「今日は厄日だ。」「厄年になったから気をつけなきゃ。」と、よく聞く「厄」いう言葉。

 

厄、という言葉を辞書でひくと、わざわい(災い、禍)、くるしみ(苦しみ)、といった解説が書かれていますが、そこにはふりかかる、といったニュアンスも感じとれます。

 

いつふりかかるか予測がつかない厄なら仕方ありませんが、ふりかかりそうな時期がわかるのであれば予め厄払いをしておきたいものです。

 

今回の記事では厄払いをいつすれば良いのかの時期、祈祷料はいくらなのか?など、どのように厄払いをしたらよいのかを紹介します。

スポンサードリンク

厄払いは年中ある

厄払いと言えば、厄年のときに行うものを思い浮かべるかもしれません。実は、私たちの生活の中で、年中行事として既に厄払いはされているのです。

 

  • お正月の初詣
  • 節分の豆まき
  • ひな祭り
  • 端午の節句

 

などがあり、日本ではいろいろな時期に厄払いの行事があるのです。とくに昔の暦では季節の変わり目に厄(悪い物)が入り込むと信じられていたので、年や季節の変わり目で厄払いを行う風習が残っています。

 

この行事では特に神社やお寺に行って厄払いをしてもらうという人は少なく、厄払いと知らずに行事を迎えている人の方が多いですね。

 

こういった行事は厄払いの意味があるので、そういう気持ちで迎えると良いと思います。

スポンサードリンク

厄年の厄払いはいつする?前厄と後厄はどうする?

厄年の厄払いはどうでしょうか。一般的に、厄年の年齢は数えの歳です。

 

女性は19歳・33歳・37歳

男性は25歳・42歳・61歳

 

この前後1歳を前厄、後厄として厄の範囲としています。年齢が数えの歳とは、生まれた日から初めて迎える1月1日で1歳として数えた歳を言います。

 

前厄と後厄はどうする?

前厄、本厄、後厄と3年間もあるけど、どのタイミングで厄払いをするのか?毎年するのか?厄年だけなのか?と疑問に思う人は少なくないようです。

 

これは特に決まりはありません。しっかりと厄払いしてもらいたい人は3年間を毎年厄払いしてもらいます。現在では本厄の時だけに厄払いしてもらう人が多いです。

 

ここで注意して欲しいことは厄払いをしてお終いではありません。厄払いをして頂いたのに、感謝を伝えることが無いのは失礼でしょう。

 

厄払いをして頂いた翌年には、必ずお礼参りを行って、無事に過ごせたことの感謝を伝えに参拝するようにしてください。

 

厄払いをする時期は?

厄払いの習わしの多くは、1月1日から立春(2月4日ごろ)までの間に行くとよいとされてます。(旧暦の正月である立春から節分の日までというところもあります)

 

厄払いをいつしてもらうかというタイミングにもいくつか考え方があります。これは神社やお寺の宗派などで変わっているので、気になる人は尋ねてみると良いでしょう。

 

新正月、旧正月などそこまで気にしないというのであれば、厄年になったときに神社やお寺に初詣に行ったときに併せて厄年の厄払いをしてもらうと良いでしょう。

 

厄払いのタイミングを逃してしまったら

それでは、お正月から立春までの間に厄払いが出来なかった場合にはどうすればよいのでしょうか。

 

初詣はあまりに混んでいたので、つい厄払いをお願いしそびれてしまった。神社やお寺に行く時間がなかった。そのような場合でも大丈夫です。

 

厄年の厄払いについては、厄が降りかかる歳になるかならないうちに厄払いをするに越したことはありませんが、特にこの時期でないと行けないと決まっているわけではありません。

 

厄払いは1年中いつでもお願いできます。厄年になったら、なるべく早く行くようにしましょう。

 

厄年とは

そもそも厄年って何なのかしっていますか?昔から日本では色々な神事(神様に感謝をしたりする行事)が多く行われてきました。

 

この時に、神事を行う『役』を持っている人が前の日に神社にこもり、自分に溜まった悪いものを落とす『禊(みそぎ)』を行っていたのです。

 

ここから、神事を行う『役』という言葉から『厄』へと変化したと言われているのです。

 

つまり、厄払いとは外からやってくる悪い物という意味ではなく、身体に溜まった穢れを落とすという意味をもっていたのです。

 

厄払いの祈祷料(金額)は?

厄払いは、一般の祈祷の一つとして申し込みます。郵便やFAX、インターネットで受け付けている神社やお寺もあります。

 

直接行ってお願いするのであれば、境内のおみくじやお守りなどを販売しているところなどに、祈祷(または護摩)の受付がありますので、そこで厄払いを申し込みます。

 

厄払いにかかる費用は、神社やお寺、内容によって差がありますが、おおよそ3,000円~30,000円程度のお金がかかります。分からないのであれば、事前に電話で尋ねておくと良いです。

 

紅白の蝶結びの熨斗袋、もしくは無地の白封筒にお金は入れることになります。

 

神社であれば『玉串料』もしくは『御初穂料』と書き、お寺であれば『御布施』と書いて、下にフルネームを書きます。

 

 

厄払いにかかる時間は30分くらいとしているところが多いですが、始まる10分から20分前には集合するようにとなっている場所もあるので、時間に余裕を持った方がよいでしょう。

 

厄払いのときの服装は?

厄払いのときの服装ですが、無難なのは、上下のスーツ・革靴といったいわゆるフォーマルな正装とされています。色は黒、グレー、紺色など地味なものにします。

 

シャツは白色が良いでしょう。ネクタイの色は派手な色ではないものを選びます。

 

女性もスーツ、ワンピース、襟がついた服装で、色も黒、グレー、紺色など派手にならないものを選びます。また、女性であればストッキングなどを着用ます。生足は失礼にあたるからです。

 

神前・仏前で祈祷いただくのに、短パンやジーパン、ジャージにサンダルでということは無いようにしましょう。

 

普段着で行くという人も少なくありませんが、神仏の前で失礼がないように派手ではない物にしてください。

 

厄払いは1人で行くものなの

これは厄払いは1人で行くべき!厄年じゃない人に厄がうつってしまう!など言われているからです。これには実は全く、根拠が無く、一緒に行って問題ありません。

 

神社などではいつ行っても厄払いをしている人は多くいます。

 

厄払いした時の厄がうつってしまったら、厄年ではない人が参拝したら移りまくってしまうことになりますね。

 

とにかく気にすることはありません。どの神社に尋ねても問題ないという答えが返ってきます。

 

喪中は厄払いしないほうがよい?

神社やお寺によるかもしれませんが、喪中のときには参拝しないほうが良いというのは嘘です。喪中は亡くなってから1年間はお祝い事や派手な生活を慎むべきとされています。

 

実際は参拝しては行けないとされているのは、神社であれば忌(いみ)の期間でお寺は四十九日の期間です。

 

神社の忌は亡くなってから50日間(父母妻子)、30日間(祖父祖母孫兄弟姉妹)となっています。お寺の四十九日は49日間ですね。

 

この期間は穢れがあるので、参拝すべきでないと言われているのです。ただし、神社やお寺によっては大丈夫というところもあるので、気になるときには尋ねるようにしてください。

 

仏滅は厄払いしないほうがよい?

これも気にする方がいるようです。仏滅は六曜の考えで、先勝、大安、先負、仏滅、友引、赤口の6つです。

 

縁起をかついで大安の日に厄払いをするという人は結構多いみたいですが、気にする必要はありません。先勝、大安、先負、仏滅、友引、赤口を普段から気にしている人なら気にしましょうくらいです。

 

実際に六曜と神道、仏教って関係ないと言われています。

 

まとめ

厄払いはこうしないとダメ!と厳格に決められているわけではありません。厄払いする人もいればしない人もいるくらいです。

 

しなかったからと言って悪いことが起こるとも限りません。厄払いをしないとダメな気がすると考えてしまうくらいならして1年間を身を引き締めて頑張ってはどうでしょうか?

 

厄払いをするなら厄年の早い時期に行っておくと良いです。厄年なんて考えたら嫌なことが起こるかもと気にしてしまいがちですが、厄を落として良い1年にしていきましょう!