冬至と言えば、1年で1番昼間が短い日で、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入るってイメージが多いと思います。

 

冬至とはそもそもどんな日なのでしょうか?なぜかぼちゃを食べるのか?なぜゆず湯に入るのか?まとめてみました。

スポンサードリンク

冬至とは?

冬至は1年間を24つに分けた、二十四節気という暦の中で第22に当たります。

 

冬至は毎年同じ日ではありません。冬至は太陽黄経が270°の角度になった日に当たります。(太陽黄経は天文学で出てくるもので、地球と太陽との関係から出した角度のことです)

 

簡単に言えば、太陽が1年間で1番低くなる日です。12月21日か22日になることがほとんどです。

 

2016年・・・12月21日

2017年・・・12月22日

2018年・・・12月22日

2019年・・・12月22日

2020年・・・12月21日

スポンサードリンク

冬至とは1年で1番昼間が短く、夜が長い!ってことで、日が沈むのが1番早い!日が昇るのが1番遅い!という日だと思っている人が多いようです。

 

冬至が1年で1番昼間が短い日になることは正しいのですが、日が沈むのが1番早い日ではありません。また、日が昇るのが1番遅い日でもないのです。

 

日本の中でも地域によって違ってきますが、1年で最も早く日が沈むのは、12月に入ったばかりのころです。

 

また、1年で最も日が昇るのが早いのは、12月の終わりから1月に入ったばかりのころです。

 

このように日が昇るのと、日が沈むのにはズレがあるんですが、「この差が1番短くなる=昼間が1番短くなる日」が冬至になるのです。

ws000116

なぜ冬至にかぼちゃを食べる?

冬至と言えばかぼちゃを食べるというのは有名ですよね。冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かないなんて言われたりもします。これはかぼちゃを食べるようになった由来から来ているようです。

 

由来その1

冬至の時期には収穫できる野菜はほとんどありません。その中で保存ができるかぼちゃは、この時期でも食べることができる野菜の代表でした。

 

栄養が不足してくる時期に栄養価の高いかぼちゃを食べることで乗り切るように、食べられていたんです。

 

由来その2

冬至は太陽が1番低く、運気が最も低くなる日として考えられていました。そして最も運気が低いということは、これから運気が上昇し始める最初の日としても考えられていたのです。

 

この運気が上昇を始める日に「ん」がつく食べ物を食べることで、さらに運が上昇すると考えられていたのです。(かぼちゃ=南瓜=な

 

由来その3

かぼちゃは夏に収穫できる野菜です。太陽のパワーをいっぱいにもらって育てられた野菜と考えられていました。

 

パワーがもっとも低くなる冬至に、パワーを補うためにかぼちゃを食べていたとも言われています。(陰陽思想というもので、土用の丑の日にウナギを食べるのも陰陽思想。)

ws000115

なぜ冬至にゆず湯に入るの?

もう一つ冬至の代表と言えばゆず湯ではないでしょうか。お風呂に浮かべて入るゆず湯は気持ち良いものですよね。

 

由来その1

ゆず=融通(ゆうずう)が効く

冬至=湯治(お湯に入って身体を癒すこと)

 

融通がきく湯治、この語呂合わせから、冬至にはゆず湯に入るんだという遊びの由来があるようです。

 

由来その2

1年で太陽のパワーが最も低く運気が下がってしまう日でした。そして運気がこれから上昇していく大事な日でもありました。

 

運気を呼び込むためには身体に溜まった厄を落とすために、清める必要があったのです。(昔は今ほどお風呂に入れなかったので、お風呂は身を清める大事なときに使われたりしていました。)

 

さらにゆずには強い香りがあるので、これによって邪気を払うという意味が込められていたのです。

 

由来その3

ゆずは収穫できるようになるまで、かなりの年月がかかるものなんです。長年の苦労が実りますようにという願いも込められて、ゆず湯に入っていたようです。

ws000114