昼間はなんともないのに、夜になったり、寝るときになると咳が出て寝れないなんてことがあります。

 

この寝るときになって出てくる咳の原因はなんなのでしょうか。また、止める対策について紹介していきます。

スポンサードリンク

夜に咳がひどくなる!寝るときに咳が出る原因

昼間には咳なんて出なくても、夜になるなってから出始めたり、ひどくなったりすることは少なくありません。

 

また、寝ようと布団に入ると咳が出始めて寝れなくなるなんてことも。

 

自律神経が原因

夜になって、リラックスしているときには自律神経の副交感神経が優位になります。(逆に活動的なときには交感神経が優位になります)

 

副交感神経が優位になると、気管支が細くなります。また、筋肉が緩むため、気道も狭くなりがちになるのです。

 

空気の通り道が狭くなるので、呼吸をしただけで咳が出てしまうのが原因です。寝るときになるとさらに副交感神経が強く働くので、咳が止まらないということも起こります。

スポンサードリンク

アレルギーが原因

寝るときになって布団に入ると咳が出始めるというのは、アレルギーが原因の可能性もあります。布団にはダニが大量に住みついており、ダニの死骸はアレルゲンです。

 

また、ホコリも多く、これもアレルギー症状が出る原因にもなっています。

 

布団だけが原因ではなく、寝るときにエアコンをつけて、フィルターにカビが繁殖しているのも咳が出ます。

 

布団に掃除機をかけたり、外干ししたり、乾燥機にかけてりとこまめに清潔にしてみましょう。エアコンを使うときには綺麗に掃除してから使いましょう。

ws000227

仰向けで寝るのが原因

寝るときに咳が出るというのは寝方が原因の可能性もあります。仰向けに寝ることで、舌の位置が下がって、空気の通り道が狭くなりやすいのです。

 

また、鼻水などが仰向けに寝ると喉へと流れやすくなることも咳が出る原因に。

 

乾燥が原因

乾燥も咳の大きな原因の1つです。夜になって出始めるのは、暖房器具やクーラーなどによって部屋が乾燥してしまうからです。

 

お風呂から出てしばらくすると咳が出ることが多いです。これはお風呂上がりには喉は湿度て潤っていますが、しばらくすると乾燥し始めるため、咳が出ます。

ws000230

ツライ咳を止める対策!

咳は続くと体力を消耗して疲れてしまいます。寝れなくなると身体を休めることも出来ません。少しでも咳を止めるためにはどんな対策をしていけば良いのでしょうか。

 

マスクをする

マスクは咳止め対策として有効です。マスクをしていると呼吸をしても喉が乾燥しないためです。寝るときにもマスクをしたまま寝ると、咳が出なくなることも。

 

ホコリやダニの死骸を吸い込まなくなるのでアレルギー対策としても有効です。

 

横向きに寝る

仰向けに寝ると咳が出る原因にもなるので、横向きに寝るようにします。横向きで快適に寝るためには、枕の高さを横向きで寝るように替えても良いでしょう。

 

身体を起こして寝る

この対策も咳が出やすい体制で寝ないようにするものです。

 

枕やクッションなどを入れて、身体を少しだけ起こすようにして寝ると、空気の通り道が狭くなりにくく、鼻水も喉へと流れ込まないので咳対策になります。

ws000231

咳を我慢する

咳が出そうになっても咳が出ないように我慢するという対策があります。咳をすればするほどに、喉が乾燥してしまい、炎症が起こるために咳がひどくなります。

 

大変ですが、咳をグッと我慢して咳がひどくならないようにしましょう。

 

喉を温める、背中を温める

咳が出るときには暖かい飲み物が良いです。暖かい飲み物は喉を温めて、加湿して咳を和らげる効果があります。

 

冷たい飲み物は気道が収縮するので咳がひどくなるので控えましょう。

 

また、ネックウォーマーやカイロを使って喉周り、背中を温めることも咳対策になります。温めることで、気道や気管支が広がるからです。

ws000229

炎症を抑えるもの

喉の炎症を抑えるものを食べたり、飲んだりすることで咳を止めるようにします。

 

ハチミツをスプーン1杯飲んだり、ショウガ湯を飲んだりします。また、大根をすりおろしたときにでる汁は咳止めとして効きます。

 

ただし、加熱しては効果がなくなるので、そのまま飲みましょう。

 

加湿する

湿度が低いと喉が乾燥してしまうので、咳が出る原因になります。加湿器を使って適切な湿度を保ちます。咳がよく出るなら60%くらいは欲しいです。

 

ここで注意することがあります。加湿器が綺麗かどうかです。加湿器の水が古くなっていたりすると細菌が繁殖します。

 

この状態で加湿器をつけてしまうと細菌を部屋中に行き渡らせるということになり、咳の原因にもなります。

 

加湿器のタンクは長くても2日以内にはすべて取り替えれるようにしましょう。新しく出してきて稼働するときには、掃除してから使い始めましょう。

ws000230

薬を使う

寝る前に咳止めを飲むことで、寝ることができるようになります。それだけでなく、咳が出て乾燥と炎症がひどくなるのを防ぐこともできます。

 

飲み薬が嫌なときにはヴェポラップというものがおすすめです。足の裏に塗っておくと、成分が少しずつ出てきて、吸い込むと炎症が抑えられるので咳を止めることになります。

 

ヴェポラップはこういうものです⇒⇒〔大正製薬〕ヴィックス ヴェポラッブ