年末になると年の瀬という言葉がよく使われています。でも、年の瀬の時期っていつからいつまでが正しいのでしょうか。

 

年の瀬という言葉にはどんな意味があるのでしょうか。使い方はどうすればいいのかまとめてみました。

スポンサードリンク

年の瀬とは!どんな意味?

年の瀬に似た言葉として年末、歳末、年の暮れがあります。

 

つまり、年の瀬とは1年の終わり頃を示す言葉なのです。また、それだけでなく年末の忙しい、慌ただしさ、年越しの大変さも意味として含まれています。

 

「瀬」という言葉には「河川の流れが速い場所」という意味があります。

 

「流れが速い」ということから「大変さ、慌ただしさ」をたとえて表現しているのです。

ws000108

昔は年末は1年の借金を返さなければダメな時期だったのです。1年間でもっとも多くのお金が必要なきつい時期であったのです。

 

これを乗り越えなければ新年を迎えることができないので、何としても乗り切らないと!という大変さがありました。

 

この大変さを「瀬」という言葉でたとえて、意味として含ませているとも言われています。

 

年の瀬の意味は1年の終わり頃の大変で忙しい時期のこと!

スポンサードリンク

年の瀬の時期はいつからいつまで

 

年の瀬って言葉が使われるのはいつからいつまでが正しいのでしょう。

 

年の瀬は年末、歳末と同じように使われる言葉で、いつからいつまでと言えば12月の後半に当たります。

 

12月15日くらいから31日を年の瀬と言うことが多いです。ただ、いつからいつまでが何日~何日とハッキリと決まっているわけではありません。

 

年の瀬の時期はあいまいで、12月に入れば年の使ってもおかしくないのです。ただ、12月のどの辺りで使われるかによって少し使い方を変えることがあるようです。

ws000106

年の瀬の使い方は?

「年の瀬が押し迫り」 「年の瀬が押し詰まり」

 

12月の15日を越えたあたりから使い方は、変わってくることがあります。もうすぐ年越しという慌ただしさを表現するようになります。

ws000109

「年の瀬に入り」 「年の瀬を迎えて」

 

12月に入ってすぐであれば、まだ年越しまで期間があるので、少しだけ柔らかい表現にしたりします。

 

年の瀬を手紙やメールなどで使うのであれば、冒頭の文章として使っていきます。

・年の瀬に入り、お忙しい日々をお過ごしのことと思います。

・年の瀬を迎えましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

・年の瀬が押し迫ってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

また、結びの前くらいの文章でも年の瀬という言葉を使ったりします。

・お身体に気をつけて良い年の瀬をお過ごしください。

・年の瀬を迎え何かとご多用の折、ご自愛くださり良いお年を迎えられますようお祈り申し上げます。