大晦日には年越しそばを食べる人は多いですよね。これってどんな意味があるのか知っていますか?

 

いつからどんな由来で始まったものなんでしょうか。また、年越しそばを食べるタイミングはいつが正しいのでしょうか。

スポンサードリンク

年越しそばを食べる意味は?

まずは、いったいなぜ年越しそばを食べるのか、その意味について紹介していきます。

 

年越しそばとは、12月31日の大みそかに縁起を担いで、食べられている風物詩です。この年越しそばには、日本の地方によって色々な呼び方をされているものです。

 

晦日そば(みそかそば)、つごもりそば、運そば、年切りそば、寿命そばなどと呼ばれています。

 

年越しそばを食べる意味としては「1年間に起こった悪いことを断ち切る」ためです。そばはうどんなどの、他の麺類よりも切れやすい食べ物です。

 

この切れやすいということから、悪いことから縁を切るという意味を込められて食べられているのです。次の年を新たに迎えようという意味も含まれています。

スポンサードリンク

まだまだ、その他の意味も年越しそばは持っています。いくつも説がありますが、どれも縁起をかついで食べられているのです。

 

・そばは細長いことから「長く生きるという長寿」「末永く家族が続くように」ということを願って食べられる

 

・昔は金細工や銀細工を作る職人が、そばをこねて作ったそば団子を使って、飛び散った金粉、銀粉をくっつけて集めていました。このことから、「お金が集まりますように」という意味があります。

 

・そばの実を取るために、作られるそばは強い植物で、雨風に打たれてもすぐに元気になるものなんです。これから「健康でありますように」という意味があります。

 

・昔は脚気(かっけ)という病気が流行していました。これはビタミンB1が不足して起こる病気なのですが、そばにはビタミンB1が豊富です。そばを食べると脚気が治るとされ、そこから「身体の毒を取り除いてくれるという健康を願う」意味もあります。

ws000194

年越しそばの由来は

年越しそばがいつから始まったのかは、はっきりとしていませんが残された文書から、1814年(江戸時代)くらいにはすでに根付いていたようです。

 

もともと三十日そばという習慣が、商人たちの中でありました。これは毎月の末日にそばを食べるという習慣でした。1ヶ月の悪いことを断ち切って、来月につなげるという意味があったと言われています。

 

これが、毎月食べられていたものが、市民の間に伝わる間に12月31日だけに食べる、年越しそばへと変化していったと言われています。

 

また、上にも書きましたが当時、江戸時代には脚気(かっけ)が流行しており、そばを食べると脚気にならないと噂が流れたため、そばを食べるということが大流行したのです。

 

これによって、年越しする時にそばを食べるということが全国に定着していったのです。

ws000193

年越しそばを食べるタイミングはいつ?

それでは年越しそばはどのタイミングで食べるのが良いのでしょうか。

 

多くは、大晦日の間に食べる、つまり12月31日であれば、朝であろうと、昼でも夜でも食べて良いのです。その年に合った悪いことから縁を切るために食べているからです。

 

ただし、これは実は地方によって違ってきます。福島県の一部の地域では、12月31日ではなくて、1月1日に年越しそばを食べます。

 

新潟県の一部では1月14日にそばを食べるという風習もあります。

 

地方によって食べるタイミングは違っていますが、食べる意味としては同じなので、年越しそばを食べて新たな1年を迎えましょう。