厄年とはどんなものなのか知っていますか?どんな意味があり、由来はどうなっているのでしょうか。

 

厄年には結婚、新築、出産はやってはいけないと言われていますが、これはどうすればよいのか。厄年について紹介していきます。

スポンサードリンク

厄年とは!

厄年の年齢が数えの歳で、女性は19歳・33歳・37歳、男性は25歳・42歳・61歳とされたのは、江戸時代になってからと言われています。

 

年齢が数えの歳とは、生まれた日から初めて迎える1月1日で1歳になると考えて数えた歳を言います。分かりにくいと思います。

 

1月1日を超えて、誕生日を迎えていなければ⇒⇒実年齢にプラス2歳

1月1日を超えて、誕生日を迎えていれば⇒⇒⇒⇒実年齢にプラス1歳

 

ちなみに神社やお寺によって厄年の年齢が違うということもあるので、厄年がいつなのか尋ねてみるよ良いでしょう。

スポンサードリンク

厄年の由来と意味

厄年は本来なら大事な役が回ってくる年齢のことを指してたのです。

 

男性なら42歳、女性なら33歳が大厄として1番大きな厄があります。昔であれば、男性は家の長としての役割を終えて、女性は子育てが終えて、寺社で行われていた神事の役を行えるようになった年という意味がありました。

 

つまり、神事の大事な『役』がある年⇒⇒『厄』年へと変化していったのです。神事を行う前の日には神社に泊まり込んで穢れを落とすための禊(みそぎ)をしていたのです。

これがいつしか厄年は厄払いをする年という変化をしていったのが由来です。厄年の由来については諸説あり、他にもよく言われているのが読み方の音からきたという説です。

 

19歳であれば、じゅうく→重苦

33歳であれば、三三→さんざん→散々

42歳であれば、しに→死

 

といった具合です。どれも不吉な言葉に似た音になるため、江戸の昔から「災厄が降りかかる年(歳)」とされてきました。

 

厄年の災厄は、何かやってはいけないことをしてしまったら降りかかるというものではなく、数えの歳で厄年の年齢に達すると、半強制的に、運命的に降りかかるとされています。

 

また、なんの根拠も無い経験的に基づいて作られたものだという説もあります。

 

昔であれば女性は19歳で出産して、33歳で子育てが終わる。男性は13歳で成人し、25歳で仕事の中心を担い、42歳で引退をするという節目に合わせて作られたというものです。

 

厄年なんて何も意味がないと考える人もいますが、体調の面で身体に変化が出やすい年齢なので気を付けるに越したことはないでしょう。

前厄と後厄とは?大厄って?

厄年は、その前後1歳を前厄、後厄という厄の範囲としています。前厄は本厄の次に気を付けるべきもので、少しずつ厄年へと近づいていきます後厄は少しずつ厄年から離れていくので上昇しつつあるときです。

 

また、女性で33歳、男性で42歳は大厄と呼ばれ、特に気をつけなければいけないとされています。女性は結婚や出産、男性は仕事で重要な役割を担うようになる年齢です。もっとも身体の変化が出る年齢なので注意しましょう!

 

女性は33歳と37歳が厄年なので前厄と後厄を入れてしまうと30代のほとんどが厄に襲われるという怖い年代になってしまいます。昔は女性の30代はホルモンバランスが乱れたりと、いろいろな病気や不調が多くなるためと言われています。

 

厄年でやってはいけないことは

そんな大事な時期に厄年の災厄から降りかからないようにするには、どのように対処したら良いのでしょうか。厄年の間ずっと布団の中で丸まって過ごすわけにはいきません。

 

大きなイベントである結婚式、引っ越しや家を建てるなどは避けたほうが良いのでしょうか。とは言っても、出産や入学・入社などは、必ずしも計画的に避けることはできません。厄年をどのように迎えればよいのでしょうか、

厄年には何もしない

とくに何もしないということも大事なことです。厄年ということを気にせずに、決めたことは変更せずに突き進むという意思を持ちます。

 

自分の意志で責任を持って生活するということで、何かをやってはいけないということをせずに強い生き方が出来るでしょう。

 

厄年には大きなことをしない

逆に厄年には結婚、起業、引っ越し、新築を避けるべきだという考え方もあります。前厄本厄後厄の3年間も避けてしまっていてはタイミングを逃すことも多くなります。

 

厄年だからやってはいけないということではなく、厄年だから念入りに考えてから行うという気持ちで臨むようにしましょう。

 

厄払いをする

そんなときに、まず思いつくのが神仏頼みです。神社やお寺に行って、厄除けグッズを買ったり、厄払いをしてもらい、安心を得るというのもよくある対処法でしょう。

 

厄除けグッズの代表格は、やはりお守りです。他にはパワーストーンやそれをあしらったネックレスやブレスレット、壁掛け、置物など様々なグッズがあり、安価なものから高価なものまで価格も様々です。

 

厄払いは、神社やお寺で他の祈祷と同様にしてもらえます。かかる料金は、神社やお寺、内容によって差がありますが、おおよそ3,000円~30,000円程度です。

 

厄払いをする時期については、神社やお寺によっては四十九日の法要前に祈祷をしてはいけない、などとしているところもあるので注意が必要です。

 

健康に気を付ける

近年は、厄年には体調を崩しやすくなると考える人の割合が4割近くになっているとのアンケート結果(年齢研究所による)もあります。実際に身体に変化が起こりやすい年齢に厄年があるからです。

 

厄年になったのをきっかけに、神社やお寺ではなく、健康のことを考え、病院の健康診断を受ける傾向もあるようです。

 

厄年に体調を崩すという明確な科学的根拠は示されていませんが、気にしていなかった健康診断を受診することは将来、病という災厄を払うことになるかもしれません。

 

新しいことにチャレンジする

運気が1番下がるとも言われているのが厄年です。1番その年が運気が下がりきっているなら、あとは上がるだけです。あえて新しいことを目標に立ててチャレンジするきっかけにするもの良いでしょう。

 

その年には上手くいかなかった場合でも、翌年の成功へのパワーを溜めることができます。

 

厄払いはどうすればよいのか

厄年と言えば厄払いをしようと考える人は少なくないでしょう。どのようにして厄払いをしていけばよいのでしょうか。

 

前厄と後厄は厄払いする?

本厄は厄払いをするとして前厄と後厄はするのかどうか迷う人は多いです。これはとくに決まりはありません。3年間毎年の厄払いをする人もいれば、本厄だけ厄払いをする人もいます。

 

現在では本厄だけの厄払いをするという人のほうが多くなっています。きっちりと厄払いをしておきたいと考えているなら、3年間厄払いをしておきましょう!

 

厄払いに行く時期は

厄払いに行く時期については神社やお寺によって異なります。多くは1月1日から2月3日ごろの立春までに行うようにすると言われています。(旧暦の考えの場合は立春から節分の日の間に行くとよい)

 

厄払いに行く時期が分からないときには、初詣のときに一緒に厄払いをしてもらっておきましょう。もしタイミングを逃してしまっても厄払いはいつでもしてもらえます。

 

厄年になったら、早めに厄払いをしておくと安心です。

 

厄払いの翌年はお礼参りを

厄払いをしてしまったら、それっきりというのは礼儀を欠いています。厄払いをして頂いた翌年には必ず感謝の気持ちを伝えるために寺社を訪れるようにしましょう。

 

前厄で厄払いをして頂いた場合は、翌年に前年のお礼(参拝)してから、本厄の厄払いをします。そして翌年はまたお礼参りをしましょう。

 

まとめ

厄年は意味なんてないということも考えの1つかもしれません。実際に根拠が無いというのもあるからです。ただし、自分に何か起こるかもしれないと見つめなおす良い機会にもなります。

 

とくに健康面では年齢とともに調子は変化していきます。1度健康診断に行くなど気を付けてみてはどうでしょうか。