。さらに雑菌が増殖しているためです。

 

臭いからと再び洗濯をしても、原因となっている雑菌や汚れを完全に除去できないと、何度でもニオイが復活してしまいます。

スポンサードリンク

タオルのニオイの取り方は?

臭いニオイの原因が雑菌であるということは、ニオイを取るためにはこの雑菌を退治しなければなりません。

 

今回はタオルのニオイの取り方を2つ紹介します。

 

漂白剤とお湯を使う

即効性があり、確実な取り方をするためには酸素系漂白剤とお湯が必要です。

 

漂白剤と聞くと衣類を漂白するものと思われがちですが、除菌、雑菌効果にも優れているものなのです。もちろん汚れも落としてくれます。

 

酸素系漂白剤は40度以上のお湯で使わなければ効果が減少してしまうので、出来るだけ熱いお湯を使って漂白剤を溶かしましょう。(液体タイプより粉タイプの方がよいです)

 

この中に臭くなったタオルを入れて1~2時間放置します。(漂白剤の量は表示を見てください)

 

その後で洗濯をすれば、ニオイの素の雑菌が除去出来ているのでニオイがしなくなります。

 

色物や生地を傷めたくない場合は、熱湯をかけるだけでも効果があります。鍋で煮るという方法もありますが、生地が傷んでしまうため最終手段として使うようにしましょう。

ws000244

レンジを使う

意外かもしれませんが、レンジでチンするという方法でも、生乾きのニオイを取ることが出来ます。

 

ただし、まずはタオルを濡らして軽く絞ります。その後に1分間レンジでチンしましょう。熱々になったら、その後に洗濯するだけです。

 

熱々にならなかったら、チンする秒数を増やしましょう。(タオルがカラカラになるくらい乾燥したら、駄目ですよ。)注意することは綿100%のものだけしか出来ません。

 

熱々にすれば、雑菌は死滅してしまいます。また皮脂も溶けて落ちやすくなるので洗濯しても、臭いニオイが復活しません。

ws000246

タオルが臭いニオイになる対策は?

ニオイがしたら取れば良いのですが、取り方に少々手間がかかります。なので、ニオイがしないような対策をしておくのが一番です。

 

洗濯機を除菌する

ニオイの原因は雑菌が増殖することです。いくら洗濯しても、洗濯機じたいが雑菌だらけだと意味がありません。

 

洗濯槽の掃除、除菌をして洗濯機についている雑菌をまずは無くす必要があります。洗濯槽クリーナーというものが、薬局などで売られているので使いましょう。こういうのです→ウルトラパワーズ 洗たく槽クリーナー

 

洗濯物を溜めない

衣類が溜まったときにまとめて洗濯をするという人も多いですが、洗濯機に入れっぱなしにしている間にも雑菌は繁殖してしまいます。

 

毎日洗えないときには濡れたものはかけておくなど、一緒にしないようにしましょう。

 

そこで、こまめに洗濯をするこ必要があります。また、洗濯物が多すぎると上手く洗えなくなるので、汚れが残ってニオイの元になります。

ws000225

洗濯機の蓋は開けておく

洗濯機を使わないときに蓋を閉めっぱなしだと、湿度がこもり雑菌の好きな多湿の環境が出来上がってしまいます。

 

洗濯機を使わないときは蓋を開けて、風通しの良い状態を保つようにしましょう。

 

洗濯かごも清潔に

洗濯かごにも雑菌が付着してしまう可能性があります。汚れの強いものとタオルは別にする、洗濯かごをこまめに拭くなどの心掛けも必要です。

ws000223

出来るだけ早く乾かす

干すときにもニオイをさせないための対策があります。出来るだけ外で天日干しにするのがオススメですが、部屋干しする場合は部屋の湿度に気をつけましょう。

 

衣類同士がくっついていると、乾きにくく雑菌も繁殖しやすくなります。

 

部屋干しであっても、できる限り洗濯物同士は離すように干して、風通しの良い状態にします。

 

エアコンや扇風機の風を当てるというのも早く乾かすためには、必要です。