厄年だから、良くないことが続くから。

厄払いをしよう!と思った時に、どうやって厄払いをするの?と疑問に思うことは多いです。

 

  • 厄払いをする時期
  • どんな服装で行けばいいのか
  • 前厄と後厄のときはするのか
  • 祈祷料(金額)はいくらなのか
  • 厄払いは1人で行く?
  • 厄払いの順序
  • 喪中と仏滅のときの厄払いは?

 などなど。今回の記事では厄払いについて、詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

厄年のときに厄払いをする時期

厄年に入るのは1月1日からです。

厄払いは厄年の1月1日から立春(2月4日ごろ)までの間に行くとよいとされてます。

 

神社やお寺への初詣のときに、あわせて厄年の厄払いをしてもらうと良いでしょう。

スポンサードリンク

厄年の年齢

厄年の年齢は数えの歳で考えます。

  • 女性は19歳・33歳・37歳
  • 男性は25歳・42歳・61歳

 

数え年がよく分からないという場合はこちらの記事へ↓↓

満年齢と数え年とは?その違いは?簡単に計算する方法

前厄と後厄も厄払いをする?

厄年は前後1年を前厄・後厄と言います。

  • 前厄⇒病気やケガに気をつける年
  • 厄年⇒病気やケガなどがあればしっかり療養する年
  • 後厄⇒病気やケガなどが再発しないように気をつける年

 

全部合わせると3年間あるけど・・・全部厄払いをするのか悩む人がいます。

これにも特に決まりはありません。

 

しっかりと厄払いしてもらいたい人は3年間を毎年厄払いしてもらいます。

現在では本厄の時だけに厄払いしてもらう人が多いです。

 

厄年、前厄、後厄が何歳のときか分からない場合は↓↓

厄年とは!その意味と由来は?やってはいけないことは??

厄払いの時期を逃してしまったら

お正月から立春までの間に厄払いが出来なかった場合にはどうすればよいのでしょうか。

 

  • 初詣はあまりに混んでいたので、つい厄払いをお願いしそびれてしまった。
  • 神社やお寺に行く時間がなかった。

そのような場合でも大丈夫です。

 

厄年に入るのは1月1日から。

厄払いについては、厄が降りかかる前に、少しでも早いうちに厄払いをするほうがよいです。

でも、特にこの時期でないと行けないと決まっているわけではありません。

 

厄払いは1年中いつでもお願いできます。

それでも厄年になったら、なるべく早く行くようにしましょう。

厄年以外でも厄払いはできる

病気、ケガ、事故など悪いことが起こったときに、まだ何かあったらどうしようと不安になることがあります。

 

こんなときには、いつでも厄払いは受けることができます。

とくに大きな神社やお寺では毎日厄払いをしています。

 

不安が強くなりすぎることで、不調など悪い事態を招く可能性が高くなります。

厄払いをすることで、心がスッキリとするのでお守りとしての役目を果たしてくれるでしょう。

 

これこそが厄払いの効果です。

厄年でもなくても不安に思うことがあれば、厄払いをすることで心に余裕を持つことができるでしょう。

厄払いの方法と順序

厄払いの方法については、とくに難しく考えることはありません。

まずは、用意しないといけないのがお金です。

厄払いの祈祷料(金額)

まず厄払いを受けに行く前に、お金は用意しておきます。

 

お気持ちでという場合は、5000~1万円くらいを納めるようにしましょう。

神社やお寺によっては金額が決まっているところもあります。

 

これを紅白の蝶結びの熨斗袋、もしくは無地の白封筒に入れます。

神社であれば『玉串料』もしくは『御初穂料』と書きます。

お寺であれば『御布施』と書いて、下にフルネームを書きます。

 

受付がある神社やお寺では、裸のお金をそのまま納めても受けることはできます。

ただし、マナーとしては良くないので、できれば熨斗袋、白封筒や事前に用意しておきましょう。

厄払いのときの服装

次に服装についてです。最近では、普段着で行く人は多いです。

ただし、神仏の前で失礼がないように派手ではない物にしてください。

短パンやジーパン、ジャージにサンダルでということは無いようにしましょう。

 

どうしようと迷うくらいなら、スーツに革靴がおすすめです。

色は黒、グレー、紺色など地味なものにします。

シャツは白色が良いでしょう。

ネクタイの色は派手な色ではないものを選びます。

 

女性もスーツ、ワンピース、もしくは襟がついた服装にします。

色も黒、グレー、紺色など派手にならないものを選びます。

また、靴下、ストッキングなどを着用するようにしましょう。

生足は失礼にあたるからです。

 

最後に1月2月の寒い時期に厄払いをすることが多いです。

きちんと寒さ対策はしていくようにしてください。かなり寒いです。

厄払いの順序

ここからは厄払いを受ける順序について見ていきましょう。

① 予約する

伊勢神宮など大きな神社では予約をしていないことが多いです。

直接受付までいかないといけません。

 

それ以外であれば、電話予約をしておくべきです。

とくに土日になると混みあうため、厄払いできなかったというのを避けるためです。

 

また、予約をすることで厄払いをする時間も知ることができます。

飛び入りでしようと思ったけど、始まるまで待つ時間が長すぎた・・・というのも避けることができます。

 

*神社やお寺に電話って大丈夫なの!?とためらう必要はありません。

こういった、電話は毎日のように受けているのできちんと説明してくれますよ。

 

*郵便やFAX、インターネットで受け付けている神社やお寺もあります。

② 受付

厄払いの当日は、まずは受付をしましょう。

祈祷の受付があるので、そちらでお金を納めます。

 

そこで名前や住所を書く場合もあります。

③ 厄払いをしていただく

時間になったら本殿(厄払いをする場所)に行きましょう。

そこで厄払いしていただきます。

 

厄払いにかかる時間は30分くらいとしているところが多いです。

始まる10分から20分前には集合するようにとなっている場所もあるので、時間に余裕を持って遅れないようにしましょう。

 

これだけ知っておけば、難しいことは何もありません。

緊張するようなことはないので、リラックス!

④ お礼参り

最後ですが、これも大事!

厄払いを受けた次の年には、きちんとお礼参りをすべきです。

 

無事に過ごすことができました。という感謝の気持ちを伝えるために参拝してください。

厄払いで気になること

厄払いで気になる疑問はまだまだあります。

 

  • 1人で行くのか
  • 喪中でも良いのか
  • 仏滅でも良いのか
  • 神社とお寺どっちに行けばよいのか
  • 厄年にやってはいけないことは

全部答えられますか??

厄払いは1人で行くものなの

これは厄払いは1人で行くべき!厄年じゃない人に厄がうつってしまう!など言われているからです。

これには実は全く、根拠が無く、だれと一緒に行って問題ありません。

 

神社などではいつ行っても厄払いをしている人は多くいます。

厄払いした時の厄がうつってしまったら、厄年ではない人が参拝したら移りまくってしまうことになりますね。

喪中は厄払いしないほうがよい?

喪中は亡くなってから1年間はお祝い事や派手な生活を慎むべきとされています。

でも喪中のときには参拝しないほうが良いというのは嘘です。

 

正しくは参拝しては行けないとされているのは、神社であれば忌(いみ)の期間

神社の忌は亡くなってから50日間(父母妻子)、30日間(祖父祖母孫兄弟姉妹)となっています。

 

お寺であれば、四十九日の期間は参拝してはいけません。

お寺の四十九日は亡くなられてから49日間ですね。

 

この期間は穢れがあるので、参拝すべきでないと言われています。

ただし、神社やお寺によっては大丈夫というところもあるので、予約のときに尋ねてみましょう。

仏滅は厄払いしないほうがよい?

これも気にする方がいるようです。

仏滅は六曜の考えで、先勝、大安、先負、仏滅、友引、赤口の6つです。

 

この六曜と神道、仏教って関係ないので、仏滅でも厄払いして大丈夫です。

先勝、大安、先負、仏滅、友引、赤口を普段から気にしている人なら気にしてもいいよってくらいです。

神社とお寺どっちに行くべき?

厄払いの場合、神社・お寺どっちでも良いが正解

どちらの場合も厄払い、厄除けはしてもらえます。

 

いつも初詣をしたり、参拝することがある縁のある神社、お寺を選べば良いでしょう。

厄年にやってはいけないことは

厄年だから・・・結婚、引っ越しなど新しいことをするのはダメ。

そんなことを聞いたことがあるかもしれません。

 

とくに厄年だからやってはいけないということはありません。

厄年の過ごし方について知っておきましょう↓↓

厄年とは!その意味と由来は?やってはいけないことは?

厄払いの行事はたくさんある

厄払いをするのは厄年のときだけではありません。

実は、私たちの生活の中で、年中行事として既に厄払いをしていることが多いです。

 

  • お正月の初詣
  • 節分の豆まき
  • ひな祭り
  • 端午の節句

などなど。

日本ではいろいろな時期に厄払いの行事があるのです。

 

とくに昔の暦では季節の変わり目に厄(悪い物)が入り込むと信じられていたので、年や季節の変わり目で厄払いを行う風習が残っています。

まとめ

どのように厄払いをすればよいのか分かったでしょうか。

厄払いをする時期は、厄年に入ってなるべく早くが正解

 

ただし、厄払いはしないとダメ!と厳格に決められているわけではありません。

厄払いする人もいればしない人もいるくらいです。

 

しなかったからと言って悪いことが起こるとも限りません。

厄払いをしないとダメな気がすると不安に思うくらいなら受けるべきです。

が起こるかもと気にしてしまいがちですが、厄を落として良い1年にしていきましょう!